前向き気づき日記

瞑想歴28年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

忙しい毎日を自分らしく豊かに楽しむコツ

今日は、忙しい毎日を

楽しみながら心豊かに生きる方法についてお話しします。

 

やるべきことを見直し、

時間術を学んでも、

それでも限度がありますし、

 

気づけば忙しい毎日に飲み込まれていたりするのが

現代に生きる私たちです。

 

そんな時に今日のお話を活用していただくと、

時間の流れが変わり、

安心してマイペースで生きられるようになったり、

 

忙しい中でも

自分を生きることを見失わずにいられるでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

 

 

立春を迎えた今日は

澄んだ光と空気が気持ちのいい一日となりました。

 

早くも暦の上では春ですね♪

 

ちなみに旧正月は、

毎年1月下旬〜2月中旬の新月の日なので、

今年は2月10日(土)で、

昨年は1月22日でしたから、

月の満ち欠けに合わせて結構動きます。

 

こうしたこともちょっと気に留めていると、

忙しく過ごしているうちに

スルスルと過ぎてしまう時間の流れを意識でき、

 

意識すると

少し時間の流れがゆっくりになるような気がして、

いいなと思います(^^)

 

 

時間の流れるスピードは一定ではなく、

自分の意識により変化することは

もうよくご存知だと思いますが、

 

(楽しい時間は早く過ぎ、

退屈な時間は長く感じますよね。)

 

忙しいから時間が過ぎるのが早いと思っていると、

意外とそうではなく、

 

日頃ルーティンをこなすことだけをして

意識が眠ったままで、

ぼんやりしているから知らない間に過ぎている

ということもよくあります。

 

 

忙しいという字は、心を亡くすと書きますが、

心を感じないまま、大切にしないまま、

意識しないまま生きていると、

 

実際にどれだけ忙しいかによらず、

忙しく感じ、

現実的にも時間がなくなり、

 

本当に忙しく、やるべきことに追われ、

毎日が気づかないままどんどん過ぎ、

 

気づくと今年が終わり、人生が終わります。

 

 

そうならないためには、

心を亡くさないことですが、

 

心を亡くさないって具体的にどうすればいいのか?

と言いますと、

 

心=自分の感覚、感じることを大切にする、

ということで、

 

それは例えば、日頃から

「ああ、冬の日差しが心地がいいなぁ」とか、

あたたかいお茶を飲んで「ホッとするなぁ」など、

感覚を意識的に味わうことや、

 

みんながコーヒーを注文しても、

自分はその気分ではないなら、

一人紅茶を頼むとか、

 

したくないことにNOと言うなど、

 

自分が感じることを無視せず、大切にしたり、

味わったりすることです。

 

 

そんな日常のちょっとしたこと、

でもとても大切なことを意識して生きることで、

心を亡くさず、心を生きることができます。

 

そうして生きていると、

不思議と時間の流れが豊かになり、

 

今まで気づかないうちに

ビュンビュン過ぎていた毎日の中に、

 

たくさんの喜びや幸せを見つけ、

楽しむことができるようになります。

 

 

楽しい時間は早く過ぎるのは

確かにそうなのですが、

 

例えば、忙しく生きている時は、

新幹線の車窓から駅の看板の字が

早過ぎて読めないように、

窓の外=現実がよく見えていない状態ですが、

 

心、感覚を大切に生きると、

どんなに早くなってもちゃんと外の景色が見え、

看板の文字が見え、自分がどこにいるのかがわかり、

味わえる状態です。

 

せっかくの人生で、

自分の周りには美しいものがたくさんあるのに、

それを何も見ないまま通り過ぎるだけなんて

残念過ぎますよね。

 

 

「忙」と似た漢字に

「慌ただしい」の「慌」がありますが、

 

これも左側に心、そして右側は、

草、亡、川でできていて、

 

これは、

生えた草と、人の亡骸と、大きな川で、

 

大きな川に水以外何もない、

荒れ果てた草の他に何もない、の意味で、

 

心の中に何もない、の意味です。

 

このことからも、心を亡くすことが、

どれだけ忙しさや慌ただしさにつながっているか、

忙しい毎日を創造しているかがわかります。

 

漢字の始まりは紀元前1300年ごろ

中国でできたそうですが、

 

当時は今の情報化社会より

時間の流れはゆっくりだったのではと想像しますが、

それでも昔の人はよくわかっていたのですね〜!

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(京都に住んでいた時の近所のお花屋さん。)

 

 

ですから、忙しい時に、

時間術を勉強することや、

効率化を考えることも一つだと思いますが、

 

同時にちょっと意識を変えて、

心を取り戻し、

感覚に意識を向けて生きてみることで、

 

同じ日常が変わるということも、

知っておくといいように思います。

 

 

その上で、仕事や家事や、

その他のやらなければならないことや、

やっておいた方がいい、

しておきたいことなどを見直し、

 

全部はできない、

完璧は無理だということを受け入れ、

 

したいことをする時間や、

何もしない余白時間を取れるように、

自分に無理のないように

アレンジしていくといいですね。

 

この時に人と比べないことも大事です。

 

 

つい私たちは、

みんなこのくらいはやっている、

もっと頑張っている人もいる、と思い、

 

私だけできないなんて、私は怠け者なのだ、

ダメな人間だ、と自分を責めがちですが、

 

人により物事を消化できる容量や馬力が違い、

それは例えばスマホの容量と同じで、

 

ある人は265GBで、ある人は512GB、

中には1TBという人もいるかもしれません。

 

 

そう聞くとなんだか、

「私は128GBなのかも、能力が低いのか・・・」と、

ガッカリするかもしれませんが、

そうではなく、

 

容量だけ大きくても、

スマホの価値はそれだけではなく、

それを何にどう使うかで変わりますよね。

 

最新機種の1TBのスマホを持っていても、

結局メールとSNSを見て、

ちょっと写真を撮るくらいなら、

 

その機能は生かしきれません。

 

でも毎日動画撮影や編集をしたいなら、

たくさの容量が必要になりますし、

 

容量があるからと、

一日中ゲームをしてネット中毒だったら、

むしろ人生の大きな損失になってしまいます。

 

最新機種ではなくても、容量が多くはなくても、

そのスマホで人が笑顔になるような何かに使ったり、

自分のしたいことをするために上手に使えば、

そのスマホは素晴らしいものになります。

 

 

同じように車でも、例えば、

軽自動車から乗用車、高級車と色々ありますが、

高級車だからいいとも限らず、

 

細い道でも走りやすい

軽自動車の方がいい場合もありますし、

 

今は軽自動車をキャンプ仕様にカスタマイズして

気軽にソロキャンプなどを楽しむ人も

増えているようです。

 

 

ですから自分の機能や仕様も、

自分がしたいことにピッタリであることが重要です。

 

私たちは生まれる前に、

自分がこの人生で何をしたいのか?を

じっくり考え、検討し、

 

体力や身体的特徴、能力、才能、

生まれる家庭や国籍、時代など

全てにおいて、

それをするために最適な自分を設計して生まれてきます。

 

スマホで

メールとネット検索とカメラくらいしか使わないなら、

1TBはいらず、265GBで十分なように、

 

自分がしたいことに合わせて、

必要なことが十分できる自分で生まれてきています。

 

生きたい自分を生きるのに

十分なスペック(機能)なのです。

 

 

だから人のスペックと比べる必要はなく、

足りないことはなく、

 

できないなら、

それは不要なことや人生の目的以外のことを

たくさんやろうとし過ぎているのかもしれません。

 

自分は自分のしたいことに

夢中になって生きればよく、

 

それを自分のペースで生きればいいのです。

 

 

そうして自分を十分に生かして生きるためにも、

忙しいという意識で流されて生きてしまわないで、

 

心を取り戻し、

自分の感覚を大切に生きることです。

 

 

あなたは今、毎日の暮らしの中で、

あなたの電車のスピードはちょうどいいですか?

車窓からの風景が見えていますか?

楽しんでいますか?

 

もしその余裕がなかったり、

ビュンビュン過ぎて

気づけば一日が終わっていると感じるなら、

 

心を見失っているかもしれません。

 

そんな時はちょっと立ち止まり、

「今、自分がしたいことは何だろう?」とか、

「今自分の周りにある美しいもの、嬉しいものは?」

など、自分に問いかけ、

 

それを味わい、喜び、楽しみましょう。

 

 

すごく大喜びできなくてもいいですし、

ほんの3秒でもいいので、

 

その3秒を一日の中で楽しむ回数を、

少しずつ増やしていけるといいですね。

 

慣れてくると3秒が5秒、10秒になり、

段々長くなり、回数が増えていくでしょう。

 

まずは3秒でも、それがあるとないでは

一日が変わり、人生が変わってきますよ(^^)

 

あなたの毎日が忙しさで流れてしまわないで、

豊かなものでありますように。

 

プロフィール 北山裕子

プロフィール・お問合せ - 前向き気づき日記

摂食障害を治すために瞑想を始め、瞑想歴28年。

現在、遠隔でのエネルギーヒーリングや、

オンラインで瞑想セミナーや

個人セッションをさせていただいています。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

*2月半以降でお問い合わせください。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

遠隔ヒーリングのご感想

遠隔エネルギーヒーリングのご感想3〜2023年 - 前向き気づき日記

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪