前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

どうにかしなくてもいい~幸せに生きる

今日も静かな夕暮れが美しい一日でした。

 

窓を開け、湿度を含んだ熱せられた空気が

頬に触れる瞬間、

 

ああ、夏だなぁ、とハートにジーンときて、

今ここにいることを実感します。

 

これまで、その時々に色んな想いや色んな状況で

何度も味わってきた夏が瞬時につながり、

それが今ここにあるのだなぁと

不思議な感覚になります。

 

いつか死んで肉体から離れ、

あちらでこの世界のことを思い出す時、

こんな夏の空気が懐かしく、

また味わいたいなと思うのでしょう。

 

生きているって贅沢なことですね。

 

それを味わえる今を大切にしたいなと思います。

 

 

そう言えば、昨日行ったカフェで、

座った席から植え込みの木が見えました。

 

その中の一本の木に目がとまり、

太陽の光に輝いているのをしばらく眺めていました。

 

他の木も輝いていましたが、

その木が特別輝いていて、生き生きとしているなと思い、

 

「ここにいてくれてありがとう。会えてうれしいよ」

と伝えると、

 

木はうれしそうに風に葉を揺らし、

葉が光でキラキラ輝きました。

 

「あなたは喜びにあふれているね」と

その木に心の中で声をかけると、

 

「幸せだから」と木が答えてくれました。

 

(声が聞こえると言いますか、

実際にはテレパシーのように頭で受け取っている感じです。)

 

「どうして幸せなの?」と聞くと、

「だって生きているから」と。

 

 

でもそこは街中の道路に面した狭くて小さな植え込みで、

 

本当なら広々とした豊かな土がある場所が

うれしいのではないかしら、

窮屈ではないのかしら、とちょっと思い、

 

人と違って植物は自分で場所を移動できないものな、

それでも輝いていてすごいなと思っていましたら、

 

「生きていることがうれしい。成長できるから。」と。

 

その姿は本当に喜びにあふれていて、

何の不満もなく、

生命が輝いていました。

 

 

その姿や想い、在り様が心に響き、

 

木や花、空や水など、自然から

いつも学ばせてもらうばかりだな、

人は何でもできるようで、敵わないなと頭が下がり、

 

思わず師匠と呼びたくなりました。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200808231136j:image

 (長野 雑木林の散歩中に。)

 

 

私たちはつい、

何かになろうと四苦八苦したり、

何かを手に入れようと思い悩んだり、

 

何かをどうにかしようとして、できなくて苦しんだり、

何かしなくてはと、頭や心が今ここ以外に飛んで

忙しかったりしますが、

 

木や花や雲や風などの自然は、

自分のままを生きていて、

 

そこには明日の日当たりや、

晴れ続きで水は足りるのか?などの心配はなく、

 

シンプルに生命がある限り精一杯生き、

生命の終わりがきたら去っていくのでしょう。

 

 

不安や心配、恐れがなく、

自分がどう見られているかも気にせず、

 

役に立っているか?

必要とされているか?

ここにいていいのか?

誰か他の存在から愛されているか?

などを思い悩むことなく、

 

他の木や他の場所で活躍する水や木を

うらやましがることも、

そうでない自分を卑下することも、

比較することもなく、

 

自分を生きています。

 

だから幸せであふれているのでしょう。

 

 

人は何かになろう、どうにかしようと忙しく、

足りないものを補ったり手に入れようと焦り、

 

それができないと不安になり、

未来を心配し、

 

それがうまくできない自分を情けなく思ったり、

 

自分が欲しいものをみんな持っている人を

羨んだり妬んだり、落ち込んだり…。

 

 

その木を見ていると、

それは全部いらないな、と思いました。

 

どうにかする方法を探すより、

どうにかしなくてもいいと気づくことで

人は幸せになるのでしょう。

 

いきなりそれをそのまま生きられたら素晴らしいですが、

まずは少しずつでもそんな生き方に

近づいていきたいですね。

 

 

どうにかしたいことや、

手に入れたいものは、

 

今思いつくものをすべてを揃えられたとしても、

すぐに次の何かが出てきて、

 

またどうにかしたいことや手に入れたいことを

追いかける毎日になるでしょう。

 

それは終わることがない憂いです。

 

そんな終わりのない戦いはやめて、

もっとシンプルに生きてもいいのでは。

 

悩むことをやめ、

ただ生きていることをもっと楽しんで、

今この時を喜び、謳歌してもいいのでは。

 

 

その結果、誰かを幸せにしたり、

喜ばれたりするかもしれませんが、

 

まずは自分が、どうにかしたいことや

足りないものに振り回されることを止め、

幸せにあることだなと思います。

 

 

コロナちゃんがどうであろうと、

政策や世界情勢がどう変わろうと、

 

自然は喜びを生きています。

 

私たちも振り回されるのはもう止め、

シンプルに自分の生命のままを生きていきましょう。

 

それは投げやりになることや、

自暴自棄になることとは違い、

 

今よりもっと生命を大切に生きることです。

 

欲や見栄、不安や恐れをどうにかして

幸せを手に入れようとするのは止め、

 

そんな枠を手放して、

今もう幸せになりましょう。

 

 

幸せな生き方を見習いたい師匠である自然は、

街中でもどこにでもたくさんいます。

 

その生き生きとした幸せな輝きを

自分で体現していきたいですね。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記