前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

夢を叶えるために大切なこと~なかなか叶わない夢の問題点

今日はたっぷりの日差しに風が流れる美しい一日でした。

若葉がキラキラと輝き、世界が生き生きとしていますね。

 

さて今日は夢を叶えることについてのお話です。

なかなか叶わない夢がある方や、

ぜひ叶えたい夢がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

まずは夢の設定についてのお話ですが、

 

引き寄せでもそうですが、

夢を叶えるにはまず夢を明確にすることから始まります。

 

何を叶えたいのかが曖昧ですと、

目的地が分からないまま旅に出るようなものですから。

 

辿り着きたいところがあるなら、

行き先を決めておくのは大事です。

 

(行きたい先がある時は一直線に進み、

時には決めずに自由に楽しむのも私は好きですが。笑)

 

 

行き先を決めると言っても、その目的地である夢が、

人や周りのことにしてもうまくいかないでしょう。

 

例えば、「この人と結婚したい」とか、

「家族がこうなりますように」

「周りから仕事で高く評価される」など、

自分以外のものを求めると、

 

それは運よく叶う場合もありますが

自分の我欲からの望む夢は、

その結果が必ず幸せなものかは分からないですし、

 

そもそも夢は「自分のもの」であることが前提ですので、

難しいことも多いです。

 

「自分の未来がこうだったらいいな」ではなく、

「自分の夢に絶対に他人やお金や何かが必要だ」

と思うなら、

 

それは我欲や恐れから生まれているものですから、

立ち止まってよく考えてみるといいと思います。

 

 

例えばもし結婚したいなら、

「今よりも愛にあふれた人になる」とか、

「お互いに愛しあえるパートナーと共に生きる」など、

 

夢の設定を考えてみるといいですね。

 

結婚以外の夢でも、夢の設定の参考にしてみてください。

 

 

また夢を叶えるためには、

自分の心の奥の本当の声をよく聞くことがとても大事です。

 

例えばパートナーが欲しいという夢は、

実は孤独への恐れから来ているものかもしれませんし、

 

もっと稼ぎたい、人から高く評価されたいなどは、

自分には価値がないという

間違った思い込みからきていることもあります。

 

こうしたことはよくあり、

その場合、本当に信じていることは、

孤独への恐れや無価値感で、

 

一生懸命パートナーや評価などを望んでがんばっても、

なかなか手に入らず夢が苦しくストレスになったり、

空回りしたりするでしょう。

 

これは無意識に信じていることが影響していて、

その信じる強さが、顕在意識の夢の強さに勝っていると

そうなります。

 

 

私たちの思考は、自覚できる顕在意識と、

無自覚の潜在意識の両方にありますが、

 

無自覚の潜在意識の方が影響力が強いので、

 

自覚できる意識を変えても、

深いところでは変わらず、現実も変わりませんし、

 

無理矢理思い込もうとしたり、

思い込みを変えようとしても難しいでしょう。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200425235758j:image

(フランス コルマールにて。

映画「ハウルの動く城」の舞台になった町です♪)

 

 

私は個人セッションで、そうした潜在意識にあるものを

見つけ引き出して、

癒したり手放したりするお手伝いをしていますが、

 

多くの人場合、そうした潜在意識の思考パターンは

過去の経験からくる記憶と強く結びついています。

 

自分には自覚がない赤ちゃんの頃のことや、

お母さんのお腹の中にいた時のこと、

前世の記憶が影響していることもありますし、

 

子供の頃や学生時代、大人になってからのことで、

今は特に気にしていないことが

実は深いところで関わっていることもあります。

 

 

そうした意識は玉ねぎのように何重にも層になっていて、

外側が自覚できる顕在意識で、

内にいくほど自覚がなく、でも影響力は大きいです。

 

外側に近いものほど自覚しやすく

癒したり手放したりしやすいので、

 

まずはそうした外側から始め、

そこに気づいて癒したり手放したりすることが、

奥にあるものを見つける手がかりとなります。

 

 

玉ねぎの奥に進むほど、

見つけることも癒したり手放したりすることも

難しくなりますが、

 

深い部分に握りしめていることに気づくと、

 

これまでなかなか前に進めなかったことが

簡単にクリアできたり、

夢がすんなりと実現したりもします。

 

それほど潜在意識の深いところにある

思い込みや価値観からくる

恐れや罪悪感、恥だと思うこと、許せないこと

などの思いは強く、

 

それは自分を守るために頑固にそこにあり、

自分を防御しようと巧みにパターンを変え、在り続けます。

 

 

この玉ねぎをむく作業は、

面倒だから、早くどうにかしたいからと、

外側にある思い込みなどに手をつけず、

 

いきなり潜在意識の深いところを見つけ出して、

「はい、あなたの思い込みはこれですよ」と言っても

ピンとこないもので、

 

例えばその部分を更に深掘りする暗喩(メタファー)などで、

意識を向けるように気づきを促しても、

 

「いや、私にはそんなものはないと思う」とか、

「それ、本当に私のこと?」

「思い当たる節がない」

「頭ではわかっているけれど感じられない」などと

思ったりするものです。

 

ピンとこないと癒したり手放したりするのは難しいので、

やはり外側から順にむいていくのがスムーズだと思います。

 

 

日頃から潜在意識と向き合うことをしている人は、

いきなりけっこう深くむいていっても

深い部分を感じることができたりしますが、

 

そうでない人、普通の人は、

やはり外側から順に深めていくのがスムーズでしょう。

 

 

ちなみにそうした潜在意識の

深いところにあるものを知る手がかりは、

 

言葉ではなく、

感覚や図形、シンボル、暗喩を通して現れることが多いです。

 

私もたまに潜在意識からそうしたものを受け取りますが、

 

最初は「何だこれ?」という感じで、

意味がわかりませんでした。

 

 

例えば、少し前に瞑想中に受け取ったものは、

三角椎が宙に浮いていて、

それを色んな角度や色んな距離からから眺めていました。

 

それを直感で「あ、こういうメッセージか」と理解する、

という感じです。

 

潜在意識の深いところからのメッセージは

そんな風にして読み解くので、

 

日頃から直感を使うようにしておくといいと思います。

 

 

でもそれはちょっと難しいという場合は、

個人セッションですることもできますので、

必要な方はご活用ください。

 

対面での個人セッションはこちら。↓

キネシオロジー個人セッション - 前向き気づき日記 

 

*オンラインでの個人セッションについては

明日にはアップできると思います♪

 

 

そうして潜在意識の奥にある本当の自分の思いを知り、

もういらないものは癒したり手放したりしていくと、

 

これまで夢なのにストレスだったことが軽やかになり、

夢が叶ったり、

実はそれは夢ではなかったと気づいたり、

本当の夢を見つけたりするでしょう。

 

 

今日お話したことを参考に、

行き先の設定を見直したり、

本当の自分をもう一度よく見て、

 

本当に魂が望む夢を叶えてくださいね。

 

みなさまの未来が笑顔輝く毎日でありますように(^^)