前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

先延ばし癖をやめ決断して生きるには

 

オンラインセミナーの受付を開始いたしました!
 詳細・お申込みページ

瞑想セミナー ↓ ↓

オンライン瞑想セミナー - 前向き気づき日記

幸せを生きるセミナー ↓ ↓

オンラインセミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

 

5月30日(土)13時15分~「瞑想セミナー」残席2席

6月3日(水)19時~「幸せを生きるセミナー」

6月11日(木)19時~「瞑想セミナー」

7月4日(土)13時15分~「幸せを生きるセミナー」

 

 

 

今日も五月後半らしいエネルギーに満ちた一日でした。

 

成長や新しい風という言葉がピッタリの毎日ですね。

 

世の中には色んなことを年中バリバリとこなす

スーパーマンのようなバイタリティあふれる人もいますが、

 

私はそういうタイプではなく、

 

仕事もせずに引きこもって一人で

お気に入りの本を読み返したり、ピアノを弾いたりするだけで

何日だって楽しく過ごせてしまい、

 

放っておくと、自己満足の

特に生産性のないグダグダな毎日を

過ごしてしまうタイプです。

 

新しい挑戦や経験がなくても

いつものやるべきことはやったというだけで満足し、

あとは散歩ができて、部屋が整っていればもうOK、

という感じです。

 

興味を持ったことを学ぶのば楽しいので、

そんなものがある時は知恵熱が出るほどのめり込みますが、

(夢中になり過ぎて何度も体を壊しました。汗)

 

基本はガリガリ前に突進していくタイプではありません。

 

 

そんなゆるい生き方がベースにあり、

それはそれで個性だと思っていますが、

 

それだけの毎日をずっと過ごすと、

なんとなく物足りなく感じたりします。

 

仕事はしている、洗濯や掃除などもひと通りしている、

好きなこともしている、

だから問題ないはずなのに、

 

なんとなく人生を生き切っていないように感じるのです。

 

 

そんな時に、では何かをしよう、

新しいことに挑戦しようとしても、

 

その気持ちはあってもちょっと億劫で、

何をどうするのかを考えて決めることも先延ばしにし、

 

◯◯をしたいな〜、△△をやらなくちゃ、

と思いながら、

今日は忙しかったから明日考えよう、と先送りにして、

気づくともう何日、ということも以前はよくありました。

 

 

今もそれはないわけではありませんが、

でも昔ほどその期間は長くなく、

 

そこから抜け出したくなった時に

自分で抜け出せるようになってきたなと思います。

 

 

最初に書いたようなのんびりマイペースな毎日で

心から満足しているならそのままでいいのですが、

(どんな生き方もその人の自由な選択です。)

 

私は、本当に満足なのですが、

でもそれが続くと新しい挑戦や経験をしてみたくなるので、

 

両方がバランスよくあるといいなと思っています。

 

 

でもゆるく好きなことを楽しむ毎日は安全で失敗がなく、

傷つくこともガッカリすることもなく平和ですから、

 

そのぬるま湯から出るのはちょっと勢いが必要です。

 

だから出てみたいと思っても

ついやってみたいことや新しい挑戦を

先延ばしにする人が多いのだと思いますが、

 

そんなぬるま湯から出るには、

自分の思考や根性、やる気任せでは難しいでしょう。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200523203932j:image

 (北海道 知床 フレペの滝へ続く道にて。)

 

 

ではどうすれば安全な場所から

小さな一歩を踏み出せるのかと言いますと、

 

踏み出さなければならない状況を作ったり、

踏み出さなければならない環境に身を置いたりすることです。

 

意志が強い人もいますが、

たいていの人はそれだけでは動けないことも多く、

 

そんな時は潜在意識が

新しい行動を起こすことにOKを出していない状態で、

 

そのままでは難しいのです。

 

 

ちなみに、潜在意識は過去の経験や本能から

安全で失敗のない道を選びたがるものですから、

 

例えば、いつもと違う道を行くとか、

いつもと違う初めてのメニューを食べるなど、

初めてのことに躊躇するのは普通のことです。

 

 

でもそのまま従っていると

新しい挑戦や経験はできず、

 

おもしろいことや心に残る素敵な感動に出会えなかったり、

魂が望む生き方に進めなかったり、

魂レベルでの成長が停滞してしまったり、

 

自分に眠っている可能性を見つけて輝くことが

できなかったりするでしょう。

 

それはとてももったいないですね。

 

 

ですから大きな挑戦でなくても、

同じ毎日の繰り返しから出てみたいなら、

 

自分を新しい環境に置いてみたり、

やらなくてはならない状況にしてみるといいですよ。

 

頭で考え過ぎずに、おもしろそうだなと思った時に

あれこれ考えずに周りに「やります!」と宣言したり、

何かに申し込んだり、

予定を組んでしまったりして、

 

やる状況を先に作ってしまうといいですね。

 

 

何かを始めたり、新しいことに挑戦しようとする時、

一番ネックになるのは

「やる」と決断できるかどうかです。

 

そのうちに、いつかはやってみたいな、では、

いつまで経ってもその日はきません。

 

そう分かっていても決断するのが苦手という人は

少なくありませんが、

 

それは間違った決断をしたくないからでしょう。

 

間違った決断をして、失敗したりガリガリしたりする

不安や恐れから優柔不断になってしまいます。

 

間違いなく正解を選びたい気持ちが強いと

どこにも動き出せないものです。

 

 

でも多くの場合正解は一つではありません。

 

どれを選んでもそこにはそれぞれの学びがあり、

出会いや喜び、難しいことや問題があるものです。

 

正解探しに悩み過ぎるのは時間の無駄で、

決められないことにストレスを感じたりするものです。

 

 

ですから、

なんとなく最近新しいことに挑戦していないな、

毎日がグダグダだな、

こんな人生で本当にいいのかしら、

自分が本当に輝くことをして生きてみたい、

 

など思うのであれば、

 

なんでもいいので興味があることや

前からちょっとやってみたかったことなどを

ただやる!と決め、それをすぐに行動に移すといいですね。

 

それがキッパリと決断できなくても、

やる状況を作ったり、やる環境を先に作ったりし、

 

YESと言わなければやらない状態ではなく、

NOと言わなければやる状態を作ってしまいましょう。

 

人はNOのほうが言い出しにくいものですから。

 

 

そうして自分のいつものクセを知り、

うまく工夫をすれば、

決断するのが苦手でも新しい経験を重ねていくことができます。

 

私もよくこの手を使って行動しています。

 

ここに旅行に行ってみたいな、ではなく、

すぐに飛行機を調べチケットを買ったり、

(細かい情報はあとから調べます。)

 

学んでみたいなと思ったら、色々考え過ぎず

すぐに問い合わせ申し込み、

 

NOを自分から言わない限り進むように持っていきます。

 

 

最初に、「特に生産性がないグダグダの毎日」

と書きましたが、

 

毎日の中に生産性がないことが悪いのではなく、

生産性がなくても凛と日々を味わいながら

生きることはできますし、

 

非生産的なことの中にも楽しみがあり、

それはそれで私も楽しんでいます。

 

でも、毎日「グダグダだな〜」と自分が思うなら、

何かを変えてみる時かもしれません。

 

そんな時の参考にしてみていただけたらなと思います。

 

 

パワフルな毎日を生きるスーパーマンもいれば、

ゆるく日常を楽しむ人もいて、

 

またそのどちらも自分なりのバランスで取り入れ

ほどよく生きる人もいる。

 

それぞれに無理なく充実した自分らしい毎日を

生きていきけるといいですね(^^)

 

 

 

P.S.

オンライン個人セッションをはじめました♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記