前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

不安や恐れの向こうに本当の人生がある

今日から2月ですね!

そして明日は節分、明後日は立春ですね。

 

また一つ新しい扉を開くようで、

なんだかワクワクしています。

 

そういえば考えてみると、無意識でしたが、

私は2月に新しいことを始めたことが多いことに

気づきました。

 

初めて海外(ニュージーランド)に

旅行ではなく3か月ほど滞在したもの2月からでしたし、

ロサンゼルスにキネシオロジーを学びに行ったのも2月、

昨年も2月は新しいことや初めての挑戦がいっぱいでした。

 

思い返せば不思議と2月に新しいことをスタートしたり、

挑戦したりすることが多かったです。

 

それはいつも思いつきで飛び込んだことばかりで、

ひと月前には予想もしていなかったことでした。

 

 

たいていは1週間前など直前に

ふと思いついたり、興味が湧いて、

 

「ハードルが高いな~ でもおもしろそうだな~!」と思い、

ダメ元で興味が湧いたことを調べていると、

 

たくさん問題があるのに、無理なのに、

でもワクワクして、

 

「やってみたいけれど無理、難しい!」が、

「難しいけれどやれたらおもしろいな~」になり、

 

それをやらない自分とやる自分を想像すると、

やらない自分の毎日やこの先の人生がつまらなく感じ、

 

できるかできないかや、

いかに難しいか、問題が山積みか、

やるかやらないかではなく、

 

やらない選択はないな、と思い、

やろうと決める、と言う感じでした。

 

 

ろくに英語も話せないのに

初めて38歳で留学しようと決めた時もそうでした。

 

しかも留学ってどうすればできるのかも

全くわからないのに、

3週間後には出発すると決め、飛行機のチケットを取り、

 

それから仕事をどうするかを考え、

どの国に行くかを調べ始め、

その国にどんな街があるのかを調べ、

街を決め、

 

語学学校に入るにはどうすればいいのか?

ステイ先はどうすればいいのか?などを調べ、

 

でも現地に行って実際に学校を見てから選びたいと思い、

エージェントを通さずに行くことに決め、

 

そうなるとステイ先も学校やエージェントから

紹介してもらえないので

自力でネットで探すことになり、

 

でも個人でホームステイ先を探すのはかなり難しく、

(受け入れてくれる人を見つけるのが至難の業で、

あやしい人じゃないのか大丈夫なのか不安・・・)

 

つたない英語でのメールのやり取りの繰り返しに

泣き叫びそうになりながら、

なんとか旅立ったのが

ちょうど10年前、2011年の2月でした。

 

 

行く前は不安がいっぱいで、

行くと決めた時も不安がいっぱいで、

 

行ったこともない見知らぬ国で、

誰も知り合いもいない場所に行って

本当に大丈夫なのか?

すぐに帰りたくなったらどうしよう、

ステイ先の人が変な人だったらどうしよう、

 

英語が全然話せないのに、

自分でいくつか学校の下見に行って

選びたいなんて無茶だったかも、と

不安があふれていました。

 

 

でも、別にそんなに不安で怖いなら

やらなくてもいいんだ、と自分に言うと、

 

そうなんだけれど、

もうやらない自分じゃつまらない、

 

やらない自分のひと月後を想像すると

それはワクワクしない、イヤだ、と思い、

 

やる自分を想像すると

不安で怖いのにワクワクするのです。

 

 

だから不安でどうなるのか怖いけれど、

やっぱりやろうと思い、

飛び込んでみましたら、

 

想像以上に素晴らしい経験となり、

人生の宝物となりました。

 

心から行ってよかったと何度も思っています。

 

これ以外の経験でも

いつも飛び込んでよかった!と思い、

 

飛び込んだ自分に、思い返すたびに

「よくやった!」と絶賛しています。笑

 

f:id:yuko-k-ami:20210202000355j:image

 (ヒマラヤ山脈が見たくて突然一人でネパールに行ったのも2月でした♪

カトマンズ ボダナートにて。)

 

 

いつも新しい挑戦をする時はこんな感じで、

できるかどうかは深く考えず、

やるとしたらどうするか?と考え、想像し、

 

すると考えることで湧き出る

不安や怖さは一旦横に置いて、

 

ワクワクしながら

「やるとしたら」を実現するには

どんなやり方があるか?と考え、

探していくうちに、

 

道がうっすらと見えてきます。

 

 

でもその道が安全かどうか?や、

本当にそれをやって自分がうれしいと思うのか?は

自信も保証もないので、

 

よく考えると怖くなり、

焦らずちょっと落ち着いて考え直そうかと

思ったりするのですが、

 

それをするとたぶん

動けなくなってやらないなと思うのと、

 

心に正直になり、

不安や怖さはあっても、

ワクワクしているかどうかが答えですから、

 

やらない自分はつまらない、

やらないとひと月後の自分にがっかりすると思うなら、

 

どんなに不安でもGOだ!と思い、

やる方を選ぶことにしています。

 

 

誰だって新しい道に進む時は不安で怖いものです。

 

例えば離婚や転職でも、

もう本当に嫌だ!と思って別れる、辞めると決めても、

それで納得しているはずなのに、

そうすると決めると不安や怖さが湧いてきて、

 

本当にこれでいいのだろうか・・・とためらうものです。

 

それがうれしいこと、例えば

結婚ややりたかった仕事でも同じですね。

 

 

不安や恐れは誰にだって、

どんなに素敵に見える道にだってあるもので、

 

私たちを守ろうとするエゴは、

やめておいた方がいいよ、

いつものままでいるほうが安全だよ、

だってこれ以上のとんでもない不幸にはならないから、

とささやきます。

 

でもその代わりにやらないでいる自分には、

本当の魂の喜びもないでしょう。

 

大事なのはエゴささやきより、

魂のワクワクで、

 

不安はあるけれどそれを横に置くと、

何故だかわからないけれど、

そうすると思うと楽しみに感じる心が、

自分の答えで、羅針盤です。

 

 

小さなワクワクなら、

不安や怖さもないかもしれませんが、

大きなワクワクには不安や怖さは付き物です。

 

多くの人はそのワクワクより、

不安や恐れの声を信じ、

 

ワクワクすることを実行することを先延ばしにしたり、

やっぱりやめておこうと

いつも通りに過ごす方向に落ち着きます。

 

でもそれはもったいないですね。

 

その不安や怖さの向こうに

本当のワクワクする世界があり、

 

本当の自分を生きる人生があります。

 

 

生きたい自分を生きるには、

本当の自分を生きるには、

その不安や恐れを越えてワクワクを生きることです。

 

それは本当に怖いですが、

でも最高にワクワクして、魂が喜びます。

 

やってみるとわかりますが、

魂が震えるほどの喜びや

生きている実感を味わわない人生なんて

本当にもったいないです。

 

 

不安や恐れがなくなってからやろうとすると

いつまで経ってもできませんから、

 

不安や恐れがあるままでいいので、

そんな自分のまま、

ワクワクすることをやってみましょう。

 

やってみると

思うほど恐ろしいことにはなりませんから。

 

 

さあ明日は節分、明後日は立春、

新しい年の始まりですね。

 

今自分の魂が反応するワクワクすることに

飛び込む2月にしたいですね♪

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記