前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

眺める人から生きる人になる

今日は太陽の日差したっぷりのやわらかな冬の一日でした。

 

家中の窓を開け、

太陽のエネルギーいっぱいの心地よい風を流し、

空気を総入れ替えすると、

 

部屋中に新しいエネルギー(気)が満ち、

私の中にも新鮮な何かが芽吹くように感じました。

 

現代はどんなに自然に親しみ生きようととしても、

昔に比べればスマホやパソコンはじめとする

便利な電気モノのお世話になり、

 

それはこの先も広がっていくでしょう。

 

スマホなどをあまり見ない人でも、

家にある電気製品の数は、

自分が生まれた時に比べてみますと、

加湿器やシュレッダー、ミキサーなど

増えているのではないかと思います。

 

これは時代の流れで、

特にインターネット関連の発展は

ますます進んでいくでしょう。

 

 

色んな考え方があると思いますが、

自然が大好きで、SNSやLINEなどのメールのやり取りに

振り回されたくないと思う私ですが、

 

それでもその発展を抑えたり

関わりを否定したりする必要はないと思っており、

 

ただ自分に必要な使い方、自分に合ったつながり方を

自分で考えながら、

 

自分にちょうどいい、ほどよい間柄で

付き合っていけるといいなと思っています。

 

 

例えば、

付き合う人の数や服や本など持ち物の量、

仕事の予定やプライベートの約束の数、

食事のメニューや量、

一日のやるべきことの数などいついても、

 

質の選択はもちろんながら、

すべてにおいて自分に無理のない数や量で

自分らしく暮らしていけるといいなと思います。

 

一日は24時間で、

その中で自分の手におえることの量には限りがあり、

 

そこで新しい挑戦や学びも取り入れながら

充実した毎日を生きていくには、

 

ワクワクすることや好きなこと、興味のあることを

自分の毎日に積極的に取り入れる情熱と、

時間的、体力的なゆとりも必要です。

 

それを取り入れるエネルギーや時間、体力などのゆとりは、

今持っている色んなものを手放さないままでは

今以上にはなかなか生まれませんから、

 

自分の持っているもの、関わっていることの

すべてを時々チェックし、

今に合わせブラッシュアップし、

 

新しい挑戦やワクワクを自分の毎日に取り入れる

ゆとり、隙間、空白を作っていくといいように思います。

 

 

もうすぐ今年も終わり、新年となりますが、

新年にしたいことや目標、夢を

ワクワクしながら書き出しても、

 

それを入れる空白がなければ

結局忙しい毎日に忙殺され、何もできないままで、

 

そんな自分が嫌になるばかりです。

 

そうならないように今のうちに見直したいですね。

 

 

また、忙しいわけではないけれど、

新しい挑戦をやろうと思いつつやらないままの人も多く、

 

そんな人は忙しくはないものの、

なんとなくしていることや、なくてもいい習慣、

別に重要ではないけれどルーティンになっていることなどの

日常の小さなことや習慣が多く、

 

それをやるだけで一日が終わっていることもあるようです。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20191220170909j:image

(ハワイ オアフ島にて。)

 

そんな小さな、重要ではない習慣は、

一つ一つは数分だったり、

無意識で当たり前にしていることだったりしますが、

 

塵も積もればで、

新しい挑戦への時間やエネルギー(情熱)を奪い、

 

いつもと違うことをすることへの思考を停止させ、

何も考えず、ただ同じことを繰り返すだけにし、

 

大きな失敗もなく傷もつきにくい、

ぬるい心地よさに埋もれさせます。

 

 

そんな毎日は確かに心地よく楽ですが、

涙があふれるような感動や、

心に深く刻まれる経験はなく、

 

今年何があったかなと考えた時に、

成長を感じられないかもしれません。

 

(経験があっても受け身の経験だったりします。

例えば旅行に行って景色が素晴らしく涙が出た、

でも価値観が変わるような気づきはない、など。)

 

そうした人生を選択することも自由ですが、

何年もそうして生きていると

いつか何か物足りなく感じたり、

 

満足しているようで、

いつの間にか「生きる人」から

「眺めるだけの人」になってしまい、

 

いつかこの世を去る時、

この世界を観光しただけで、

自分で生々しく経験していない、

真の意味で味わっていないままとなってしまいます。

 

まるでツアー旅行で観光スポット巡りをしただけ

のような人生です。

 

行きました、見ました、おもしろかったです、

でもそれだけ。で、

生き方や価値観に何の刺激もないなら、

 

せっかく生まれてきて今ここで生命が脈打っているのに、

もったいないですね。

 

 

そうならないためには、

なんとなくしていることや、いつもの習慣を見直し、

自分の一日に自覚的になり、

 

なくてもいいものは手放し、

その空いたところに初めての経験を入れていきましょう。

 

 

そのなくていいものは、

帰宅後や食後などにちょっと休憩するつもりが

つい30分1時間となってしまうことだったり、

 

一日一回、もしくは二回も見れば充分なのに

つい何度もメールなどをチェックしてしまう時間、

 

服選びや夕食のメニューに迷う時間やストレス、

引き出しの中の物や鍵などを探す時間、

 

自分の人生に全く関係のない有名人のニュースを見る時間や

それに対して批判や判定をすること、

 

家族や知人にあれこれ意見することなど様々で、

 

特に人を批評することや人からの承認欲求に囚われることは

気づくたび手放していきたいものです。

 

 

そうして生まれる時間やエネルギーを新しい挑戦や経験、学びに使い、

 

それを自分の人生に生かし、

 

自分だけの心震える感動や、

この世を去っても魂の記憶に残るような経験、

生きた証になるような成長、

魂の輝きにしていきたいですね。

 

 

今日は違うお話を書くつもりだったのですが、

流れでこのお話になりました。笑

 

同じようなお話はこれまでにも書いていますが、

毎回少しずつ違う角度から

色んなタイプの人に届くようにと思って書いています。

 

頭で理解してわかっていても、

日々の行動が変わらなければ意味がないですが、

 

知っています、そうですよね、と言いながら、

昨年と同じ毎日と言う人も少なくないようです。

 

行動を変え実践する難しさはよく分かりますので、

 

そんな方にも繰り返しお伝えし、

色んな方向から書くことで、いつか心に響き、

行動につながるといいなと思っています。

 

いいこと、立派なことを言う人より、

どう行動し生きているかを見ればその人が分かります。

 

私自身そこに気をつけながら、

行動に結びつける人生にしていきたいと思います。

 

 

今年を振り返り、心震えるようや感動や、

勇気を出して飛び込んだ新しい挑戦がないかも、

と言う方は、

 

まだあと10日ありますから、

 

ぜひ何か一つでも新しい挑戦をし、

行動することを実践してみてくださいね。

 

みなさまの毎日が充実し、

自分らしい人生へとつながりますように。