前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

心を開き人の評価を気にせず生きる

少し前にとても久しぶりに昔の友達に会ったのですが、

お互いにその人本人の今の話を聞き楽しめたのは、

本当に素敵な時間だったなと思います。

 

世の中には、パートナーの仕事ぶりや暮らしぶり、

子供についてや自分のステータスなどで、

人を判断し上下や勝ち負けをつける人もいるようですが、

 

私の周りの人たちは、

例えどんなに素晴らしいステータスや収入があっても、

色んな意味で恵まれていても、

 

それを鼻にかける人はおらず、

 

仕事や家族の話だけではなく、

その人の最近興味がある話を中心に

とても自然に楽しくおしゃべりができ、

 

仕事をしていてもしていなくても、

子供がいてもいなくても、話題の垣根がなく片寄りもなく、

みんなが楽しめるのは、素敵なことだなと思います。

 

 

勝ち負けを意識する人を考えてみると、

根本に人から認められ高く評価されたい気持ちがあるようで、

 

高く評価されないと自分が惨めに感じ、

高く評価されると自我が満たされ、

 

そうして人の目の中で生きているように思います。

 

その元にあるのは自分を信じられない気持ち、

恐れや不安でしょう。

 

だから人とおしゃべりをする時も、

相手との会話を楽しむ余裕がなく、

自分の話を聞いて欲しくて、

 

自分を高く評価されるよう

自分のことにしか意識が向かないようです。

 

そんな風に人からの評価の中で生きるのは、

本当には心を開いていないからのように思います。

 

そうだとするなら、

それはなかなか気が休まらず、ストレスなように思うので、

大変だなと思います。

(人からの評価など不安定なものを求めるのですから。)

 

f:id:yuko-k-ami:20190902023209j:image

 

社交的で明るくあることと、心を開いているかどうかは

同じではありません。

 

一見社交的な人は心を開いているように見えますが、

不安を隠す仮面であることもあり、

 

また逆に、控えめでおとなしい人が

とても自然に心を開いていることもあります。

 

意外と、やたらと明るい人に心を開いていない

不安が大きい人がいたりするのは、

恐れの裏返しかもしれません。

 

 

本当に心が開いている人は大らかで、

ちょっとしたことで不機嫌になったりせず、

相手や状況を受け入れる幅が広く深いです。

 

こう書くと、少しでも不機嫌そうだと、

あの人は心が開いていない人だ、と判断する人がいますが、

 

多くの人は、いい状態の時は心が開いていて、

何か落ち込むことなどがあると閉じることが多いです。

 

閉じっぱなしで、ずっと不安や恐れを抱き、

不信感や人の目や評価を気にしている人もいれば、

 

開いたり閉じたりする人もいますし、

中にはずっと開いている人もいます。

 

これは正しく良い人間かどうかはあまり関係がありません。

 

心の開く度合いは人それぞれですが、

人の心がどうであるかはその人にお任せして、

 

それを良い悪いと判断したり、批評したりしないで、

 

自分がどうであるかを感じ、

できるだけいつも開いていたいものですね。

 

 

心が開いている時、恐れや不安がなく、

人の目や評価も気にならず、

自分のままで自由にいることができ、自然体で心地いいものです。

 

こんな状態の時は、周りとも

起こる出来事や宇宙のタイミングとも調和し、

人生がいい流れの中にあり、

生きることを楽しめるでしょう。

 

引き寄せもスムーズで夢が叶いやすく、

川の流れに乗って下っていくように抵抗がありません。

 

例えば生活や収入などがどうであれ、

先の不安や恐れを感じずに、今生きていることを楽しめるものです。

 

 

また、心を開いている人は自分自分と自分にばかり目が向かず、

目の前にいる人に興味を持ったり、

知らないことに好奇心を持ったりし、

 

自分の世界とは違う人の話を聞くことも楽しめ、

受け入れる幅も広く、抵抗がない分、ストレスも少ないです。

 

 

ではどうすれば心を開いていられるかですが、

 

これは自分で意識をして、

人からどう見られているかを気にすることを止めるよう、

そんな自分に気づくたびに手放し、

 

今目の前にいる人やある状況を

ただ楽しもうとするといいですね。

 

今をそのまま楽しみ、愛するだけです。

 

人の素晴らしいところや人生の素晴らしいところに目を向け、

それを素敵だなと受け取るだけでいいのです。

 

そんな時、私たちは心が開いていて、

人の目や評価など気にもならないものです。

 

ちょっとそう意識して生きるだけで、

世界は軽やかで楽しいものになるでしょう。

 

 

どんな世界を見るのも、

そんな世界に生きるのも自分次第です。

 

自分のいたい世界を自分で選び、

そうあるように意識をするだけで、

そうなります。

 

今までそんな風に心を開いて生きていなかった場合は、

始めは少し慣れるまで練習しながらの毎日になると思いますが、

 

練習すれば誰でもそうあることができます。

 

難しい何かを学ばなくても、

特別な才能がなくても、

よくできた人間にならなくても、

 

これはできることです。

 

ですからそう生きたいなと思われる方はぜひ、

今から意識して心を開いて生きてみてくださいね。

 

段々と慣れて上手になってくると、

人生は思うよりずっと楽しいものですよ。

 

 

秋のセミナーの受付開始♪

大阪キネシオロジーセミナー、

東京キネシオロジーセミナーは満席です。

 

<秋のセミナー>

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー

10月27日(日)東京瞑想セミナー

11月10日(日)大阪瞑想セミナー

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記