前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

行動する勇気が出るお話〜やってみることでしか見えないもの

 2022年秋冬の「オンライン瞑想セミナー4」
 *12/15(木)11時〜 *12/18(日)13時〜
詳細・お申し込みはこちらから。↓
 オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

 

今日も晴れやかな太陽の日差しが溢れる

穏やかな冬の一日でした。

 

そんな今日はハワイで

ホノルルマラソンが行われる日です♪

(現地11日(日)の朝5時スタートですから、

日本時間では12日の深夜0時なので、

今夜?明日?といえばいいのかしら。)

 

私は長距離走は苦手で(というか運動が苦手。汗)、

とてもフルマラソンなんて走れませんが、

 

ちょうど3年前の2019年に、

ホノルルマラソンと同時開催の

10kmラン&ウォークに参加しました。

 

フルマラソンのコースの最初の10kmを

10kmラン&ウォークは走ったり歩いたりし、

同時スタートなのでフルマラソンの人たちと一緒に

雰囲気を楽しむことができるのです♪

 

10kmはラン&ウォークですが、

全部ウォークでももちろんOKなので、

 

私と母は一歩も走らず、ただ10km歩いただけですが、

それでも体力のない私には大きな挑戦でした。

 

 

当時は和歌山で暮らしていて、

毎日移動は全て車で、駅まで歩くなどもなく、

今のように買い物がてら歩くこともしていませんでしたら、

 

今よりずっと体力もなく、

10kmも歩けるのか不安だったのですが、

 

イベント好きの母が行ってみたい!と言うので、

70代の母と一緒に参加したのです。

 

たかが10km歩くだけとはいえ、

これがやってみると、

たくさんの驚きや感動がいっぱいで、

色んな意味でとても素晴らしい経験になりました。

 

(この時のお話の記事はこちらです♪

挑戦する人生~ホノルルマラソン10kmラン&ウォーク - 前向き気づき日記」)

 

 

ホノルルマラソンは制限時間のない大会なので、

実に色んな人が参加していて、

 

42kmを車いすや義足で走る人や、

車椅子を押しながら走る人、

 

杖をつきながらの人や、

腰が丸くなった80代くらい?の人、

 

ベビーカーを押しながら走る人、

小さな子供と走る家族、

赤ちゃんをおんぶして走る人、

 

仮装して走る人、

ウエディングドレスとタキシードで走る新婚さんなど、

 

色んな人がいて、

 

ゼッケンを見れば

その人がフルマラソンなのか、

10kmなのかがわかるのですが、

 

そんな人たちがフルマラソンで参加していて、

本当にびっくりしました。

 

「え、双子の赤ちゃんのベビーカーを押しながら、

42km?!」

「え、80代くらいの腰が曲がったおばあさんが

フルマラソン?!」と、

 

10kmを歩きながら、

その同じコースを走るフルマラソンの人たちを見て、

 

自分が体力がないから無理、なんて思っていたのが

「私、何言ってたんだ」と思えてきました。

 

 

ホノルルマラソンは有名ですから、

もちろん聞いたことはありましたし、

 

旅好き仲間の中には

マラソン好きで海外参戦する人もいますから、

日本の大会とは違った盛り上がりが楽しいと

話にはよく聞いていましたが、

 

なぜホノルルマラソンがこんなに人気なのかが

行ってみてよくわかりました。

 

どんなことでもそうですが、

「聞いて知っている」「見たことがある」

「友人がやった」などと、

「自分がやった」は全然違いますし、

 

「自分もやればできる」「自分にはできない」

と言ってやらないのと、

「やってみた」は全く違います。

 

 

やはりどんなことも、

自分で経験する、やってみることでしか

 

わからないこと、

気づけないこと、

辿り着けないことがあります。

 

いや、「そういうこともある」と言うより、

 

むしろ、自分で経験する、やってみることでしか

わからない、

気づけない、

辿り着けない、のです。

 

自分で経験してみることこそが

生きる意味で、

 

それが生きることですね。

 

 

私たちはついつい頭でっかちになって、

 

何度も聞いて知った気になっていたり、

あることについて詳しくなって

わかっていると思っていたり、

 

色んな情報から、

やってみたらどう感じるかを、

「こういうものだ」「こう感じるだろう」と想像して、

 

もうやったことがあるような気になっていたりすることも

ありますが、

 

そうしたことと、実際にやってみることは

全くの別物で、

 

私たちが肉体を持って生きているのは、

想像ではなく

本当に自分の肉体を通して経験してみたいからです。

 

 

言ってみれば、

映画を、主人公の気持ちで観るだけではなく、

 

本当にその映画の物語の中に入って、

その世界を自分としてリアルに生きてみる、

ということをしたくて、

 

私たちは生きているのですから、

 

過去の経験や多くの人の結果、

こうしたらこうなる、などではなく、

 

やはり自分でやってみることが

何より大事なのです。

 

だって生きているというのは、

その機会を今もらっている最中ということですから。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(ハワイ オアフ島 ホテルの部屋からの眺め。)

 

でも多くの人は、やる前に、

 

本当に楽しいのかしら?

本当にできるのかな?

うまくいくのか?失敗しないか?

がっかりしないか?

無駄にならないか?

やる意味や価値はあるのか?

結果につながるのか?

 

などばかりを気にして、

なかなか自分で行動することをしません。

 

石橋を叩いて、

絶対大丈夫でうまくいくことしかやりたくない、

 

何か素敵なもの、欲しいものが得られるという

保障がないから、やらずに見送る、

 

失敗したくない、

恥をかきたくない、

損したくない、

遠回りをしたくないから、

 

正解がわかるまで先送りで、

そ大丈夫だと見通しがつかないからやらない・・・。

 

そんな人は多いです。

 

 

でもそうして生きていると、

人生はどんどんつまらなくなり、

 

感動も情熱も枯れていき、

 

何のために生きているのかが

わからなくなったりします。

 

 

それを打破するには、自分でやってみる、

ちょっとでも興味を持ったことをやってみることです。

 

できるかどうかで悩まず、

やってみることで、

人生が広がっていくのです。

 

 

私がハワイで10kmラン&ウォークに参加したのが

2019年12月でちょうど3年前です。

 

その2ヶ月後にはコロナが広がり、

海外には行けなくなりました。

 

ホノルルマラソンも2020年は開催中止となり、

昨年は開催されたようですが、

日本から参加するのは難しかったのが、

 

3年経った今年はようやく段々と戻ってきたようで、

 

そうか、あれから3年経ったのか、

と感慨深いですし、

 

3年前に行っておけて本当によかったなぁ!

と感じています。

 

 

あの時にフルマラソンを走る人たちを見て、

 

無理なんてない、

やってみたいことはやってみよう!

という思いを、それまで以上にあたらにしました。

 

そう言うと、

「じゃあ次はフルマラソンですか?」

と言われたりしますが、

 

私が言いたいのはマラソンの話と言うわけではなく、

 

人生でやってみたいと自分が興味を持ったことを

やってみよう、ということです。

 

 

10kmラン&ウォークに参加し、

それぞれの人生で色んな挑戦をする人たちの輝きを見て、

 

私ももっと色んなことに飛び込んでいこう!と

思った経験があったから、

 

2年前に、散歩が楽しい街に住んでみたい、

と思った時に、

 

じゃあ試しにやってみよう、と思いすぐに行動する

エネルギーや意欲、行動力の一部に

なっていたのかもしれません。

 

和歌山から引っ越しを考えた時に、

ハワイでの経験を思い出し、

それで背中を押されて決めたと言うわけではありませんが、

 

経験から得た感動は

エネルギーとして私の中に刻まれていて、

直接のきっかけではなくても、

 

私の中のどこかに

そこで学んだことや感動したことはあり、

 

やってみることに対して、

それまで以上に自由になったような気がしています。

 

 

思い返せば、これまでも

自分なりに色んな行動や挑戦をしてきました。

 

10kmラン&ウォークの10ヶ月前には、

 

ふと見つけたネット情報から、

仕事を全部放り出して

一週間後にはロサンゼルスに飛び、

ひと月滞在しキネシオロジーの勉強に行ったり、

 

11年前にニュージーランドに

人生初の留学に行ったのも私にとっては大きな挑戦でした。

 

その少し前には習っていたバレエの発表会で

舞台に立ったりもしましたし、

(まさかこの歳で!と自分でびっくりでした。笑)

 

その後も色んなことを学んだり、

海外一人旅に行ったり、

 

最近では住んでみたかった北海道や長野、京都などに

住んでみたり、

 

瞑想のセミナーを開催したり、

オンラインで個人セッションを始めるなど、

思いもしなかった仕事を始めたこともそうです。

 

とても書ききれませんが、

色んなことをやってきたなぁと思います。

 

だから私の人生は楽しいのだなぁと思います。

 

 

おかげでたくさん痛い思いもしましたし、

恥もかきましたし、

どうしよう!と思うこともありましたが、

 

でもそんなことは後になればおもしろいネタです。笑

 

人生の楽しさは全て

自分が興味を持ったことを

やってみたから味わえたものです。

 

世界を広く見渡せば、

80歳90歳になっても

新しいこと、普通では到底無理なことに挑戦している人は

大勢います。

 

そんな大先輩たちを見習って、

これからも思いついたことに挑戦しながら、

 

生きていることを楽しんでいきたいなと思います。

 

 

3年前の10kmラン&ウォークのお話は、

写真もいっぱいなのでぜひ読んでみてくださいね♪

きっと行動するエネルギーが湧いてきますよ!

挑戦する人生~ホノルルマラソン10kmラン&ウォーク - 前向き気づき日記

 

 

それから行動する素晴らしさを思い出す時に、

いつも思い出すのが、

 

2018年のホノルルマラソンで

フルマラソンの最後にゴールした方のお話です。

 

それは88歳の伊藤さんと言う日本人の方で

18時間かけて完走したそうです。

( ↓ そのニュース記事はこちら

88歳の日本人ランナー、ホノルルマラソン約18時間で完走 | ニコニコニュース

 

上記にご紹介した私のブログ記事にも書きましたが、

 

朝5時にスタートし、23時までかけて42kmを最後までなんて、

本当にすごいですよね!

 

18時間立っているだけでもすごいのに、

88歳で42km・・・

 

私の毎日がどんなに忙しかろうと頑張っているつもりでも、

その方にはかなわないですし、

 

私がどんなに挑戦しているつもりでも、

その方の挑戦にはかなわないなと思いました。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(写真はニュースサイトからお借りしました。

右側のレーンは折り返してゴールに走る人たち、

左側がこれからダイアモンドヘッドに向かう伊藤さんです。

なんてカッコいい!この勇気とチャレンジに大きな拍手です!)

 

人には無限の可能性がある、

どんなもっともらしい理由があろうと

挑戦しない理由になんてならないのだと、

 

心に刻まれました。

 

私たちは何歳だろうと挑戦はできるのです。

この素晴らしさを簡単に手放さないでいたいなと思います。

 

これからの人生、人生が終わるその日まで、

やってみる、挑戦する人生を楽しんでいきたいですね!

 

p.s.

12月の個人セッションとヒーリングの枠が

ご予約でいっぱいとなりました。

1/9以降の日程でお申し込みください(^^)

(年末年始はお休みをいただきます。)

 

オンライン「瞑想セミナー4」

*12/15(木)11時〜  *12/18(日)13時〜

詳細・お申し込みはこちらから。↓

オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

・1〜4までを間を空けず続けて受講していただいて大丈夫です。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

京都暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪