前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分には存在価値がないと思う時の解決策

 

今日は穏やかで暖かな青空が広がる一日でした。

 

先日からうちに仲間入りした植物たちが

日を浴びてうれしそうに輝いていて、

 

植物にとっては室内のこの環境は不自然なのだろうなぁと思いながらも、

マンションの一室でこうして一緒にいてくれることが

うれしく、ありがたく、

 

いてくれるだけで幸せをもらっていることにまた感謝です。

 

植物が部屋にいるだけで、無機質な部屋に

生き生きとした生き物の生のエネルギーを感じ、

安らぎ華やぎ賑やかになります。

 

賑やかなのにうるさくないのは植物らしいですね。

 

そういえば、昨日行ったお気に入りの花屋さんは

花をとてもかわいがっているようで、

花たちもエネルギーが溢れていて

なんとも素敵な波動で満ちていました。

 

たまに花を売り物として淡々と扱っているお店もありますが、

そういうお店はなんだか花もエネルギーがあまり感じられず、

 

ついつい目が合った花に「うちに来る?」と聞いて

買ってきます。

 

花たちは人を喜ばせるのが大好きですから、

最後はそのお店で枯れずに、誰かの元で喜ばれて

幸せであって欲しいなと思います。

 

そうしてうちに来てくれた花や植物たちと向き合っている時、

私の心が開いているのを感じます。

 

植物たちの見返りを求めない優しさや愛を自然と感じるのでしょう。

 

 

人間は動き回れ、飛行機だってパソコンだって作れ、

地球を支配していますが、

 

だから偉いというわけでもないなと思います。

 

時に自然のものたちは、

まるで人間が生きるために必要なアイテムのように見られ、

人間の役に立たないものは価値がないと思われたりしますが、

 

人間の役に立つ立たないに関係なく、

 

動かない植物から学ぶことも多いですし、

石には石の、草には草の存在価値があり、

もっと仲間として共に尊敬しながら生きることを

学んでいきたいなと思います。

 

 

これは普段の生活でも同じことで、

現代社会の価値観(お金)では計れないことの価値に

気づかない人もいます。

 

また、しっかりと確かに価値はあるのに

認めてもらえないこともあります。

 

例えば、専業主婦は

「誰のおかげでご飯が食べられていると…」と言われたり、

子供がいないと将来誰の税金で…と言われたり、

 

会社でも目立つ成績を残す人は価値があると認められ、

目立たない仕事をどんなに気を配ってやっても

代わりはいくらでもいると言われたり。

 

そうして言外に「おまえなんて」と言われていると

自分には存在価値がないと思い込んでしまったり、

 

他と比較し、表向きに分かりにくいと、

その価値に気づけなかったりします。

 

f:id:yuko-k-ami:20191227175827j:image

 

でも存在価値のない人はなく、

そこに存在しているなら必ず価値があります。

 

それは仕事をしていない人も、

だれかのお世話にならないと生きていけない人も、

社会から離れて生きる人もです。

 

価値がないと言う人は、花の存在価値が分からないように、

ただ見えていない、気づいていないだけでしょう。

 

 

価値に気づけないのは、心を閉じていて、

狭い世界の価値観に囚われ、思い込みに支配され、

相手や自分への敬意や感謝を見失っているからかもしれません。

 

 

ちょっと話がそれますが、

愛が心に広がる時、自然と感謝が生まれますが、

 

何となく、その時に感じる愛より、

それによって生まれる感謝のほうが大きいように思います。

 

愛が1生まれたら、感謝は2生まれるような感じです。

(数字は適当ですが。)

 

花を見てかわいいなと癒される時、

愛おしさの先に、ここにいてくれることへの感謝が

どんどん溢れてきます。

 

愛は愛で終わらず、素晴らしいものを生み出すようです。

 

 

そんな愛から生まれるたくさんの素晴らしいものを

いっぱい味わっていると、

自分の存在価値にも気づきやすいように思います。

 

自分の存在価値は人からの評価や都合によるものではないのです。

 

そうして心を開き、愛し、感謝が生まれ、

自分を含めた存在するすべてのものや人、状況の価値に

自らが気づき、

感謝し、喜んで生きる人になっていきたいですね。

 

その一歩が、自分には価値があるとまずは自分が知り、

自分を愛し感謝することです。

 

 

どう価値があるのかがもし今わからなくても、

大丈夫です。

 

でもやはり存在価値を感じたいなら、

そんな時の方法として、

 

今日、目が合った人みんなに笑顔で挨拶しましょう。

 

きっとその多くの人は、

ちょっぴり笑顔になるでしょう。

 

そうして誰かに小さな幸せを送ることで、

自分は人を幸せにできることを実感し、

そんな自分には価値があると信じられるようになるでしょう。

 

人を笑顔にしたり幸せにするのは

そんな小さなことでもできるのです。

 

それを毎日繰り返してみてくださいね。

 

きっとコンビニの店員さんや、いつもの駅員さん、目が合った人などが、

あなたの笑顔を心の中で喜んでくれたり、

その人も笑顔になったりするでしょう。

 

 

そうしていつも笑顔を贈って生きていると、

あなたの身近な誰かがあなたの価値に気づき、

喜んでくれるようになりますよ。

 

人はそのままでも価値がありますが、

感じたいという方はぜひやってみてくださいね。

 

笑顔や優しい言葉、あたたかな目などの

小さな、でも素敵な贈り物を楽しみ、

 

人に喜ばれながら自分の価値を見つけていけますように。