前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

本当にしたいことの見つけ方~やるべきことをやらない自由

今日は五月晴れの気持ちのいい一日でした。

 

夕方に半袖Tシャツで散歩に出ると、

素肌に触れる空気が新鮮で、

世界が広がるような感じがしました。

 

もう初夏ですね!

 

 

私は人からよく行動的だと言われたりするのですが、

自分ではノロノロ運転だなぁと思っています。

 

私がテキパキ決断して行動できるのは、

本当にしてみたい!とワクワクすることだけで、

その多くはひとり旅です。

 

あとは突発的に興味が湧いたことがほとんどで、

 

例えば、スカイダイビングがしたいとか、

キネシオロジーを学んでみたいとか、

留学したいとか、

6時間耐久ママチャリレースを生で見たいとか、

三線を弾いてみたいとか、

イルカに触りたいとか、

 

脈略もなくおもしろそうだと思うことを見つけると、

勢いで飛び込んでいきます。

 

38歳で初めてニュージーランドに2ヶ月半留学した時は、

行こうかなと思いついてから3週間後には現地にいましたし、

 

キネシオロジーを学ぼうと思った時は、

1週間後にはロサンゼルスにいました。

 

富士スピードウェイでのママチャリレース観戦は、

知った翌日、日帰りで見に行きましたし、

 

スカイダイビングは旅先でたまたま見つけて、

その場で申し込みました。

 

ゆっくり考えたり悩んだりすることはなく、

おもしろそうだからやってみたい!というだけで

進みます。

 

お金に余裕があるわけでもないのに、

仕事も休めないのに、

 

でも行きたい!と思い、やる前提で進むと

不思議とすんなりでき、どうにかなるのがおもしろいです。

 

 

いつもそんな感じなのですが、

 

でも、

やらなくてはならないこと、

やるべきこと、

やった方がいいと思うこと、

そろそろどうにかしないとと思うことなどは、

 

けっこう手をつけずに放置していたりします。汗

 

例えば、確定申告は毎年締め切り前にようやく手をつけ、

主人に泣きつきバイト代を払い手伝ってもらって

どうにか終わらせていますし、

 

少しは筋トレをしたほうがいいなと思いつつ、

その日は未だ来ないですし、

 

いつもメールの返信は遅いですし、

 

FacebookやインスタなどのSNSも

投稿したいな〜と思いつつ明日でいいかを繰り返し…。

 

仕事のメールはできるだけ早く返そうと思っていますが、

それでもきっと他の人よりは遅く、

 

プライベートのメールとなるとかなり適当で、

申し訳ないと思いつつも返さないままになることも。大汗

 

やらなくてはならないことや

やったほうがいいと思う、

でもあまり興味がないことの腰の重さは非常識レベルで、

 

我ながらひどいなといつも思っていますm(__)m

 

 

でもこんなにあからさまにではなくても、

人は誰にでもそんなことがあるのでは?

 

ワクワクすることやおもしろそうだなと思うことは、

積極的に行動したり決断したりできるけれど、

 

やろうと思いつつなかなか動き出せないこともあるのが

人間だと思います。

 

 

中には不思議と、したいと自ら思っているのに、

何故か動き出せないこともあったりしますが、

 

そういうことは何かブロックがあったり、

実はしたくないと潜在意識で思っていたりするもので、

 

そうであるなら意志の力では動けないものです。

 

人の意志の力では潜在意識には勝てないですから。

 

それは変えることもできますが、

別に無理にしなくてもいいことなら

しばらく放置でもいいと思います。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200517235924j:image

 (ニュージーランド クイーンズタウンでスカイダイビング。

地球が丸くて自分が小さな虫になったようでした!)

 

 

 

放置する時は「やるべきなのにやれない自分」を責めないで、

「やらない自分」をただ許すといいと思います。

 

確定申告などは絶対にやらなければならないですが、

そうした法律で絶対にやらなくてはならないことでないのなら、

 

自分の人生で何をして、何をしないかは

自分の自由ですから、

 

非常識と言われようと、

やらない自由を選択してもいいと思います。

 

 

「やるべきだ、やった方がいいと思うのに

やれない、やらない自分」を、

時に自覚的に、時に無自覚に責めたり

情けないと思ったりしながらずっと生きているのは

とてもストレスで、

 

自分のままを認めず、受け入れない、許さないでいると、

本当にワクワクしてやってみたいことをするエネルギーを

削っていきます。

 

人のやる気やエネルギーなどは

そんな無理や自己否定でどんどん削られ、

 

本当にしたいことが見つかっても

 

もうエネルギー切れで動けなかったり、

ワクワクすら感じられなくなっていたりするものです。

 

 

もしワクワクがわからない、したいことがあっても行動できないなら、

まずやることは、

 

やらなくてはならない、

やった方がいい、と思いながらやらないでいることを

手放すことです。

 

そうしたことはもうしなくていい、と

自分を解放してあげましょう。

 

したくなったらすればいいですが、

どうしても動き出せないならもうしなくてもいいのです。

 

常識だとか、将来のためだとか、家族のためだとか、

色んな理由でやるべきだ、やろうと思うのにできないことは、

 

別にしなくてもどうにかなることなら

もうやらなくてもいいと自分を自由にしてあげましょう。

 

 

そのままもう放り出して、

 

今この瞬間に興味があることでできること、したいことを

どんどん楽しんで行動していくと、

 

自分にも軽やかに行動できることがあり、

決断できることがあるとわかるでしょう。

 

 

例えば、

どうしても今アイスクリームが食べたい!と思ったら、

夜中にコンビニまで買いに行くかもしれませんし、

 

好きな歌がふと頭に浮かんだら、

掃除をしながら歌っているでしょう。

 

そんな小さなことを見つけて行動して楽しんでいくと、

自分はしたいことならするのだと分かり、

自分を信頼して生きられるようになり、

 

少し大きな行動もできるようになってきますし、

 

やれないことは無理にしなくてもいいのだ、

意外となんとかなるものだと、

やらない自分を許し受け入れられるようになると、

 

人生はグンと軽やかになります。

 

 

私たちはみんな一日24時間で、

人生は長くても100年ほどです。

 

「やった方がいいと思うことをやれない自分を

どうにかしようとして生きる時間」など

もったいないです。

 

それより今したいと思って

飛び込んでいきたいことをして生きましょう。

 

 

自らしたいことでも、

 

スマホやテレビをついダラダラ見てしまうとか、

つい人の噂話などで時間を使ってしまうなどは、

 

本当にしたいことではないのではと思いますので

要注意ですが、

 

そうしたこと以外で、

ちょっとおもしろそうだな、

人生にあると楽しそうだな、

一度はやってみたいなな、と思うようなワクワクすることを、

 

どんどん楽しんでいきたいですね。

 

 

というわけで、

私はこれからもプライベートのメールの返信はきっと適当で、

興味のないおしゃべりに大人の顔をして付き合ったりせず、

非常識だと言われてもしたくないことは

しないで生きると思います。

 

でもその代わりに私でこの人生を生きることを

目一杯楽しんでいきたいなと思います。

 

みなさまも本当にしたいことを自由に行動する

楽しい人生を(^^)

 

 

P.S.

オンライン個人セッションをはじめました♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記