元気が出ない日、ネガティブになりそうな日。
そんな時にがんばらずに前向きに。
瞑想歴23年。瞑想セミナー主催。
北山裕子

2018年9月アメブロからこちらへお引っ越ししました。


自分に自信を持つ

澄んだ空気と光があふれる一日でした。

 

北海道ではそろそろ山々が雪化粧しているようですし、

本州でも標高の高い所では紅葉が見頃となり、

和歌山の高野山でも紅葉真っ盛りのようです。

 

日ごとに移り変わるこの時期の美しい日本を

たっぷりと味わいたいですね。

 

 

さて、この二ヶ月ほど毎日10分だけですが

英語の勉強(らしきこと。笑)をしていて、

 

たった10分ですから特に力がついたとは思わないですが、

何年か続けると、やらないよりはほんの少しは

英語力が伸びるかしらと、ゆるく継続しています。

 

資格が欲しいわけでもなく、

旅先でもう少し話せたら便利かなというくらいで、

効果や結果を急いだりしないので、

英語を読んだり学んだりすることを気楽に楽しんでいます。

 

 

それでふと思い出したのですが、

7年前、ニュージーランドに少し留学した時、

自分でいくつか学びたい学校を探し、

現地で直接申し込み体験授業を受けたのですが、

(エージェントを通さないほうが安くて、自由に選べます。)

 

その時クラス分けのレベルチェックテストがありました。

 

筆記試験と面接での会話でしたが、

ろくに勉強もせず行ったので、

筆記試験の文法や語彙力はさっぱりで、

とにかく書くのが苦手でしたし、

聞き取り、話す力、読む力も適当で自信がなく、

 

我ながらひどいなと思いつつ、

あるのは話せないのになんとかなるさと思う度胸だけ

という状態でした。汗

 

試験の最後に自分で自己評価をする欄があり、

聞く、話す、読む、書く、文法、語彙を

自分で五段階評価をするのですが、

 

まるで自信がなかった私は、

苦手な文法と書くを最低評価の1に、

あとの項目に2をつけ、(最高評価は5。)

自分のレベルは入門の一つ上の初心者だと書きました。

 

そして試験が終わり、先生と話しましたら、

「日本人で5と書く人はまずいない。たいてい2と書く」

と言われ、

 

結局、私のクラスは8つあるレベルの

上から2つ目か3つ目になったのですが、

本当に驚いて「ひー!無理です!」と言いましたら、

「日本人はみんなそう言う」と笑われました。

 

私は別に謙遜したのではなく、

本当にそんなレベルではないと思いましたし、

私の文法は本当にいい加減でレベル1だと思ったのですが、

(細かい正確さを求められる文法が本当に苦手なのです。)

 

先生曰く、

「あなたと同じレベルでも5と書く人はたくさんいますよ。」

と言われ、本当にビックリしました。

 

「あなたと同じレベルで、

僕の英語力は素晴らしいんだ!と言う人もいます。

日本人はみんな自己評価が低くて驚きます。」と。

 

私と同じレベルで5をつけるなんて、

なかなかすごい自信家だなと感心しましたが、

(「本気ですか?!」と聞きたいくらい。笑)

 

でも世界中からのたくさんの留学生を教える先生が言うのだから

本当にそうなのでしょう。


一歩間違えると自惚れ屋さんで自信過剰のようにも思えますが、

逆に日本人は自己評価が極端に低く、

卑屈に見えるのだということを知りました。

 

f:id:yuko-k-ami:20181103001441j:image

ニュージーランド アカロアにて。)

 

そんなクラス分けの後、

しばらく学校に通っていますと、

ある時先生の家でパーティがあり、

学校のみんなが集まり楽しく過ごしたのですが、

 

そこにピアノがありました。

 

私がピアノが弾けると知っていた先生や友達から

「弾いて〜」と言われたのですが、

ザ・日本人な私はそそくさと逃げました。笑

 

すると私より20歳ほど年下の中国人留学生(17歳)から、

とても真剣に、

「恥ずかしがらないでもっと自分を表現することを

楽しまなくちゃ!」と言われました。

 

お互い留学生で、お互い同じくらい英語が下手でしたから、

熱く語り出した彼の英語は途中から崩壊し、

中国語混じりでさっぱり何を言っているのか

わからなかったのですが、

 

とても真剣に一生懸命、

「自信を持って。」と言ってくれているのを感じました。

 

言葉は理解できなくても想いは伝わるものですね。

 

 

言葉は分からなかったですが、

その時の一生懸命に伝えようとしてくれた気持ちを

つい自信がなくなる時に、今もよく思い出します。

 

真っ直ぐなあの気持ちに私は今も励まされます。

 

あんなに真剣に面と向かって

自信を持って!と言われたことはないです。

 

20歳も年下の若者に何がわかるのかと言えばそれまでですが、

 

立場的にも、個人的にもどちらが上も下もない

一人の人間として真っ直ぐに話してくれたから

届き響いたのだと思います。

 

アドバイスやメッセージって、

尊敬できない人に上から言われたり、

裏に何かがあると届かないですし、心に響かないものですが、

本当に真っ直ぐだと届くものです。

 

 

私たち日本人は謙虚さが美徳で、

その影響か自己評価が低めになりがちなように思いますが、

 

単純にもっと自信を持って

自分を高く評価してあげてもいいように思います。

 

よく自己評価が低く自信が持てないと悩む人もいますが、

あれこれ分析するより、

理屈や正論を学んだり語るより、

単純に「私ってけっこう素晴らしい!」でいいのでは。

 

どうやって自信を持つの?と考え過ぎないで、

能力や才能を他人と比較しないで、

「私もいいところがいっぱいあるな〜!」で

いいのだと思います。笑

 

そうして気楽に自分であることを楽しんでいきたいですね♪

 

あなたも私も素晴らしいのです。(^^)

 

 ………………………………………

 

☆↓ 2つのブログランキングに参加しています。

クリックして応援していただけるととてもうれしいです♪
(それぞれ1人1日1回のクリックがカウントされるそうです。)

 

アカウントなどなくてもどなたでも大丈夫です。

クリックするとこのブログが今何位か見られます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

 
人気ブログランキング

 

 

☆最新のセミナー情報は最新ページでご確認ください

→「前向き気づき日記」

 

☆2018年10月11月のセミナー

10月21日(日)大阪「幸せを生きる」*満席

10月28日(日)大阪「瞑想セミナー」*満席

11月10日(土)東京「幸せを生きる」*満席

11月11日(日)東京「瞑想セミナー」*満席

 

「瞑想セミナー」の詳細・お申込み ↓
 
セミナー幸せを生きる」詳細・お申込み ↓

 セミナー「幸せを生きる」開催のお知らせ 2018年10月11月 - 前向き気づき日記

 

セミナーのご紹介ページ(過去の会場の写真あり)↓

「瞑想セミナー」「幸せを生きるセミナー」のご紹介 - 前向き気づき日記

 

次回のセミナーは2019年2月3月くらいに開催予定です。

(1月〜4月の間になる可能性も。)

セミナーも企画中です。

開催のひと月からひと月半前にこのブログの最新記事でご案内し、

受付を開始いたします。

 

☆プロフィール ↓

瞑想歴23年 和歌山市在住 北山裕子

東京や大阪を中心に瞑想セミナーを主催。 エネルギーヒーラー。

23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で

潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と

会話ができるようになりました。

詳しいプロフィールはリンクをクリックして読んでみてくださいね。

プロフィール - 前向き気づき日記

 

☆初めて瞑想で潜在意識とつながった時のお話しはこちら。↓

前編 「摂食障害から瞑想で潜在意識と出会う ~拒食症・過食症 前編 - 前向き気づき日記」

後編 摂食障害から瞑想で潜在意識と出会う ~拒食症・過食症 後編 - 前向き気づき日記) 

 

☆遠隔ヒーリングのご案内 ↓

エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

エネルギー・ヒーリングのご感想 - 前向き気づき日記

 

☆これまで4年半の間毎日アップしていたブログ↓

「前向き気づき日記」

同じタイトルの別ページです。

 

facebookはこちら↓

フォロー、友達申請はお気軽に。

(乗っ取り対策のため、必ずブログを見たとメッセージをお願いします)

www.facebook.com