前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

本当の自分がわからない時にするといいこと 

部屋にいる時、

窓を閉めている時と開けている時では

意識やオーラの広がりが違い、

やはり閉めているとそれが縮こまっているのを感じます。

 

ずっとそうしているとわからないものですが、

締め切っていた窓を開けるとぐんと広がり、

外とつながるのを感じ心地いいです。

 

そうして家中の窓を開けて過ごしていても、

外に出ると今度は一気に意識が広がるのを感じ、

 

どこまでも広がる開放感がとても気持ちよく、

意識や思考、心、オーラも自由に伸びをして、

健やかになるように感じます。

 

やはり人間も他の動物や植物と同じように、

ずっと建物の中にいるのは不自然なのでしょう。

 

太陽の光があるなしに関わらず、

外に出て体一つで広い世界を感じる時間はとても大切で、

 

毎日少しでも建物の外で

意識やオーラが伸びをする時間を持つようにしたいですね。

 

 

外と言っても、

人混みでたくさんの人の意識やオーラと

混ざり合うのではなく、

周りに人がいないような場所がいいですね。

 

それは静かな住宅街の庭や公園でも

空いている広いスーパーの駐車場でもいいのですが、

 

せわしなく人や車が通る場所ではなく、

安心して伸びができる場所がいいですね。

 

これはストレス発散にもなりますし、

自分を取り戻す時間にもなります。

 

 

狭い部屋や人にまみれていると、

したいことよりできそうなこと、

魂の望みより常識や現実、

無制限の未来より今の延長線上の自分しか

浮かばなくなります。

 

そんな風に縮こまって固くなった意識を、

人のいない広々とした外にいることでふんわりと広げることができます。

 

それは意識してやろうとしなくても、

自然とそうなります。

 

 

あまりにも小さく固くなってからの期間が長いと、

柔らかく広がるまでに

しばらく時間がかかるかもしれませんが、

 

そんな方は、仕事の後ちょっと遠回りして空いた道を

のんびり散歩をしながら帰ったり、

昼休憩に外で食べたり、

犬の散歩や花の水やりなどを毎日の習慣にするといいですね。

 

そしてできれば一人でいると効果的です。

(これは大きなポイントです。)

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200625223426j:image

(長野 ビーナスランにて。)

 

 

そんな時間で緩んだ時に

ふと浮かぶ疑問や自分への問いかけは

とても大切なメッセージです。

 

例えば、

私は○○をするのが好きだなぁ、(逆に好きではないな)、

というような感覚だけではなく、

 

何故今それをやっていないのだろう?

何故今これを続けているのだろう?など、

 

ふと思った疑問は

自分の本質につながるきっかけになりますから、

 

意識が広がり柔軟になっている時に、

ゆっくり問いかけてみるといいですね。

 

 

人はそんな問いかけに気づいても、

ちょっと何故だろう?と思っても、

すぐ別の考えが浮かんだり、

忙しく次の何かをするので忘れてしまいます。

 

また、そんなことは考えても無駄だ

と思うかもしれませんし、

深く覗き込むのが怖い部分かもしれません。

 

でもそんなふと浮かぶ疑問が、

私たちの魂が望む生き方への道標となります。

 

 

考えたって無駄だ、

自分には現状を変えるほどの力や才能がない、

と思って気づかないフリをしていても、

 

そのメッセージは何度も私たちの心のドアを叩き続け、

 

次第にメッセージの方が気づいてもらう事を諦めても、

ずっと心のドアの前にひっそりと背を向けて

座って待っているでしょう。

 

もう若くないから無理だと思う時も、

90歳まであと何十年あるのか?と考えると、

このまま心の問いかけを無視して過ごすには長いなと

気づくのではないでしょうか。

 

 

部屋の壁に囲まれ、

意識も思考も閉じられた場所で長く過ごしていると、

どうしてもそれが生き方に影響します。

 

もちろん、それだけで意識の自由さが

決まるわけではないですが、

 

もし生き方や考え方などを変えていきたいなと思うなら、

 

こんな所からアプローチするのも

いいのではないかと思います。

 

そしてふと浮かんだ問いかけと向き合い、

じゃあどうなれば自分はうれしいのか?

どう在りたいのか?と素直に心に聞き、

 

その答えを知ることから始めてみるといいのでは

と思います。

 

 

外で一人、広い空を眺めたり、風を感じたりしながら

広がった意識でいると、

 

「普通」という型や他人との比較が薄れ、

自分の望みを聞きやすいです。

 

突然大きく変わるのは難しいと感じるなら、

こんな風に時間をかけてゆるゆると進むのもいいですね。

 

そうして、今ある幸せに気づいたり、

本当はこんな生き方をしたかったと気づいたりしながら、

自分の魂が満足する人生へとつなげていけるといいですね。

 

 

 

 ご質問や応援メッセージはこちらから。

ご質問&応援メッセージ受付フォーム

 

オンライン個人セッション受付中です♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記