前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人や自分から離れる時間

みなさまはこの一週間の間に、何人の人と会いましたか?

 

会話まではいかなくても、

同じ職場やお客様、近所の人、ママ友さんなど、

すれ違って挨拶をするくらいの顔見知りも入れると、

家族を除いて、のべ何人くらいでしょう?

(同じ人に毎日会ったら週に7人です。)

 

私は、今は旅行中なので分かりにくいですが、

普段、買い物は週に一度で、

移動は車ですから

電車のように知らない人の近くに立つこともなく、

 

仕事は会社勤めではなく基本自宅で、

顔見知りの誰かとすれ違い挨拶するようなこともなく、

 

いつものスーパーの店員さんを入れても、

ピアノの生徒さんと個人セッションで

主人を除けば週に20人くらいです。

 

これが、幼稚園くらいのお子様がいるお母さんや

接客の仕事をされる方ならもっと多いでしょうし、

大きな会社で働くなら自分の机にたどり着くまでに

たくさんの人に挨拶をするでしょう。

 

逆に小さい赤ちゃんがいるお母さんは、

ほとんど誰にも会わないかもしれません。

 

全く誰にも会わず何ヶ月も過ごすと、

社会から切り離されたようで不安になるかもしませんし、

 

かと言って、毎日何十人もの人に会う場合は、

無自覚でも神経を使いますから、

大変だろうなと思います。

 

私も昔は一時期会社勤めをし、

その時は意識していませんでしたが、

今考えると、人と次々に会う仕事は楽しかったものの、

気を張っていたなと思います。

 

今は週に一日は誰にも会わない日を作るようにしていますし、

 

仕事も普段は一対一ですから、

目の前の人に集中できるのが気に入っています。

 

そしてたまに仕事や遊びで一度に大勢で会うと、

それはそれで刺激があり、楽しいです。

 

自分にとって、週に何人くらいの人と関わるのが

無理がなくストレスがなく心地よいかや、

 

一度に1人、5人くらい、たくさん、など、

どんなパターンで人と接するのが好きか、

一度考えてみるとおもしろいと思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20191211235118j:image

(今日のハワイ・オアフ島の夕暮れ。)

 

人間は社会的な生き物で、

人との関係があり、役に立ち、

自分の存在価値を認識するところがありますが、

 

その関わり方を自分にとって程よくすると

自分らしくいやすいです。

 

とにかくたくさんの人と関わることが好きな人もいますし、

大切な人だけ数人で充分と言う人もいますが、

 

たくさんの人と関わるなら、

その分自分に向かう時間や、

人以外に向く時間も大切だと思います。

 

私は、人や自分以外と向き合う時間も大好きで、

それが少なくなるとストレスが溜まるような気がします。

 

 

人は、人にばかり目が向きます。

 

人から言われたことや相手の態度、行い、

人の価値観や生き方に目が向きます。

 

芸能人のゴシップなどは、

まさにそんな人間の欲をうまくつかんでいますね。

 

また、人は、それに対する

自分の考えや価値観などにも意識が向きます。

 

そうしていつも人に目を向け、人対人の中にいると、

無意識に人のこと、自分のことばかり考えて、

疲れてきます。

 

 

そんな時は、自分も含めた人以外のものに意識を向けると

心が自由になりホッとします。

 

例えば、自然は一番私たちを自由にしてくれますし、

ペットとの時間や本を読むこと、楽器の演奏、

歌うこと、踊ること、絵を描くこと、

編み物をしたり掃除をしたり、スポーツをしたりすることも、

自分を含めた人から離れる方法です。

 

ずっと誰かや社会や自分のことばかり考えていたら疲れてきますし、

色んな考えがごちゃ混ぜになり、整理できなかったり、

 

繰り返し刷り込まれる常識や当たり前という価値観が、

自分や世界全体を見えなくします。

 

 

ですから、一日に一度はそんな「人(自分を含む)」から離れ、

自分のしたいことに没頭する時間を作るといいですね。

 

短い時間でもホッとしますし、リフレッシュできます。

 

ついつい「人」にばかり向いてしまう目を手放す時間は

誰にでも必要な大切な時間だと思います。

 

それの究極が瞑想だと思います。

 

人に向いている目、自分自分とこだわるエゴから離れる

一番の方法です。

 

好きなことに没頭するのもいいのですが、

それが、例えば、絵を描くなら、

もっと上手に描きたいとか、誰かより自分は上手だとか、

逆に、自分は下手で才能がないとか、

人の目を気にしているなら心のリフレッシュには

ならないでしょう。

 

その点瞑想は、そんな風に人と比べたり競ったりする

自意識を手放すための時間ですから、

短い時間でも効果的です。

 

好きなことに、頭を完全に空っぽにして、

人と比べず、上手下手など全く気にせず、勝ちたい欲も手放し、

無心で取り組む時は、瞑想と同じような状態です。

 

でも、そんな私って素敵!と思うと、

それは自分がまた登場してしまうので、

そこが難しいところですね。

 

 

何にしろ、いつも人は、人のことや自分のことを

無意識に考えているものです。

 

一日に多くの人と接することが多いほど、

頭に人か浮かび囁く回数が増えがちですし、

 

一度にたくさんの人と接してばかりいると、

人も自分も落ち着いて大切に扱いにくいですから

つい雑になりがちです。

 

自分の適度、適量を知り、

無理なくいられる環境にしていくようにしたいですね。

 

そしてたまには、人や自分から離れる時間を持つようにすると、

流されず見失わず、ストレスを溜めずにいられると思いますので、

 

ぜひそんな時間を作っていくといいと思います。

 

これから年末に向け何かと忙しい時期ですが、

ぜひそんな時間を楽しんでみてくださいね(^^)