前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

惰性や罪悪感を手放し自分らしく生きる方法

もう随分前ですが、以前

執着しなければ自由でいられる

というお話を書きました。

(そのお話しは ↓

惰性や執着から自由な自分で生きる - 前向き気づき日記

 

テレビやスマホ、恋や仕事でも、

惰性や執着、寂しさに囚われずに

いつでも自分で終わりを決められる人生は

自由だなと思います。

 

惰性や寂しさからではなく、健やかに共に楽しむ時は、

テレビやスマホ、人や仕事など

なんでも素敵な友達になりますが、

 

貪るようにその存在に頼る時、

寂しさや不安から執着する時、依存する時、

私たちはそれの奴隷になってしまいます。

 

 

その物や人などが悪い存在なわけではなく、

もっと別な付き合い方もできるはずですが、

 

一度奴隷になってしまうと

なかなかそれを改善するのは難しいので、

 

そうならないように生きていきたいものです。

 

 

でも時にはすでにそんな関係が出来上がってしまっていて

なかなかいい関係を築くことができないこともあります。

 

そんな時はその記事で書きましたように、

一度完全に切り離すのが簡単な改善方法ですが、

 

それ以外では、

まずは惰性や執着の奥にあるもの(寂しさなど)に

気づくことが大切です。

 

 

誰にでも経験があると思いますが、

ダメだダメだと思うほど、

人はそのことが頭から離れなくなります。

 

一生懸命離れようと顔を背ける力は、

それに執着する力と同じです。

 

 

ダイエットでスイーツから逃げようとすることは、

逃げたいスイーツとの結びつきを強固にしていきます。

 

好きだけれど一緒にいても幸せになれない相手から

離れようとして離れられないのも同じです。

 

敵だと思う力は惹きつけられる力と同じです。

 

 

ですから、どんなことでも離れたいものがある時は、

離れたいもののことを考えずに、

目を向ける先を変えましょう。

 

自分が寂しいから、不安だから頼っているのだ、

それをしている時の自分は

辛いことや本当のことと向き合うことから

逃げているのだ、と認め受け入れ、

 

罪悪感を持たずにいることが大切です。

 

 

また意外と多いのは、やめられないことの原因が

実はヒマだから、ということがあります。

 

ちょっと手持ち無沙汰、

なんだかちょっと退屈、刺激不足という時、

 

つい食べてしまう、

ついダラダラ何かをしてしまう、

好きでもないことをしてしまう、ということがあります。

 

これは結構多いのです。

 

私たちのエゴは退屈やヒマに耐えられないのです。

 

 

過去の自分の過ちや辛かったことを思い出して

苦しんだり悲しんだりするのも、

 

頭の中で自分を責めることも、

誰かを否定したり批評したりする気持ちも、

 

実はヒマなのです。

 

SNSなどで他人を批判するのも、

ニュースなどを見て、政治家や芸能人のことを批評するのも、

会社で上司や同僚の陰口を言うのも、

 

みんなただヒマなのです。

 

エゴがヒマに耐えられず、

することを欲しがり、

ヒマを潰せるものを絶えず探し、

見つけてはそれをしているのです。

 

 

そんな時「ああ、私ヒマなんだ」と気づいて認めると、

「そっか〜。私、何やってるんだろ。苦笑」と思って

馬鹿馬鹿しくなって手放すことができたりします。

 

(エゴは「ヒマなんかじゃない!本当に思うのだ!

本当に悲しいのだ!」と反論するでしょうが。)

 

 

ちょっと話は逸れるかもしれませんが、

罪悪感を持たないと、

悪いことをした反省がないズルい人のように思うかもしれませんが、

 

もし本当に何か悪いことをしたと思うなら、

必要なのは罪悪感で苦しむことより真の反省です。

 

罪悪感をいくら持ち続けても、

それでだから許されることはなく、

自己犠牲による自己満足になります。

 

そうなると罪悪感は一つの麻薬になり、

執着をより強めてしまいます。

 

 

また、罪悪感は自身の体中の細胞を傷つけ狂わせるだけではなく、

そんな状態でいることでその周りにも悪影響があり、

家族や周りの人、ひいては地球にとってもいいことはないのです。

 

ですから、罪悪感は手放し、

今これからをどう生きるのかを考えましょう。

 

罪悪感に依存しているならそれを認め、

悲劇のドラマの中にいる自分を外から見るように、

「何やっているんだか。笑」と

笑い飛ばしてみるといいですよ。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(イギリス 湖水地方 グラスミア湖畔にて。) 

 

 

執着し、依存しているものがあるなら、

しばらく離れるといいですが、

 

それだけではまた元の生活に戻ると

同じように依存してしまいますから、

 

元々の日常のあり方を変えるのがいいですね。

 

 

惰性や寂しさから続けている行動を変えるには、

日常的に

一度に一つのことだけをするようにしてみるといいですよ。

 

これだけでもかなり違ってきます。

 

 

以前、テレビを見ながら電話で話しながら

料理をしていた友達がいました。

 

私も昔はよくやっていました。

例えば、音楽を聴きながら本を読みつつ

おやつを食べるなどです。

 

同時にいくつものことをやるのはよくあることですし、

効率がいいように思うかもしれませんが、

 

いつもそうしていると、

今を生きている時間がなくなり、

今自分はそのことに対してどう感じているのかを

感じることができません。

 

すると段々と本当にしたいことが分からなくなってきます。

 

 

でも一つ一つのことに集中し

しっかり味わいきりながら生きると、

惰性から惑わされることが減り、

 

本当の自分が何を望んでいるかを感じられるようになり、

日常の小さなことに喜びを感じたり、

感動したりすることが増えてきます。

 

そうして脳の集中を一つに向けて生きると

見えなかったことが見えてきて、

自分らしく生きる方向へと向かうようになってきます。

 

どんなことでも何かをする時は

目一杯楽しんで味わうのがいいですね。

 

 

テレビ見るならその時間はテレビを楽しみ、

ごはんを食べるならしっかりごはんを味わい、

人と会話をするなら会話を楽しむ。

 

何をするにもその時間は

それをすると自分で選んだのですから、

それをただただ楽しみ味わってみましょう。

 

寂しさを埋める代わりや惰性、ヒマつぶしではなく、

そのことを十分に味わい楽しんだら、

 

その時間に感謝をし、自分で終わりを選択し、

次のことへと進んでいくという経験を

日常的に重ねていくといいですね。

 

 

またもう一つのヒントとして、

自然の中にいると執着や罪悪感から自由になりやすいです。

 

なかなか自分を変えられずにいる方は、

自然とのつながりを持つようにするといいですよ。

 

 

始めからどんなものともそんな関係でいれば、

何もややこしいことはなく、

私たちは何とでもいい友達でいられます。

 

ですから、これから新たに出会うものや人には、

それが本であれ、パソコンであれ、仕事であれ、

始まりの時こそいい関係を作っていけるように、

丁寧に心を向けて友達になっていきたいですね。

 

 

人はみな弱いものですし、

人はヒマに耐えられない動物です。

 

つい流されてしまいますが、

流されてもまたそのことに気づき、立ち返り、

 

惰性や執着、寂しさに囚われている状態を手放し、

自分を取り戻し、

また自分らしく生きていきたいですね。

 

明日も一つ一つを味わい楽しむ一日を(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

二つ目のサブブログも毎日更新中です♪

→「人生で一度くらい

ここでは書ききれない北海道や京都のお話や

暮らしのことなどを楽しく綴っています。

覗いてみてくださいね(^^)