前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

魂が望むことを思い出す~瞑想をする理由

今日も穏やかな秋晴れが続く心地よい一日でした。

 

少し前に湿度と直感について書いたと思いますが、

 

空気中の湿度の違いにより、

自分の感覚の冴える方向や無意識での使い方、反応が

変化しているのを感じたり気づいたりし、

おもしろいなと思います。

 

そんなちょっとした気づきや発見が、

色んなことを学んだり経験を重ねていく中で

思いもよらない理論やデータ、研究などとつながり、

 

あ、これはこういうことか!と

つながったりすることがよくあります。

 

人間としてもう何十年も生きているのに

人間についてまだまだ知らないことだらけで、

興味は尽きないものですね。

 

 

さて、私はいつも「瞑想セミナー1」の最初に、

瞑想をしてみようと思った理由を大切にし、

その根本にあるものを忘れないでくださいと

お話しします。

 

それは色んな意味があるのですが、

今日はその中の一つのお話です。

 

 

私にとっての瞑想を始めた理由は、

25年前に接触障害を治したいからでしたが、

それは表面に現れている理由で、

 

何故接触障害を治したいのか?と言えば、

普通に食べられるようになりたかったからで、

 

何故普通に食べられるようになりたいのか?と考えると、

 

怖くて少しも食べられなかったり、

異常に食べ続けて止められなかったりする時に感じる

罪悪感や恐怖、無力感、恥じる気持ち、情けなさなどを

どうにかしたいからであったり、

 

食べること、食べないことに全てを支配され、

一日中そのことに振り回されている状況から

解放されたいからであったり、

 

単純にガリガリでもなく、太ってもいない

自分なりのベストな状態に戻りたいから

であったりしました。

 

 

更に、何故罪悪感や無力感、振り回している状況から

解放されたいのか?と考えてみると、

 

その状態が苦しいからで、

 

そうして何故?何故?と繰り返していくと、

 

ああ、私は幸せになりたいのだ、

自然な私のままの幸せな状態でいたいのだ、と

気づきました。

 

 

表面的には、過食症の時なら

痩せたい、元の体重に戻りたい、というのが

願いだと思っていましたが、

 

どうしてそうなりたいのか?と考えると、

 

何にも囚われずに自分らしく幸せだと感じられる自分に

なりかったのだ、と気づきました。

 

単に異常な食への囚われから解放され

痩せられたらいい、戻りたいと思っていましたが、

 

そのことに向き合っていく中で、

女性であることにより受けた

傷や、怒り、悲しみなどにも気づき、

 

そこから私の自分を知る旅は始まりました。

 

 

その時は本当に辛かったですが、

今となってはその経験がない人生より、

ある人生でよかったと思っています。

 

どんな辛い経験も後になるとそう思うものですね。

 

その経験のおかげで、幸せになりたいなんて夢は、

とっくに自分は諦めたと思っていましたが、

 

どんな悲しみや辛さの奥底にも、

幸せになりたい、自分のままで幸せだと感じて生きたい

と願う想いがあるのだと知ることができ、

 

それに気づいた時にやっと

自分の魂を感じることができました。

 

 

その後、それよりもっと辛ことや苦しい経験も

たくさんありましたが、

 

それでも状況によって味わう

悲しみや罪悪感、無価値感などが

どんなに私を飲み込んでも、

 

なんとか乗り越えることができました。

 

 

辛すぎて瞑想なんてやる気力もないと思う時も、

自分が大嫌いで許せなくて

生きることが罰のように感じた時も、

 

投げ出さずになんとか生きることができたのは、

それまでに瞑想から気づいたことの

おかげだったと思っています。

 

f:id:yuko-k-ami:20201025234606j:image

 

人は、どんなに怒りに飲み込まれても、

自分を許せなくても、嫌いでも、

人を恨んでも、嫉妬しても、

辛すぎて死んだほうが楽だと思っても、

もう生きることなどどうでもいいと思っても、

 

それでも魂は生きることを望んでいるように思います。

 

例えば、自覚している顕在意識が死にたいと思っても、

潜在意識すらそれに同意していても、

 

魂は魂を生み出した神様や宇宙の根源とつながっていて、

一つで、

 

そのつながりがある限りは、

魂は純粋にただ生きることを望むように思います。

 

ただそのつながりが細く薄くなりすぎると、

そのことが分からなくなるのだと思います。

 

瞑想をしていると、特にそんなことは何も考えていなくても、

自然とそのつながりが深まって強くなるようです。

 

 

昔は幸せなんて贅沢なものは私には望めない、

と何度も諦め、

いつになったら死ねるのかな、

早くその時がこないかなと思っていました。

 

そんな私でしたが、

そんな想いの陰に隠れて、ひっそりと、

一言も何も言わず、

ただ黙って魂は一つの想いを持ち続けていました。

 

持ち続けていると言うか、

それが魂そのものなのだと思います。

 

 

人は色んなことを考えすぎて、

あれこれと気にして、

物事を複雑に難しく考え、

勝手に苦しんでいることが多いようです。

 

でも魂の望みはシンプルに、

自分のままを生きること、

そんな自分で今ここを経験し味わうことだと思います。

 

 

瞑想を始めよう、やってみたいなと思った理由は

人それぞれだと思いますが、

 

その理由に、何故そう思うの?と

何度も何度も問いかけてみると

その奥にあることに気づくと思います。

 

その答えはその先の人生の支えになりますし、

 

魂のつながりを感じ、深めることで、

人生で迷子になることがなくなり、

生まれてきた理由を知り、

忘れずに生きていけると思います。

 

それは自分を生きることを助け、

幸せを生きる道へとつながっています。

 

 

きっと地球に生まれるレベルの人は、

幸せで、人生ずっと順調で、

何も問題やストレスもなく、

夢は全部叶って、ずっと情熱があふれ思い通りなら、

 

瞑想などしようと思わない人が多いでしょうし、

自分の奥深くと向き合ったりもしないでしょう。

 

私が25年も瞑想をしてきたのは

そんな人生ではなかったらからで、

だから色んなことに気づくことができ、

学ぶことができました。

 

やはり問題や困難に感じることはギフトだなと思います。

 

 

今は辛いことがなくても、

 

自分と向き合って手放した方がいいことに気づいたり、

見ていないものがあることに気づいたり、

 

傷つかない安全地帯から飛び出して

自分の可能性に飛び込んで行ったりすることが、

 

興味深い、楽しいと思うようになったので、

 

自分や人間に興味を持って、

自ら学ぶことが増え、

 

毎日が発見の連続でおもしろいなと思います。

 

 

そんなことに気づかせてもらえた経験と、

瞑想をしようと思った根底にあった理由を、

 

これからも忘れないでいたいなと思います。

 

みなさまも瞑想に興味を持った理由や、

やってみようと思った理由を一度深く見つめなおし、

 

それを忘れないでいてくださいね。

 

それはきっと本当の自分やこの人生の意味を

思い出させてくれると思います(^^)

 

 p.s.

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

ランキングのクリックやはてなブックマークの応援から、

書き続ける大きなエネルギーをいただいています(*^^*)

みなさまとのつながりに感謝をこめて。

 

 

2020年秋 瞑想セミナー 

詳細・お申込みはこちらから。↓

オンライン瞑想セミナー2 - 前向き気づき日記 

オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記