前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

新しい視点を持つ思考の広げかた

これを書き始めた今は21時すぎなのですが、

窓を開けていると優しい葉擦れの音が聞こえる

静かな夜となりました。

 

肩や首、背中、腕のあたりの力抜いて

机の前に座り、

 

部屋が呼吸をするのに合わせてゆったりと呼吸をし、

意識を広げたら、

 

今度はその感覚をキープしたまま

自分の内側深くに意識を向けつながりを感じます。

 

すると私の魂とつながり、

自分の内側、魂、凪いだ湖面が

鏡のようにただ映す場所にいます。

 

私はこの状態でここからよくブログを書いています。

 

 

こうして文にするとちょっと無理があって、

例えば、映す場所ってどこ?どんな場所?とか、

何を映すの?とか、

魂って何?など、

 

色々定義や説明が的確に言葉にできなくて、

どんなに正確に表現しようとしても

言葉にする時点で矛盾や無理が生じます。

 

それでも言葉にしなければ人には伝わらないので、

いつもなんとかできるだけ

歪めないようにそのままに書こうと

精一杯言葉を選んで書いています。

 

そんな時は、

言葉通りに分析して頭で理解すようとするより、

みなさまの心の奥の鏡に

そのまま映るといいなと思っています。

 

 

私はセミナーでできるだけ理論的に

頭でも納得できるようにと

お話するようにしている(つもり)ですが、

 

それは納得できた方が受け入れやすく、

受け入れることで実際に使いこなせたり、

練習や実践もやる気がでやすいからです。

 

私自身も系統だって学ぶことは好きで、

元々は理論的に考えるタイプです。

 

例えばピアノやバレエなどでも、

ただもっと練習しましょうと言われるより、

 

何故思うように弾けないのか、踊れないのかを考え、

理論的に自分に合わせた練習方法を考えることで

効率よく磨くことができました。

 

なので理論的に考えることは

とても大事だと思っています。

 

でも同時に感覚の大切さもとても実感しています。

 

 

世の中には理論的な人と感覚的な人がいて、

もちろんみんなそのどちらも使っているのですが、

 

それが例えば2対8だったり、6対4だったり、

人により様々です。

 

それはきっとなんとなくわかると思うのですが、

普段の生活や仕事、人間関係などの中で、

何か問題があった時に、

 

自分はどちらに傾いているか?

どちらに重心を置いて使っているか?を意識してみると、

 

そういう時ほど、

普段より片方に偏っていることに気づくかもしれません。

 

そんな時は反対側をあえて使うようにしてみると、

今まで気づかなかった解決策や物の見方ができたり、

そんなに悩まなくてもいいと気づいたりするので

おすすめです。

 

f:id:yuko-k-ami:20201024231850j:image

(シアトル グリーンレイクにて。)

 

 

例えば、理論的に納得したい性格で、

それを追求していくことで

わかること、見えることもたくさんあるのだけれど、

 

最後の最後はそれを緩めて

感覚を信頼してみると、

突破できなかった扉が開いたりしますし、

 

逆に、感覚ばかりの人が行き詰った時に

理論で越えていくこともあります。

 

なのでどちらも大事なのですが、

 

でも例えば、理屈で考える人は、

感覚を使うのが苦手だったり、

感覚派の人の話は受け付けなかったりしがちですし、

その逆もありますね。

 

でもそのままだと、大事な時に使い方が分からなかったり、

自分を信頼できなかたりしますから、

 

普段からちょっとした時に、

自分が普段使わない方を使ってみて、

使うことに慣れておくといいですし、

 

そうして使うことで今までうまくいかなかったことが

すんなりと流れるようになるかもしれません。

 

 

私たちの能力は、自分で思うよりずっと豊かで、

バラエティも豊富です。

 

理屈の枠を超えるには?と、

理屈で考えていると越えられないかもしれませんが、

 

直感や感覚、可能性に心をオープンでいることなど、

様々な方向があると受け入れ、

なんでも楽しんで使ってみようとすると

ずっと世界は広がりおもしろくなります。

 

これは何歳になってもそうですね。

 

 

そしてそんな色んな方法を使ってもうまくいかない時は、

 

初心に戻って、

ただひたすらコツコツやる、ということで

突破、飛躍することもあると覚えておきたいところです。

 

 

今日はちょっと抽象的なお話になりましたが、

 

私たちの引き出しはたくさんあり、

新しく作っていくこともできるのだと知っておくと、

 

これからの新しい時代を生きていく時に

とても役に立つと思います。

 

世界はどんどん変化していて、

 

今までのやり方にこだわったり、囚われていると

うまくいかなかったり、

前に進めなくなったりします。

 

そんな時に大事なのが柔軟性と、

客観的に捉えて枠の外で見る力です。

 

 

例えば、理不尽だとか、

どう考えてもおかしい!と思う時、 

 

納得できないから嫌だ!

どうしても頭で理解しなければ気が済まない、などと

こだわり過ぎないで、

 

今の自分の枠の中では理解できないけれど、

可能性はあるのかも、と受け入れたり、

 

今とは違う視点は?、枠を外から見るには?

と考えてみたり、

 

それをそのまま味わってみたり、

それもありかも、と受け入れてみたりしながら、

 

楽しんでいくと自分の世界が広がり、

どんどんおもしろくなると思います。

 

 

今日は何故こんなお話になったのか

自分でも不思議なのですが、笑

 

私の内側の湖面に映っていたことを

抽出してみました。

 

湖面に映るというのは感覚的な例えで、

別に本当に心の湖に

文字が見えたり映像が見えたりするわけではありませんが、

 

言葉で表現するとそんな感じなのです。

 

 

このお話、本当に必要な人がいるの?

と思いながら書くことも多々ありますが、

(それが自分にとっては大きな気づきだったとしても。)

 

よく「今の自分に必要な内容だった」

「ピッタリの話だった!」と言われるので、

(本当に人と人って無意識でつながっていますね~!)

 

どなたか必要ながいらっしゃるのかなと思ってアップします。

部分的にでも何か参考になることがあればいいなと思います。

受け取っていただけるとうれしいです(^^)

 

 

書き出してからちょうど3時間で、

只今日付が変わったところで、時間ピッタリです♪

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

 

 

2020年秋 瞑想セミナー 

詳細・お申込みはこちらから。↓

オンライン瞑想セミナー2 - 前向き気づき日記 

オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記