前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

2023年流れに乗って生きるには〜高次からのメッセージ

今日は、ブログを読んでくださる皆様へ、

2023年がどんな年となるかのメッセージを

お伝えしたいと思います(^^)

 

このブログに繋がってくださった方へ、

この一年を通してのポイントや流れについて

届いたメッセージです。

 

私は占い師でも預言者でも霊能者でもありませんが、

瞑想で高次元の存在である大天使メタトロンに繋がって

チャネリングでいただいたメッセージです。

 

よろしければぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

 

 

まず届いたイメージは「ほどける」です。

 

一人一人にとって、

ずっと昔から固く結ばれ、自分を縛ってきたものが、

この数年で少しずつ緩み始めてきました。

 

それは自然に緩んだものもあれば、

意識的に緩める方向に、

自分で選択し、実践してきたこともあったと思います。

 

今年はそれを更に緩め、

結び目がほどける流れにあるようです。

 

その準備が整った人は、

いよいよ緩んだ結び目がとけるタイミングが来るでしょう。

 

これは自分らしく生きる、

ありのままの自分を受け入れ生きる、

本当の自分を受け入れる、ということの

 

最後の恐れ、砦を越えるということです。

 

これを越えると、人生はずっと自由になり、

大きく広がるでしょう。

 

 

緩みながらも、まだ自分の意識に絡んでいるものを

最終的に手放すには、

 

自分の真実の姿、本当の心を、

正直に見る必要があります。

 

これをすんなりと超えていく人もいますが、

ある人たちにとっては勇気の必要なことかもしれません。

 

何故なら、

本当の自分、ありのままの自分の気持ちに気づいてしまうと、

それを認めてしまうと、

 

まだ自分には準備ができていないのに、

否応なしにその流れに乗り、

その変化に対応しなければならなくなるからです。

 

そのことを潜在的に知っていて、

だから本当の自分に気づくこと、見ることが怖くて、

見ないでいたいと潜在意識で思っているかもしれません。

 

そういう人は思う以上にたくさんいるのです。

 

 

なので、これまで

少しずつ固く自分を縛ってきたものを少しずつ緩め、

少しずつ自分の思うこと、意思や信念を大事にし、

自分をきつく縛ってきたものを緩めてきました。

 

昔に比べると、

随分自分らしく生きられるようになってきたでしょう。

 

でもまだ、長い間自分を縛ってきたものは

自分の行動や意識、価値観、

思考や感情、肉体レベルにもまとわりついていて、

 

行動を起こそうとする時や、

いつもとは違う決断をしようとする時、

自分にもっと正直であろうとする時に、

 

その縛っていたロープが

キュッとしまったりするのです。

 

 

今年はその普段は緩くなった、

でもまだ自分にまとわりついているロープの結び目を

ほどく時です。

 

結び目を解くと、

もうロープは、

何か新しいことをしようとするあなたを

締め付けることはできません。

 

ロープは足元にあったとしても、

それは脱皮した抜け殻のように、

見えていてももうあなたとは別のもので、

置いていけるものとなります。

 

 

ロープの結び目がゆるくてもまだあるうちは、

不安や恐れが湧くたびに、

キュッとしまって私たちを縛り、

 

元の自分、古い自分に戻らせようとします。

 

元の自分、古い自分とは、

 

常識からはみ出さないように、

みんなに嫌われないようように、

という基準で行動したり、

 

みんながそうしているのだから、

この会社ではこれが常識だから、

結婚したらこういうものだから、

女性(男性)だから、母親(父親)だから、

 

みんな我慢しているのだから、

こうするべきだから、

というような枠に自分をはめようとして、

 

そこからはみ出さないように、

 

自分の正直な気持ちや考え、思いではない、

周りの価値観や常識を優先して生きてきた自分です。

 

 

でもいくらそれに忠実に生きても報われない、

幸せにはなれないともうよくわかったので、

 

多くの人が本当の自分を大事にして生きることを

始めてきました。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(トルコ カッパドキア)

 

そして今年はいよいよ、

多くの人がその最後の結び目をほどく流れにあります。

 

それは本当の自分を生き、

幸せに豊かに生きることへのパスポートですが、

 

でも先ほど書きましたように、

本当の自分、ありのままの自分の気持ちに気づいてしまうと、

それを認めてしまうと、

 

まだ自分には準備ができていないのに、

否応なしにその流れに乗り、

その変化に対応しなければならなくなると

潜在意識で思っていて、

 

それが怖くて、

本当の自分に気づかないふりをしていたり、

目を逸らして逃げたり、

時間がないと後回しにしていたりします。

 

 

でもそんな私たちを、

多くの愛と光の存在たちが見守り

サポートしてくださっています。

 

この最後の結び目をほどくことは、

本当の自分を生きることで豊かに幸せになるために

避けては通れないもの、必要不可欠な通過点です。

 

これを避けて、次のステップにへ進めません。

 

そして大抵の人はみんな、それが怖いものです。

 

 

でも大丈夫ですよ。

 

どんな人もその道をまっすぐに進んでいくことができるよう、

あなたを高次元の存在たちが

いつも見守りサポートしてくれています。

 

このサポートを最大限に受け取る

最もスムーズな方法は、

 

自分に正直であることです。

 

それがあなたが最も無理なく、

健やかにこのことを超えていく方法です。

 

そうして選択する時、行動する時、生きる時に、

あなたをサポートしている高次元の存在たちは

あなたを全力でサポートでき、

あなたはそれを受け取ることができるでしょう。

 

 

自分に正直であることは、

わがままでも自分勝手でもありませんし、

 

自分の思いを人に押し付けたり、

理解するよう要求したり、

 

自分の信じる正しさを

人にわからせようとすることでもありません。

 

たまにそこを混同する人がいますが、

 

どんなに自分が良かれと思うことでも、

相手の選択や行動、考え方は

相手の自由だということを忘れないでいましょう。

 

これは人に対してだけではなく、

会社や世間、社会、世界に対しても同じことです。

 

 

私たちがすることは、

本当の自分に正直であることです。

 

それは言い換えると、

自分の魂の望みに沿って生きるということです。

 

エゴや不安や恐れから生まれる考えや、

こうあるべきというものに沿って生きるのではなく、

 

〜だから仕方ない、と簡単に諦めないで、

自分の魂の望みに正直に生きることです。

 

 

それが忠実であるほど、

愛と光の存在たちとあなたは調和し、

 

自分自分の内側とも、

周りや世界、宇宙とも調和し、

 

物事は美しく流れ、

気づけばもうあなたは結び目がほどけ、

 

今まで知らなかった自由と安心の中で

生きるようになるでしょう。

 

 

今年はそんな大きな解放につながる年になる人が

どんどん増え、

その流れが加速するでしょう。

 

そうなるかどうかは、

あなたが自分に正直に生きるかどうか、です。

 

焦る必要はありません。

 

でもどんな時も、不安や恐れではなく、

魂の本当の望みに忠実であることを

忘れずに生きることです。

 

そうすれば自然と結び目はほどけ、

真に新しい自分、世界を生き始めるでしょう。

 

 

高次元の存在たちは

いつも魂に沿って生きる私たちをサポートしようと

待っています。

 

そのことを忘れずに、

あなたが生きたいと思う流れに飛び込んでいきましょう。

 

あなたにとって2023年が

ますます自由に自分を生きる年となりますように(^^)

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

京都暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪