前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

幸せのレール 

昔、親がひいたレールの上を歩くのはイヤだと思ったり、

親の希望に沿って生きるのが窮屈に感じたり

したことがある人もいるかと思います。

 

絵を描いたり、バスケットをしたり、

映画を観たりするような

大好きなこと、楽しいことをするより、

 

いい学校に行くことや、

もっと将来につながる勉強をするように言われたことも

あったかもしれません。

 

女の子らしく、お兄ちゃんらしく、と

言われたかもしれません。

 

そしてそんな型にはめようとする大人に、

抵抗を感じたことがあった人もいるでしょう。

 

 

でも大人になった今、

誰かがひいた幸せと名付けた

お手本のようなレールに沿って歩こうとして、

 

でもうまくそのレールの上を歩けなくて、

自分はダメだ、幸せになれない

と言う人も多いようです。

 

どんな会社に入って、何歳くらいで結婚して、

収入はどれくらいで、どんな家に住み、

子供が何人で、両親に孫の顔を見せ、子供は立派に育ち、

旦那さんや奥さんは元気で気づかいができ、

心配のない豊かな老後を楽しむ。

 

それにプラスして、自分にしかできない

やりがいのある仕事をして周りから評価され、

たまには旅行に行くなど、

 

よく言われる幸せと名前がついたレールを、

歩こうとしてもがいている人も多いようい思います。

 

 

子供の頃はあんなに自由で、

レールなんていらなくて、

自分のしたいように選び行動することが楽しかったのに、

 

どうして大人になると、他人の目や世間の作った鋳型に

ハマりたがるのでしょうね。

 

答えは簡単で、それが幸せだと信じているからです。

 

 

世間の作ったレールを歩けば、

周りからうらやましがられ、

他人から評価され、

誰にも恥ずかしくない自分でいられ、

自分自身も満足できると思っているからです。

 

例えば、20代で名の通った会社に勤める人と結婚することが

幸せだと信じている女性が今でも多いのは、

 

そうなると周りからうらやましがられたり、

勝ち組だと言われたりするからでしょう。

 

そこには親や年配の人など

世間の価値観の影響もあると思います。

 

 

でも、子供がいない、

人並みの家に住んでいない、

収入が少ない、仕事が安定していないなど、

レールから外れると一転して不幸になり、

 

一生懸命レールに戻ろうとしてもがきます。

 

 

私も一度目の結婚をするまではそう思っていましたし、

本当に心からそんな幸せが欲しいと思っていました。

 

それはいつの間にか人に敷かれたレールではなく、

自分のレールになっていました。

 

でも、やってみるとそこに幸せはないことを知り、

 

幸せは形にあるものではないということを知りました。

 

今となってはもう当たり前のことですが、

昔の私はそんなことも知りませんでした。

条件をいくら揃えても幸せにはなれないのです。

 

f:id:yuko-k-ami:20201017003311j:image

(ニュージーランド クライストチャーチにて。)

 

 

幸せは、あそこに行けばあるとか、

こうすれば手に入るというものではなく、

 

ただ幸せにあるだけなのです。

 

それはどんな状況でも関係なく、

今ここで自分が幸せでいる時に、

幸せは自分と共にあります。

 

幸せの青い鳥の例がありますが、

 

幸せは青い鳥ですらなく、

ずっと自分の中にあるもので、

 

どこかにある何かを手に入れる必要はありません。

 

 

どこかに幸せの青い鳥があると信じているから

探して手に入れなくては幸せになれないと思い、

それさえ手に入れれば幸せになれると思いますが、

 

残念ながらそんな鳥は存在しません。

 

残念ながら、ではなく、

幸いなことに、ですね。

 

だってもう探さなくていいのですから。

 

がんばって手に入れる必要もなく、

無理に自分がもっと素晴らしい何者かにならなくても、

幸せにいられるのですから。

 

 

今まで学生時代やいい会社に入るためには、

スキルを身につけることや、資格を取ることが

上に行く条件でした。

 

同じように、何かを手に入れると

幸せが手に入ると考える人は多いです。

 

でも人生はそうではないのです。

そのルールは人生では適応されません。

 

でも多くの人は、結婚でも仕事でも、

こんなにがんばってそれを手に入れたのに、

幸せになれないのはおかしい、と思ったりします。

 

実際は世界がおかしいのではなく、

幸せになるにはそのルールではないだけです。

 

 

世の中は、もっと素晴らしい未来のために、

素敵なパートナーや仕事、老後の資金、家など、

色んなものを手に入れるように急かし、

 

なければどんな大変なことになるかと

不安をあおりますが、

 

それはまるで、あなたはあなたのままだと価値がないと

言っているようなものです。

 

そんなささやきに踊らされないで、

もっと自分やこの世界を信じて生きてみてはと思います。

 



幸せでいるために一番大切なのは、

自分のままでいることです。

 

これは何かを手に入れて幸せになる

という考えとは真逆ですが、私はそう思います。

 

自分が自分のままである心地よさ、

自分が自分のままでいることを受け入れた時の安心感。

 

もうがんばって様々な武器を手に入れ、

争奪戦に参加しなくてもいいのです。

 

そのままで世界を見た時に感じる

世界の美しさや素晴らしさは、

 

「ああ、今私は幸せだな…」と、

自然と湧き上がるものなのだと教えてくれます。

 

 

そんな幸せは、

何かを失くすと消える儚い作り物の幸せとは違い、

自分である限り自分と共にあります。

 

そんな本当の幸せと共に、人生を歩いていきたいなと思います。

 

 

そんな自分のままであるために、

見失った自分を取り戻すために、

 

毎日少しでも一人で静かに内観する時間を持つといいですね。

 

それは幸せにあり続けるためにも大切なことです。

 

人間は周りに影響を受け続けると

揺らぐものですから。

 

ずっと幸せであることからブレずにいるためにも、

揺らぐたびに自分の真ん中に戻るよう

意識するといいですね。

 

 

幸せのレールは、自分の真ん中に向かってのびていて、

 

そのレールはその真ん中を出発点に、

世界中のどんな人生にも自分でひいていけるのです。

 

一度きりの人生、自分のままで幸せに歩いていきたいですね。

 

 

 

2020年秋 瞑想セミナー 

詳細・お申込みはこちらから。↓

オンライン瞑想セミナー2 - 前向き気づき日記 

オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記