前向き気づき日記

瞑想歴28年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

不公平感と無価値観から自由になる〜与える人と受け取る人

今日は、

与える側の人と、

ただ受け取るだけの人も、

同じだけ価値があり素晴らしい理由のお話です。

 

役立たずな自分が情けないと感じる方や、

こんなに与えているのに見返りが少なく

なんとなく不公平だと感じる方は、

 

ぜひ読んでみてくださいね。

 

その無価値観を解消するために

何に気づけばいいのかや、

不公平感を解消するために

何をすればいいかもお話しします。

 

このことに気づき、

もっと楽に人生を楽しみましょう(^^)

 

 

人には色んな人がいて、

 

例えば、

人に何かしてあげることや、

与えることが好きな人、

助けが必要な人のお世話するのが好きな人もいれば、

 

そうしたことを素直に受け取るのが

上手な人もいます。

 

ありがとう〜!と素直に喜ぶ笑顔は、

人を幸せにしますよね(^^)

 

 

こう書くと、

なんだか与える側ばかりが損をして、

受け取る側は何もしないでずるいと思ったり、

 

与える人が豊かで成熟した人で、

受け取るだけの人は心が貧しく未熟な人

と感じるかもしれません。

 

 

確かに、与えることで

人は本当の豊かさや幸せを感じますが、

 

でも別の見方をしますと、

 

何もしないでただ喜び

素直に受け取るということができる人は、

 

ある意味とても自己肯定感が健やかで、

どんな自分でも愛されると心を開いている人、

自分を愛し、自分や人を信頼している人

とも言えます。

 

だって、

「人から与えられるだけで何もしない自分」でいることを

受け入れるというのは、

 

極端に言えば、

役に立たない自分で、

人から保護されたり、お世話になることを受け入れる

ということでもあるのですから。

 

そんな自分でも受け取る価値があると

わかっているからできることですよね。

 

これはできない、

そんな自分は情けない、屈辱だ、

と感じる人も多いのです。

 

でもそれを、人をいいように使おうなどではなく、

子供のように素直に喜ぶことができるのは、

自己肯定感や自分への信頼が厚いのです。

 

 

逆に、与えることで喜びを感じる人の中には、

 

与える自分は価値があるが、

役立たずな自分には価値がないと思っていて、

 

価値がある自分でいたいから、

人に与えて喜ばれようとする人もいます。

 

 

ですからどちらだから良い悪いとは言えません。

 

どちらであっても、

健やかな意識状態であれば、

どちらも同じように素晴らしいことなのです。

 

 

でも今の社会では、

与えるほうが上で優れていて、

受け取る側は下で、

 

なんなら、

「与えていただいてありがとうございます」と

頭を低くして服従しなければならないような感じさえ

あったりします。

 

例えば、お店でお金を払う人が上とか、

会社でお給料をいただいているのだから

無理をしてでも働かなければとか、

家庭では稼いでくる人が上、という感じです。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(フィンランド ヘルシンキの花屋さんにて)

 

でもこれは今の社会の大きな誤解、

間違った価値観です。

 

何故なら、

与える人は、与えることで喜びや満足感を

もう受け取っているのですから。

 

そしてその満足感を得るためには、

誰かが受け取ってくれないと、

そうさせてくれないと、

その満足感を感じることができないので、

 

受け取ってくれる人がいてこそ可能なので、

受け取ってくれてありがとう、なのです。

 

 

ということは、

受け取る人は、受け取るという役目をしている人で、

それだけでもう価値があるのです。

 

笑顔で受け取ることが、

その人のその時の存在価値なのです。

 

無価値観を感じる人はそのことに気づきましょう。

 

 

そして与える側の人が、

自分ばかり損をしていると感じたり、

自分が上だと言いたくなり、

 

受け取っているものに気づけず

ストレスを感じ歪んでしまうのは、

我慢や無理をして与えているからです。

 

もしそうであるなら、

それは受け取る人に有り難がれというのではなく、

無理や我慢を自分がやめる事です。

 

それが健やかで幸せな人間関係である方法です。

 

 

これはずっと常に

与える側ばかり、受け取る側ばかりではなく、

 

時と場合、相手により変化したりします。

 

ですから誰かにとっての自分は与える側で、

また別の状況や相手では、

自分が受け取る側だったり、

 

時には自分が体調不良でしばらくずっと

受け取る側だったり、

子育てや介護などで与える側が

しばらく続くこともあるかもしれません。

 

でもそんな時でも、

例えば与えた時に言われるありがとうの笑顔を

受け取っていたりします。

 

そうして世界は回っています。

 

もちろんその立場が嫌なら、

無理をしなくていいのです。

 

 

でも今の社会では、

平等であるべきという考えが強く、

 

受け取ることも与えることも

常に均等でなければおかしい、

自分は損をしていると考えたりします。

 

ここで思う均等は、

例えばお金や出された食事など、

目に見えるものをどれだけ受け取ったか?

で決めていて、

 

感謝や笑顔、その役割をしてくれたことなどで

心が満たされることは計算外です。

 

だからおかしくなるのですね。

 

 

素直に受け取ることで

人に幸せを与えている人もいます。

 

目に見えて計れるものだけで

与えた、受け取ったと計算しないで、

 

人は存在するだけで

相互に与え合っているのだと気づけば、

人はもっと楽に幸せに生きることができるでしょう。

 

そのためにも、

我慢や無理をして与えようとしないこと、

我慢や無理をして

受け取らないでいようとしないことです。

 

そのコントロールを手放すと、

もっと楽に幸せになることができますよ(^^)

 

 

人にはそれぞれ役割があります。

 

それをすること、

自分であることで

人を幸せにできることがあるのです。

 

それが自分の価値です。

 

同じものを同じだけ、と求めると辛くなります。

 

このことに気づき、

もっと楽に、与えることも受け取ることも喜びながら、

みんなで幸せを生きましょう(^^)

 

明日もそんな与えあう喜びに気づく一日を。

 

プロフィール 北山裕子

プロフィール・お問合せ - 前向き気づき日記

摂食障害を治すために瞑想を始め、瞑想歴28年。

現在、遠隔でのエネルギーヒーリングや、

オンラインで瞑想セミナーや

個人セッションをさせていただいています。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

<オンライン個人セッションと遠隔ヒーリングのご予約状況>

12月〜1月20日までご予約で満席です。

1/21以降で日時の範囲を広げてお問い合わせください。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

遠隔ヒーリングのご感想

遠隔エネルギーヒーリングのご感想3〜2023年 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪