前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

本当にしたいことを思い出して生きる

今日は薄雲からの日差しが優しい一日でした。

 

京都での一人暮らしを始めて4日目の今日も、

仕事の合間に

近所を散歩したり、本を読んだりの静かな一日でした。

(新生活を始めたお話はこちら。↓

人生で一度くらいしてみたいと思うことをする - 前向き気づき日記 ) 

 

まだ部屋に机がないので(椅子はあるのですが。)、

平日は昼間の空いている時間に

散歩途中にカフェでちょっとした書き物をしたり、

ブログを書いたりしています。

 

机は週末か週末明けくらいに届くといいなと思っていますが、

それまでは食事の時などは床に座って

サイドテーブルのようなもので代用しています。

 

こういうのも引っ越しならではでおもしろいです(^^♪

 

 

旅行でも留学や引っ越しでも、

結婚や離婚などでも同じですが、

 

行く前、新生活を始める前には、

たくさんやってみたいことや行きたい場所、

イメージする生活、

どんな自分でいたいのかなど、

思い描くものがあり、

 

行ったらあれもしたい、こんなことも試したい、

こんな自分でいたい、

こんなことを意識して過ごしたいと

いつも思って出かけたり始めたりします。

 

でもそれをどんなにウキウキと描いていても、

本気で憧れていて、やる気満々でも、

 

旅先や新生活が始まると、

新鮮な刺激がどんどん入ってくるので

それに反応し、意識が向き、

 

例えば10個あったうちの半分は忘れてしまい、

その場その場で流されてしまったりします。

 

完全に忘れ、全く思い描いたものと

違ってしまったこともありました。

 

 

それはそれで行く前には分からなかった

今の自分に必要な経験になることもあり、

受け取るものにオープンでいるからこその

貴重なものですが、

 

中には刺激が強いものに引っ張られ

流されただけだったり、

ただ忙しく過ごしただけということもあり、

(これはよくあることですね~)

 

そうなると帰ってきた時や終わった後に、

 

「あっ!あんなにしたいと思っていたことが

結局全然できないままだった・・・」

と思うこともありました。

 

 

私は旅好きでこれまでたくさん旅をしたり、

海外に中期滞在?をしたり、

結婚や離婚、一人暮らしをした時に

何度かそういうことがあり、

 

3、4日くらいの短い旅なら終わりがすぐそこですから、

流されることはないですが、

 

長期で行く時ほどこれは気を付けようと

今までの経験で思っています。

 

 

例えば、〇〇に行きたいとか、

あのお店であれを食べるなど、

ハッキリとした目標は忘れませんし、

 

そういうことはチェックリストなどに書いて

クリアしていけばいいので問題ないですが、

 

問題はそうしたハッキリとしたものではないことや、

継続的なもので、

 

例えば、心をいつも開いていようとか、

自分のペースで一日の時間配分をするとか、

のんびり過ごす、というようなものです。

 

 

そうしたことは曖昧なだけに、

時々思い出すけれどほとんど忘れて過ごしたりし、

 

どれだけするかの目標ラインがないので、

新しい刺激の前では

いつの間にか置き去りになっていたりしがちです。

 

 

これは波動の影響で、

実際に始め、その新しい波動の中にいると、

旅や新生活を始める前の自分の波動とは変わりますから、

前に考えていたことを忘れてしまうようです。

 

それはきっと自然なことで、

良い悪いはないのですが、

 

でもすっかり忘れてその時間が終わった後に、

したかったことができなかったことを後悔したり、

もっと大事に過ごせばよかったと

思うこともありますから、

 

気を付けたいなと思っています。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20210213000926j:plain

(昨年2月、ニュージーランド 南島 タカカにて。)

 

 

そしてそれはまるで人生のようで、

 

人も生まれる前には

きっとあれもしよう、

こんな自分を生きたい、など、

たくさんしたいこと、やろうと思うこと、

目標などがあったかもしれませんが、

 

生れてくると肉体を持ち、

この世界の波動の中にいることで、

すっかりそんなことは忘れてしまいます。

 

そして帰る日(死ぬ時)が近づくと、

「あ!そうだ、これをしたくてきたのに・・・」

と思い出したりします。

 

 

少し前に話題になった

「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本は、

介護の仕事をしている方が、

人生の残りがわずかとなった患者さんから

何を後悔しているかを聞いて書かれたもので、

 

私は本自体は読んでいないのですが、

話題になった時にネットの記事で

その5つを知りました。

 

そこに書かれている

多くの人が死ぬ間際に後悔する5つのことは、

 

・自分に正直な人生を生きればよかった

・働きすぎなければよかった

・思い切って自分の気持ちを伝えればよかった

・友人と連絡を取り続ければよかった

・幸せをあきらめなければよかった

だそうです。

 

これはまさに生まれてくる前に

私たちがしたかったことでしょう。

 

帰る(人生の終わり)が近づいて、

その波動に近づき、思い出すのでしょう。

 

 

でも私たちは日常で、

仕事やお金の心配をしたり、

人間関係やパートナーとのことで悩んだり、

人からどう見られるかを気にしたりして、

 

自分に正直な人生を生きる、というようなことは

心配することや悩むことよりずっと後回しです。

 

そしてそんなしたいことがあったことも

思い出しません。

 

本当にもったいないですね。

 

 

旅や新しい暮らしをこれまでに何度も経験してきて、

それをする前にしたかったことが

どんなに忘れやすいかを知っていますので、

 

今回もそれを意識的に大事にしていこうと思っています。

 

「散歩をしたい」は忘れないですが、

その他にもたくさん

自分の中でのチャレンジをしたいと思っていましたので、

 

そんな一つ一つを新しい暮らしを始めた今、

もう一度思い出し、

丁寧に向き合い、

毎日の中に取り入れていきたいなと思います。

 

 

みなさまは、もししたい暮らしを始めたり、

夢を実現した時に、

どんな自分を生きたいと思いますか?

毎日何を大切にし、何を楽しみたいでしょうか?

 

いつも心を開いていたい、

笑顔で過ごす、

やるべきことよりしたいことを優先する、

人の目を気にしない、

先の心配をしない、などの在り方についてや、

 

せっかくしたい暮らしや夢が実現したのだから、

こんなことにもチャレンジしたい、

失敗を恐れずやってみたい、

毎日〇〇をする時間を作る、

会いたい人にもっと会おう、など、

 

色んなやってみたいことがでてくるかもしれません。

 

それを忘れないようにし、

今この毎日の中で少しでもやって生きましょう。

 

そうしていると夢が叶った自分の波動に近づき、

夢が現実になるでしょう。

(引き寄せですね♪)

 

 

私もこれからそんな

自分が生きたかった自分を生きることを

今まで以上に楽しんでいこうと思います。

 

みなさまの今日がそんな一日となりますように(^^♪

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 *ただいまセッションはオンラインのみ受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記