前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

魂や高次元からのメッセージを受け取るコツ

今日も秋の日差しが輝く美しい一日でした。

 

仕事の移動中、車を運転していますと、

夕陽が眩しくて前が光に包まれ見えないほどでした。

 

目の前にあるはずの道や街並み、遠くの山も、何もない、

真っ白な光の世界に入り込んだようでした。

 

その瞬間、

過去や先の予定、今の自分の能力や環境など、

すべてから自由になったような、

真っ白な自分のままになったような感覚になり、

 

ああ、この私で生きればいいのだ、と思いました。

 

 

それはほんの一瞬のことで、

車の運転中ですから

ゆっくりと浸っていたわけではありませんが、

 

感じて気づくにはほんの一瞬でもよく、

 

その突然訪れる大切な一瞬を、

感じ気づくことができる自分でありたいなと思います。

 

 

こうした小さな、でも自分にとっては大切な気づきは、

本当の自分とはっきりとつながる瞬間で、

 

魂からのメッセージだと思います。

 

魂やハイヤーセルフからのメッセージが欲しい

と思う方も多いようですが、

 

色んなパターンがありますが、

私は日常的にはこうして瞬間的に感じて気づくことが多いです。

 

答えやメッセージが欲しい欲しいと探している時ではなく、

 

素のままの自分で何も考えず、

自然をそのままに感じ味わう時に

受け取ることが多いです。

 

メッセージが文字や言葉などで来るものだと思っていると、

気づかないかもしれませんね。

 

 

メッセージを送ってくれる高次の存在は、

言葉という枠のない方法で

普段やり取りをしているようですが、

 

それは言葉にはどうしても制限があり、

言葉の理解や受け取り方、定義の微妙なズレ、

言い表したいことをピッタリと伝える言葉がないなど、

言葉には限界があるからというのも

一つの理由だろうと思います。

 

また、言葉で聞いても

「それ前に聞いたことがある」「やっぱりそうなんだ」くらいで

心に響かず、聞くだけ聞いて通り過ぎる人もいます。

 

それだとメッセージをせっかく送っても、

有意義に役立てられないままになってしまいます。

 

f:id:yuko-k-ami:20191105235839j:image

 

言葉の理解や認識の違いでは、

例えば簡単な例ですと、

 

人が「すごかったよ」と言った時、

言い意味なのか悪い意味なのか分からないですが、

 

その時の感動や喜びなど、

胸の震えや湧き上がるものを

言葉を介さずダイレクトに相手に伝えることができれば、

 

誤解もなく、その感動をそのまま相手に伝えることができます。

 

そうしたやり取りを成立させるには、

お互いにその能力が必要です。

 

私たちは心が開いている時には少しできるものですが、

まだ詳細なメッセージを理解するのは難しいですね。

 

でも魂が磨かれ、成長していくと、

そうした能力も少しずつ備わってくるように思います。

 

 

インスピレーションとはその能力の一端で、

昔から多くの人がそれを様々な分野や場面で使ってきています。

 

ですから人はその能力が

多かれ少なかれあるものだと思いますが、

 

魂と深くつながり、

高次元などからのメッセージを受け取っていきたいのであれば、

 

心を開いて、

頭のおしゃべりを止める時間を少しでも作り、

感覚を素直に感じとる練習をするといいと思います。

 

(瞑想はそのためにもとてもおすすめです。)

 

 

そうして受け取るメッセージは、

言葉の枠を超え、

現実の枠を超え、

自分という枠を超え、

 

もうそうなった感覚を瞬時に味わうことで

頭ではなく感覚でリアルに体験します。

 

ですから言葉を頭で理解するよりハートに響き、

無理なことではない、

もう今そうであるのだ、と感じられ、

 

実感できたことでその瞬間から

自分の考えや行動、生き方を変えていきやすくなります。

 

もちろん、変えるかどうかは本人次第で、

 

それでもインスピレーションから離れると、

「やっぱり私には無理かも。」と思う気持ちが増し、

何も変えないかもしれません。

 

ですから結局メッセージを受け取っても、

それですべてうまく行くとは限らず、

最後は自分次第ですね。

 

 

メッセージは受け取ることが目的ではなく、

これからの人生のために役立ててこそです。

 

メッセージを受け取る感覚を磨くことと、

受け取ったメッセージをすぐに自分の人生に反映させること、

この両方を大切にしていくといいですね。

 

そうして受け取ったメッセージを大切にし、

すぐ行動に反映させていると、

 

メッセージは更にやってくるようになります。

 

送る側も、やらない人よりやる人を喜び、

応援したくなるでしょうから、

 

受け取ったメッセージは

先送りにせず、自分の毎日にできることから

反映させていくといいと思います。

 

 

今日は別のお話を書くつもりでしたが、

メッセージの受け取り方についてのお話になりました。

 

これもインスピレーションですね。

後回しにせず、今が書く時だったのでしょう。

 

必要な方に届くといいなと思います。

 

みなさまの毎日が自分らしく輝くものでありますように(^^)

 

 

 

秋のセミナー ♪

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー 満席

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー 満席

10月27日(日)東京瞑想セミナー 満席

11月10日(日)大阪瞑想セミナー 満席

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー 満席

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記