前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

未熟さは幸せへの扉

いつもと変わらない日常を生きていると、

自分の世界観の中にいて、

 

関わる人も入ってくる情報も、

物事の捉え方やアドバイス、経験なども、

だいた同じような価値観や方向性のことが多く、

 

波動や人の器、情熱、魂の成長度なども

幅はありながらも同じくらいの人や情報などが

周りにあるものです。

 

会社やご近所、親戚などの中には、

全く違う人もいたりしますが、

多くは自分と近いものがあるものです。

 

 

そうした中にいると、

自分の周りの世界が自分と似ていて平和で楽なのですが、

 

周りとの違いが少なく、

まだ気づいていないことに気づくのが難しかったりします。

 

例えば、視野を広げようとしなくなったり、

世の中にはもっと多様な価値観や人生があることが

見えなくなったり、

 

心の奥底にひっそりとある

苦い思いや悲しみ、魂の願いに気づけなかったり、

自分にある未熟な部分に気づかなかったりするものです。

 

 

周りの人や状況は

自分のそうしたところに気づかせてくれるものですが、

 

いつも同じ人や環境の中にいると、

何か気になることがあっても、

いつものことだと思ってスルーしてしまいやすく、

 

気になることを見つめることを

しなくなりがちです。

 

 

気になることとは、人によりますが、例えば、

10年20年後の自分の暮らしやお金が心配だとか、

このままこの暮らしをして生きるので本当にいいのか?とか、

 

この仕事をこのまま続けていくのか?、

人がうらやましくてモヤモヤするのは何故か?

特定の人の幸せを喜べないのかどうして?

イヤないことにイヤだと何故言えないのだろう?

 

というような生き方や暮らし方から心の中の問題まで、

様々なことがあり、

 

その引っかかりから、

どうしてだろう?と自分を見つめ、

その根底にあるものに気づき、

 

それを受け入れたり手放したり許したりしながら

成長していくことかできます。

 

 

そんな気づきのヒントとなる引っかかりが小さいと、

あまり気にならないので、

 

他のもっと気になることややらなければならないこと、

例えば寝不足だとか、夕食の献立とか、

仕事の締め切りなどにまぎれて、

 

そのままやり過ごしてしまいます。

 

でもそれだと魂の成長は進まず、

いつまでも同じ問題を持ったまま、

同じ部屋の中をぐるぐると歩き回るだけになります。

 

 

そんな気づいて見つけてもうれしくないような

心のモヤモヤなどに気づいて、見つめて、

何かいいことがあるの?と思うかもしれませんが、

 

私は大いにあると思います。

 

そうした心にある疑問、問題点と向き合い、気づき、

そこから大切なことを見つけたり手放したりすると、

 

それをしない自分より、ずっと生きやすくなり、

幸せや愛を感じることができるようになったり、

自分らしく生きられるようになるからです。

 

成長は自分の幸せにつながっていて、

それはそのまま周りの人の幸せ、

地球の幸せにもつながるものです。

 

 

だから心のモヤモヤや、不安や心配、

うまくいかないこと、

受け入れ難いことなどを見つけたり、

未熟な自分を見つけると、

 

今はちょっとうれしくなります。

 

それは成長と幸せへの扉ですから。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200518235822j:image

(竹富島にて。写っているのはたまたま歩いていた人です♪)

 

 

昔は未熟な自分を見つけると、

自分が情けなくなったり、

恥ずかしく思ったり、

未熟すぎる自分がイヤになったりしていましたが、

 

今は未熟さに出会えると、

ちょっと苦く感じますが、

同時にやった!と喜びが湧いてきます。

 

これに出会えなければ、

 

これ以上自分を広げられず、

もういらない価値観を手放せず、

愛に気づかず、

今いる場所の全体像が分からなかったのが、

 

また新しい扉を開くことができると思うからです。

 

 

例えば、今自分がいる場所の天井の高さは3mで、

すぐそこに見えていて、

 

天井なんて手を伸ばしてちょっとがんばれば

届きそうだと思っていたのが、

 

自分の未熟さに気づくと、

天井が10m上にある場所に移動したように感じ、

 

その届かなさを知ると、

前はそれを知らなかったことが情けなく思ったり、

 

自分があまりにもちっぽけで、

恥ずかしく感じたりしました。

 

 

でも今は、新しい場所に移動できたことがうれしく、

 

前なら3mまでしか上に行けなかったのが、

今なら自分次第で10mまで行けるのだと思うと

その広がりがうれしいのです。

 

 

それを知ると、

今の自分には10m上までしか見えていないけれど、

 

50m100m上もあり、

空や宇宙まで広がっているのを見てみたいと思うのです。

 

これはイメージで、

なんでも上にいくことが素晴らしいという意味ではなく、

世界が広がるという例えですが、

 

まだまだ未熟だと知る時、

世界は広がり、自分の可能性も広がるように感じます。

 

届かないほどまだまだ広がっていけると思うことが

うれしいのです。

 

 

ですから今は自分の未熟さに出会うことが楽しみで、

だからと言って分かり合えない人だらけなど、

厳しいとことばかりも大変なので、

 

日常の中の小さな気づきを

見逃さないようにしたいなと思っています。

 

 

大きな刺激となるような

深刻な問題がなければ成長できないと、

人生が厳しくて大変ですが、

 

小さな問題でも見逃さないで成長のきっかけにできれば、

厳しい問題に出会わなくても成長でき、

 

自分も楽ですし、成長しやすくていいなと思います。

 

 

日常の中で出会う小さな引っかかりは、

そんな幸せの扉につながる成長のヒントです。

 

それをごまかしたり、やり過ごしたりせず、

未熟さに情けなくなり落ち込んで終わりにせず、

 

やった!見つけた!と思って飛び込み潜っていくと、

新しい自分に出会え、

 

どんどん世界が広がり、

不用なものを手放し、

多様な価値観を受け入れ、

新しいものの見方を学び、

 

もっと人や自分、世界を愛せるようになり、

 

心豊かな幸せが満ちていくように思います。

 

 

今のままでも幸せだなぁと思うのですが、

まだ経験したことのない世界を見るのはワクワクします。

 

自分の未熟さはそんなワクワクにつながるものですから、

もし見つけたら半分は苦く感じ、落ち込みそうになっても、

 

もう半分は「やった!」と

扉を見つけたりことを喜んで

開いていけるといいですね。

 

そうして生命ある限り成長し続けながら、

ますます幸せを感じる日々を歩いていきたいですね。

 

 

P.S.

オンライン個人セッションをはじめました♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記