前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

できない自分のままを生きると幸せになる

私は普段個人セッションをさせていただいているのですが、

多くの方のお話を聞いたり、

潜在意識につながって思うことは、

 

問題や悩みの多くは、

本当の自分を生きていないから、

魂の望みを生きていないからだ

ということです。

 

他にも原因はあり、

 

例えば、許せないでいることがあったり、

自己評価が低かったり、

自分や他人に厳しすぎたり、期待しすぎたり、

受け入れられずに抵抗していることがあったり、

見ないで目を背けていることがあったりと、

 

人間誰でも色んなことがありますが、

(もちろん私にもあります。)

 

それらも根底のところで、

本当の自分のままではダメだ、

このままでは愛されない、受け入れられない、

このままでは経済的に生きていけない、

許されないなど、

 

自分のままでは未来が不安だったり、

今の幸せがいつか終わってしまうかもと恐れたり、

 

親や家族、友人、会社の人、見知らぬ他人まで、

認められたい、受け入れられたい、

嫌われたくない気持ちがあり、

 

そのために自分以外の人、

本来の自分よりもっといい人、

もっとできる人、

もっと素晴らしい人になろうとし、

 

仕事でも人間関係でも、経済的にも、

もっと安心できる状態を求め、

 

いつの間にか本当の自分を手放してしまいます。

 

 

結果、悩みがなくなるかと思えば、

逆で、

 

まだ足りない、もっとこうならなければ、

というループにはまり、

 

むしろ悩みが増え、

 

いつまで経っても終わらない

不安や恐れの中で生きることになります。

 

 

その流れの中でいくらがんばって

安心できるように足りないことを揃えようとしても、

 

根底のところで満たされることがありませんから、

いつまで経っても

安心できるようにはならないでしょう。

 

 

その流れをどすればいいかと言いますと、

 

安心できる何かを揃えようとするのではなく、

もう安心していいのだ、大丈夫なのだ、

ということに気づき、

 

不器用で、色んなことが苦手で、

人間的にも未熟な自分を受け入れ、

そのままを生きてみることです。

 

そんな足りないと思っている自分を

どうにかしようとするより、

 

自分らしさを隠さないでいることで、

人の役に立つことがあると気づきましょう。

 

 

私たちはみんな得意なことや苦手なことがあり、

いい面も未熟な面もあり、

 

それぞれ形が歪で、

デコボコしていて、

それがその人らしさであり個性です。

 

でも子供の頃から、

デコボコのボコを

普通レベルにするように教えられてきました。

 

苦手な科目を

平均点くらいは取れるようにがんばろうとしたり、

クラスのみんなと仲良くしましょうと言われたり、

 

小さい頃、自分だけできないことがあると、

「周りを見なさい、できていないのはあなただけよ。

恥ずかしいよ」と言って躾けられ、

 

みんなと同じようにできないことは恥ずかしい、

情けないことだという価値観を学んできました。

  

瞑想 効果 やり方

 (沖縄 竹富島にて。)

 

でも勉強の色んな科目も、スポーツも、

音楽や絵、字の綺麗さ、

料理や裁縫、掃除、

人付き合い・・・

 

学校の中で学ぶこれだけでも十分多いのに、

 

この上、身なりに気をつかいおしゃれをして、

スタイルを保ち、健康的で、

恋愛もして、結婚や子育てもして、

社会常識も身につけ、

 

現代はパソコンやスマホを使いこなし、

次々に出てくる横文字言葉を覚え、

一生食べていけるような資格を取ろうとし、

個性も出して、

 

更に、心豊かで、親切で優しい人で、

人を受け入れ、愚痴は言わず、常に笑顔で

みんなに愛され、

 

そして、老後困らないように貯金をしつつ、

ちゃんと自活できるように稼ぐ・・・など、

 

こんなに色んなことを全て上手にできるわけがありません。

 

どう考えても神業ですよね。

 

 

でも私たちは自分にも、人にも、

こんなことを望んでいるのです。

 

人のできないこと、

例えば、職場の人や家族が

 

整理整頓できないとか、

字が汚くて読み辛いとか、

仕事が遅いとか、要領が悪いとか、

愛想がないなどを見つけては、

 

どうにかして欲しいと思ったり、

それくらいできるだろうと求めたりします。

 

そしてきっと自分のことも

人がそう思っているだろうと思い、

自分のできなさを責めたりします。

 

 

でももう、できないこと、苦手なことは

できないでいいのでは。

 

デコボコがあるのが自分であり、その人です。

 

その自分で生きてもいいのでは。

 

少なくとも私は、

デコボコをそのまま生きるようになり、

何も困ることはありませんでしたし、

 

むしろ生きやすくなり、

仕事も充実しプライベートも楽しくなりました。

 

 

中にはデコボコが少なくて、

ボコがあまりない人もいますが、

 

そんな人は「あなたはいいわね」と言われてきたことで

自分を責めたり、疎外感を感じていたり、

個性がないことがコンプレックスだったりし、

 

人から愛されないと思っていたりします。

 

 

でももうそうやって人と比べて

違うことで悩むのは終わりにしてもいいのでは。

 

本当の自分のままを生きるというのは、

そんなデコボコの自分を

(またはデコボコがない自分を)

矯正しようとするのではなく、

 

そのままを生かすことを考えるということです。

 

自分のデコボコのボコを

どうにかすることに一生懸命になり、

デコを生かすことを忘れてしまわないで、

 

とりあえずそのままの自分をオープンにして生きていると、

そんなあなたがいいね!という人が

周りに現れるようになります。

 

 

そうしたらその人が喜んでくれることを喜び、

自分も誰かのそのままのその人を喜び、

 

すると喜びの循環の世界で

自分が生きられるようになります。

 

 

そんな世界に生きるには、

まずは自分の未熟だと思っている部分を

どうにかしようとせず、

 

自分が受け入れ、許すことです。

 

そしてそんなところもある自分の

いいところを伸び伸びと表現して生きましょう。

 

未来の生活の心配や、

誰かに嫌われる不安、

何かを失うことへの恐れではなく、

 

いかに本当の自分を生きるかに意識を向け、

毎日を生きるようになると、

世界が変わり始めますよ。

 

 

できないところがある自分でもいい、と思うと

なんだか気分が軽くなりませんか?

 

私たちはみんなこれまでよくがんばりました。

 

今日はみんなで自分に拍手をして、

その世界は卒業しましょう。

 

さあこれからは自分のままの世界です。

 

その世界を生きることを

最高の笑顔で楽しんでくださいね(^^)

 

p.s.

本当の自分がわからない、

自分のままを受け入れられないという方は

個人セッションをしていますのでご活用くださいね(^^)

 

 

2021年7月「瞑想セミナー3」受付中♪

瞑想がまだ全然できない方でも大丈夫です。

お気軽にご参加くださいませ(^^)

*1から順に受講してください。

オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 7/8 (木)、 7/11(日)

  

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記