前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

忙しいを軽やかに乗り切るコツ

今日は冬晴れの気持ちのいい一日でした。

 

先日から主人がインフルエンザで寝込んでいましたが、

おかげさまでようやく落ち着いてきて

ホッとしているところです。

 

今年はまだ大掃除も手をつけられていませんが、

早くおもいきり掃除したいなとワクワクしています。

 


そんな何かとやることが多い年末ですが、

忙しい時ほど、仕事や用事の少しの間に

3分でもリラックスの時間を取るようにしています。

 

元々私は器用なタイプではないので、

忙しい時にテンパってしまわないように。

 

床に寝転んだり、ソファにもたれるなどして体をあずけ、

両腕を大の字に広げて上を向いて目を閉じ、

そのまま深くゆっくり呼吸をしていると、

 

普段縮こまっている体の真ん中が広がり、

呼吸が楽になり、とても気持ちがいいです。

 

胸のチャクラが気持ちよく回転し活性化しているのが分かり、

さっきまでいかに上手く使えていなかったかを感じます。

 

 

チャクラというのは、

ご存知の方も多いと思いますので簡単に言いますと、

体にあるエネルギーの出入り口のことで、

7つあると言われていますが、

 

上手く使えていると振動数は上がり、

エネルギーをうまく取り込むことができます。

 

胸の真ん中にあるチャクラは7つのうちの4つ目で、

ちょうど体の下からでも上からでも4番目の

真ん中のチャクラであり、

大切なポイントとなるところです。

 

このチャクラは胸の真ん中にあるのでハートチャクラと呼ばれ、

精神的には、愛や信頼、希望、許しなどに関わり、

心のバランスを取るところです。

 

 

忙しかったり、疲れていたりすると、

私たちは周りを見たり聞いたりして感じる余裕がなくなり、

自分のことややるべきことでいっぱいになります。

 

例えば、仕事が山積みで息をつくヒマもないほど忙しい時に、

愛なんてなかなか感じられませんし、

 

寝不足続きで体が重く疲れ、頭がぼんやりする時も、

愛とか希望とかより、眠りたい、休みたいが先になります。

 

ずっとそんな状態が続くと、愛や希望などに心が反応しにくくなったり、

喜びや幸せを感じにくくなったりします。

 

こんな時はハートチャクラが閉じていたり、

うまく使えていない状態であることも多く、「

振動数も下がっています。

 

チャクラのお話をし出すとそれだけでとても長くなってしまうので

ここではあまり深く書きませんが、

 

忙しかったり疲れたりした時ほど、

心を開いて自分や周りを感じることに意識を向けると、

精神面も肉体面でもバランスを取り戻せます。

 

f:id:yuko-k-ami:20191225171422j:image

 

チャクラのお話をすると、よく

「そうか!チャクラの振動数を上げるといいのか!」となり、

チャクラの振動数を上げるには?と考えますが、

 

もちろんそれもいいのですが、

テクニックやチャクラにいいものをと考えるだけではなく、

 

まずは心の状態の不自然さに気づき、

自然な状態に戻してあげるだけで充分効果があります。

 


自然な状態に戻すには、

「チャクラをどうしよう?」と考えるのではなく、

今の場合でしたら、心に目を向け、

 

愛を感じられないほど忙しくて疲れているなら、

逆に、

忙しくて疲れているから愛を感じにくくなっているな、と考え、

 

3分でも5分でも、体をゆるめ、心を開くことに意識を向け、

ただゆっくり呼吸し、その気持ち良さを感じ、

 

ああ、私の体はがんばってくれているな、ありがたいな、

心は今、私のどこにあるかしら?と自分の体に意識を向け、

 

それを感じているだけで、

自然と振動数は上がってきます。

 

そうすると、それまであんなに焦っていたり疲れていたのが

スッと楽になり、

 

すべて上手くいくさ、なんとかなるさ、

疲れたのだからちょっと仮眠を取ろう、

体が欲しがるものを食べて元気になろう、と思えるようになり、

 

そうしてまた仕事に戻ると、

さっきまでよりずっと気楽に冷静に仕事をこなせ、

 

結局慌てなくても大丈夫だったなと

終わってから思ったりします。

 

 

私たちは、仕事や家事などで実際に忙しいこと以上に、

忙しい状態にあることに、精神的に疲れてしまうのでしょうね。

 

忙しく余裕がないと、周りにも状況にも優しさや愛を感じられず

自分がしんどいです。

 

そんな時に5分も手を止めて休憩できない!と思うかもしれませんが、

そうしたほうが効率もよく、

 

何より同じだけのことをどうせやるなら、

気分よくやるほうが自分も周りも楽しくていいですね。

 

 

ハートチャクラの振動数を上げるには、

瞑想で自然の透明感ある緑をイメージするのがおすすめですが、

 

一番簡単で誰にでもすぐにできるのは、

始めにご紹介したように、両腕を軽く広げて胸を開き、

ゆっくり深い呼吸をすることと、

 

ただ今を感じることに意識を向けることです。

 

 

より効果的なテクニックや方法を探すより、

たった今、その時間に、この体を開いて、心を開いて、

感じてみればいいのです。

 

その時に何かすごく感動的な感覚などなくてもよく、

「あー疲れた~」でもいいのです。

 

その疲れたなら疲れた感じを受け止め、

「うん、疲れたね、お疲れ様。」と自分に言ってあげると、

 

「大丈夫、なるようになるから、できることをできるだけがんばろう。」と

思えるようになります。

 

そうしていると、私は胸の真ん中がゆるむのを感じ、

あ、開いてエネルギーの流れがスムーズになってきた、

本来の私の心に戻っていたな、と感じます。

 

 

瞑想で潜在意識とつながることもできますが、

普段の生活から自分とつながることを大切にすることも

とても大切です。

 

一番そばにいる自分と明日も仲良く過ごしたいですね。