前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

優しい人間関係を作る方法〜人の心に届く言葉 

今日は、日常の中で、人間関係で、

また仕事や人生の岐路でも大事なものである

言葉についてのお話です。

 

口下手でいつも言いたいことがうまく言えないとか、

一生懸命伝えているのにわかってもらえない

と思うことがある方に、

ぜひ読んでみていただければと思います^ ^

 

 

人の心に届く言葉、響く言葉、

人の心を動かす言葉ってどんなものだと思いますか?

 

例えば人に自分の思いを伝えたい時、

自分の主張を理解してほしい時、

お願い事を聞いてほしい時などに、

 

私はたちはつい、正論を言ってしまいがちですが、

 

正しさでは人の心に響かなず、

動かないものです。

 

 

「こうするべきだ」

「こうであることが正しい」というようなことは、

それがどんなに正しくても、

 

言われた人はあまりいい気持ちにはならず、

心が閉じてしまったりします。

 

頭や思考では理解しても、

 

心が閉じると思考も抵抗し、

人は動きませんし、

 

理解することができなかったり、

本意がうまく伝わらなかったり、

拒否されたりします。

 

 

「正しさ」のイメージを絵にすると、

四角い感じがしませんか?

 

四角いということは角があって、尖っていて、

しかもなんだか固そうな感じがします。

 

四角くて尖っていて、固いものを、

心という柔らかいものに

 

相手から押し付けられたり、

ぶつけられたり、

時にはねじ込まれたりすると、

 

それは誰だって嫌だし、

受け取り拒否したくなりますし、

 

迷惑に感じたり、

怖くなって心を閉じますよね。

 

 

ですから相手にわかってほしい時、

自分の思いを伝えたい時、

相手に良かれと思ってアドバイスする時でも、

 

正しいこと、正論を言ってもうまくいかないことが多く、

むしろ逆効果になったりします。

 

 

そんな時は、

もっと違うこと、

 

あたたかいもの、

丸くて、柔らかいものを、

 

投げつけずに、

手のひらに乗せてそっと差し出してみましょう。

 

別に受け取らなくてもいいですよ〜

でもこんなものもありますよとお見せする、

くらいの感じですね。

 

 

あたたかいもの、言葉は、

まあるくて、

ホッとするような温もりがあって、

トゲトゲしていなくて角がなく、

 

ふにゃふにゃに柔らかくて、

手で持つとプニョっとして、

 

柔らかいので、

「こうでなければ」という形や枠もなく、

変幻自在です。

 

 

そんなものが差し出されたら、

興味がなくてもちょっと手に取りたくなりますし、

 

触ってみたら気持ちがいいので

ブニョブニョと手触りを楽しみたくなり、

 

なんだかいいな〜と気に入って、

もらってくれたりするのです。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(北海道 帯広のガーデンにて。)

 

そんなあたたかい言葉やあたたかいものを

人は感覚的に見分けていて、

知っていて、

 

どんなにソフトな言い方をしても、

 

それが正論を通そうとする四角いものなのか、

優しくあたたかいブニョブニョのものなのかを

言葉以外の部分で感じとり、

 

瞬時に心が開いたり、

跳ね返したりしているものです。

 

 

例えば、いつも仕事仕事で留守がちで、

夜遅くに帰ってきて寝るだけの夫がいるとして、

 

その時に、

「たまには家族サービスをするものだ」

「普通は週に何度かは〇〇を手伝うものだ」

「子供がかわいそうだ」などと、

もっともらしいことや正論めいたことを言うより、

 

「あなたが忙しくて頑張っているのはわかっているのだけれど、

でもちょっと寂しかったんだ」

「あなたと一緒にご飯を食べると美味しいな〜」

と伝えた方が、

相手に届きますよね。

 

 

人はつい、人に何かを伝える時、

根底にある「自分は正しい」という思いから、

正論を言いがちです。

 

本音のプニョプニョで弱い自分を見せることが、

ちょっと恥ずかしかったり、

カッコ悪く感じたり、

そんな自分を冷たく突き放されたりしたら

傷つくのが怖いので、

 

正論で別の言い方をしてしまったりするのですが、

 

そうではなく、勇気を出して、

自分のままで、

自分の中のふにゃふにゃな自分を出して伝えると、

相手の心に届くのです。

 

だってそれは体温を感じられるあたたかいものですから。

 

 

そんなあたたかい自分を

普段から表に出して生きていると、

 

大切なことを伝えたい時にも、

その自分で伝えることができ、

相手の心に響くものです。

 

 

日常の中で、人の言葉でも、映画や小説などでも、

ちょっと意識をして聞いてみると、

 

あ、今のは正しさから出た四角くて固いものだな、

今のは温もりがある柔らかいものだ、などがわかり、

 

おもしろいですよ。

 

 

そしてあたたかい言葉で話すようになると、

あたたかい言葉で話す人と付き合うようになったり、

 

周りの人も段々と

あなたが四角くて固いものを投げてこないとわかると、

安心してふにゃふにゃの自分で話してくれるように

なってきます。

 

すると人間関係は優しくて心地いいものになっていきます。

 

 

今年はそんなあたたかい言葉を話す人になってみませんか?

 

そうなるには、

日頃から自分がどんな言い方をしているのか、

何がベースにあるのか?を意識してみたり、

 

耳に入る会話や本などから、

あたたかい言葉を拾って、

いいなと思うものをたくさん見つけていくといいですよ。

 

そしてそれを見習っていきましょう。

 

そうして丸くて優しい自分で、

丸くて優しい人たちに囲まれ、

あたたかな関係を作っていきましょう(^^)

 

明日もそんな一日を♪

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

京都暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪