前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

緊張する場面であがらず自分を発揮する方法

個人セッションや友人の話で、

仕事やプライーベートでも

大事な場面や人前に出ると緊張して、

いつもの自分が出せない、というお話を聞きます。

 

大事な人に大切な話をしようとすると緊張して

何も言えなくなってしまう、

勝手に涙が出て泣いてしまうとか、

 

仕事で営業やプレゼンをする時に緊張して真っ白になる、

 

親の前でうまく話せない、

数人の職場の人の前や子供の役員会などで緊張して

胃が痛くなり吐き気がするなど、

 

色々な場面で多くの人が緊張しているようです。

 

 

私も例に漏れず、

ピアノの演奏会などではとても緊張するタイプで、

実際に何度も苦い経験をしてきました。

 

学生時代から長年に渡り、

緊張するのをどうにかしたい!と色々と向き合い、

試してきました。

 

他のことでは緊張しない人でも

ピアノは特に緊張するという人は多く、

 

それは指先の末端神経を使い、

繊細なタッチの差をコントロールしながら

早い曲では1秒間に20個くらいの音を

複雑な組み合わせで何十分も弾き続け、

(これだけたくさんの音を

同時に鳴らすことができる楽器はありません。)

 

大曲だと一曲で1万個以上の音を弾いたりします。

 

それをミスなく弾きたい!と思うと、

それはプレッシャーを感じて緊張しますよね。

 

でもそのおかげでピアノ以外のことでは

あまり緊張しなくなりました。

ピアノに比べたらどうってことない、と思えるのです。笑

 

 

今でも全く緊張しなくなったわけではありませんが、

今日は色々試した中で

わかったこと、効果があったことを4つ(と裏技プラス1)を

ご紹介したいと思います。

 

これはもちろんピアノ以外でも、

どんな場面でも使えることですので、

ぜひ緊張するタイプの方は参考にしてみてくださいね。

 

 

一つめは、
「緊張している時ほど顔を上げ、視野は広く。」です。

私の経験では、


集中しよう、がんばろう、うまくやろうとすると

周りが見えなくなり、
自分でいっぱいいっぱいになり、

へんに緊張しすぎてプレッシャーで

いつも上手くいかなかったのです。

そういう時はたいてい

目の前しか見えていません。

 

いや、実際には目の前すら見えていないのかもしれません。


逆に、上手くいったときにどうだったか考えると、
観客や会場の雰囲気、周りのスタッフさんたちの様子が
ちゃんと見えていて、感じられていました。


「上手く弾かなくちゃ。失敗しないように。集中して。」と思い、
頭がいっぱいになっていると、
鍵盤しか見えてないですが、

ある時それに気づき、
あえて鍵盤から視線を外し、
顔を上げ舞台全体や天井の高さ、
観客の様子、ピアノの向こう側などを見るようにすると、

硬く縮こまっていたものが広がるような感じがして、

ふと楽になり、
伸び伸び弾けるようになりました。



きっと視野が狭い時は鬼の形相だったと思いますが、汗笑


視野が広がると曲想に合わせて

自然と笑顔が出たりします。

どんなことでもここ一番の集中力が必要な時ほど、
これは大事なポイントだなと思います。

 


緊張をゆるめる二つ目は、

「自分に対してのOKラインを下げる。
実現できて目標になるところに設定する。」です。

 

これも私がそうだったのですが、

 

人前でピアノを弾く時、心のどこかで

絶対にミスをしたくない、失敗したくない

という気持ちがとても大きく、

 

だからこそ、うまく弾けなかったらどうしよう、

怖い!と思っていたのです。

 

完璧以外はダメ、一番以外は許せない、
では、なかなか達成できず、


少しのミスも許せないせいで
余計なプレッシャーがかかってしまい、
満足できる結果はなかなか出せません。

小さなミスにこだわるより、
トータルの出来が大事だと自覚していれば、
最後までいい集中ができます。


オリンピックのフィギュアスケートでも、
ノーミスではなくても金メダルを取る人はいますものね。

 

逆にノーミスでも

金メダルが取れるかどうかはわかりません。

 

ということは自分の完璧さが=結果ではないということです。

 

 

それに私たちは普段、別に4年に一度の

世界の大舞台で勝負をしているわけではありませんから、

 

失敗をしたとしても

人生が台無しになったり、

大事な人や家を失ったりするわけではありません。

 

例えば営業で緊張をするなら、

うまく話さなくてはと思わず、

笑顔で挨拶できればOK、

今日は顔を知ってもらえればOKくらいに考えると

いいかもしれませんね。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(沖縄 竹富島にて。)

 

 

そして三つ目の緊張を緩めるコツは、

笑顔です。

 

これは気の流れ、エネルギーについて

キネシオロジーや東洋医学を学んでわかったことであり、

 

実際に気の流れの変化を感覚として感じることでも

実感するのですが、

 

笑顔でいると気の流れが整います。

 

 

でも緊張している時は誰でも顔がこわばっていて、

その時、気の流れは滞っています。

 

気の流れが滞っていると脳はうまく働かず、

すると咄嗟の判断が狂い、

 

言わなくてもいいことを言ってしまったり、

NOなのにYESと言ってしまったりしますし、

 

コミュニケーションがうまく取れません。

 

そんな顔をしたままでは

まずうまくいかないものです。

 

 

ピアノの演奏会で緊張している時に、

無理矢理の作り笑いでもいいので、

自分が演奏する前に舞台袖でにっこり笑顔でいるようにすると、

 

不思議と心が楽になりリラックスできました。

 

顔の筋肉を大きく動かしてみるのもいいですね。

 

ついでに体も軽く動かし、

胸を開くように腕を大きく広げてみるのもおすすめです。

 

私はよく、できる範囲でラジオ体操をしていました。

舞台袖でドレスを着たまま。笑

 

その状態で最初に書きました視野を広くするようにすると、

より効果的です。

 

 

そして四つ目のコツは、

緊張している時は、「私、緊張しているんです」と

周りの人や相手に素直に言う事です。

 

「私、恥ずかしいのですがすぐ緊張する性格で、

今もドキドキしているのですが・・・」と言ってみましょう。

 

すると周りの人が優しくなったり、

大丈夫だよ、と言ってくれたりして、

味方になってくれるのです。

 

 

最後の裏技ですが、私のピアノの友人は、

毎回演奏前にいつも誰かにハグしてもらっていました。

 

すると安心して勇気が湧いて大丈夫になる、

と言っていました。

 

彼女と初めて会ったのは

ある演奏会の本番の舞台裏で、

私も彼女も演奏するためにそこで待っていたのですが、

 

いきなりろくに話したこともない私に、

「ハグさせて!」と言ってきてビックリしました。

 

ギューっとハグすると「ありがとう!」と言って、

颯爽と舞台に出て見事な演奏をしていました。

 

 

後で仲良くなってから聞くと、

 

舞台袖には知っている人がいつもいるとは限らないけれど、

だからこそ知らない人にでもお願いし、

ハグすることで

味方が一人見ていてくれると思え勇気が湧くのだ、

と言っていました。

 

それを聞いて、

なるほどなんだかとてもよくわかるなぁと思いました。

 

それを知らない人に頼むのが

なかなかハードルが高いなと思い、

私はやっていませんが、

 

でもできるなら効果があるように思います。

 

言える人は試してみるのもいいのではと思います。

 

 

私は元々、とても緊張するタイプで、

学生時代からそれをどうにかしたくて

色んなことを試してきました。

 

宗教に興味がないのに、

でも読んだら落ち着くのかしら?と、

 

演奏前に聖書や般若心経を読んでみたり、

イスラム教のコーランまで試しましたし、

(残念ながら私には効果はありませんでした。)

 

手のひらに人という字を書いてみたり、

おまじない的なこともやってみましたが、

どれもこっぱ微塵でした。

 

そんな中で今日ご紹介したことは

私には効果があったので、

よろしければ試してみてくださいね。

 

 

これですぐに全くへっちゃらになる

というわけではありませんが、

 

少しでもリラックスでき、

大丈夫だった、なんとかなったという経験を重ねていくことで、

 

段々と緊張することも慣れてきて、

緊張しても大丈夫、と思えるようになるといいですね。

 

 

緊張するということは、

何かに挑戦するということです。

 

そんな挑戦する人を尊敬しますし、

結果に関わらず、

緊張でガチガチでもかっこいいなと思います。

 

だから私も挑戦する人でありたいなと思います。

 

緊張する自分は挑戦者なのだと思い、

誇りに思って進んでいきたいですね!

 

応援していますね!

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

長野暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪