前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

潜在意識のインナーチャイルドに気づく

今日は台風の一日でしたが、

みなさまの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

私の住む和歌山市は風は強かったものの

思ったほどの影響はなく、

今は静かな夜となりました。

ご心配をいただきありがとうございました(^^)

 

これからの地域の方はどうぞ気をつけてくださいね。

台風がスムーズに通り抜けてくれますように。

 

 

昨日も最後に少し書きましたが、

今月も遠隔ヒーリングや個人セッションのご依頼を

たくさんいただいており、

10月はもういっぱいになり、

 

今は11月末までのご予約を受け付けています。

 

ヒーリングを始めた数年前は

こんなにたくさんの方に必要としていただけるなんて

思ってもみませんでしたから、

本当にありがたいことです。

 

できる限り時間を作ってご依頼いただいたものは

させていただこうと思っていますが、

 

以前そう思ってがんばりすぎて

休みなしで夜中まで仕事で、短い間でしたが

自分を生きる時間がなくなったことがありました。

 

いつもならこれ以上は無理と言うことろを、

それも承知でそうしたくて自分で選択したので

納得のことだったのですが、

 

その時はそれをひと月ほど続け、

久しぶりにほとんど自分を解放する時間、

自分を生きる時間がないことを経験し、

 

昔の会社員時代の自分を思い出し、

そうだ、これを続けて

だんだん自分を失っていくのだなぁと思いました。

 

 

その時忙しかったのはただの仕事ではなく、

人としても大切なことだと思うことだったからでしたが、

 

それでも心を鬼にして

ひと月ほどでペースを自分へと合わせるようにしました。

 

やはりどんなにそうしたくても、

最低限の自分の時間は確保しようと

それ以降思っています。

 

と言いつつ、

ついがんばり過ぎてしまうのですけれど。汗笑

 

まあ私は自分がなくなることには敏感で、

そこは会社員や介護などでがんばる人のように

何年も我慢することはありませんから、

ご心配なく。

(今は無理をしたとしてもせいぜいひと月ですね。笑)

 

 

自分を大切にしましょうなんて、

聞き飽きるほど聞いてきたことだと思いますし、

 

実際そうしている方も多いと思いますが、

 

時に、

それでもあなたは自分を優先しますか?

と問われるようなお題に出会うことがあります。

 

例えば、職場で自分を大切にと自分を優先すると、

他の同僚や周りに迷惑がかかるとか、

 

親友が大変な状況の時、

家族や大切な人の病気、

年老いた親や小さな子供のこと…

 

意外と「私は自分をいつも大切にしています」

と言う人でも、

 

いやそれは例外、これはさすがに人として例外、と、

たくさん例外があることも。

 

人っていい人、優しい人ほどそういうものだと思います。

 

 

そんな例外はいらないと言うつもりはなく、

人はそこまで四角く生きられるものではないと思います。

 

だからこそ完全に無しか全部アリか、というような

選択ではなく、

柔軟に対応しながら、

 

ここまでは譲るけれど、これ以上はできないと

キッパリと言える強さも

必要だなと思います。

 

特に親の介護や小さな子供のお世話など、

人としてやるべきことと思うようなことは

なかなか難しいものですが、

 

数年前単位で続くものは特に線引きは必要だと思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20191013001638j:image

 

ありきたりですが、

家族や親しい人などが大切なように、

自分も本当に大切で、

 

自分を大切にしてあげられる一番の存在は

やはり自分です。

 

自分を犠牲にしてがんばっていることに

誰か気づいて、助けてと思っても、

そうはいかないことが多いです。

 

そしてそんな想いを言葉にしないまま、

自分でも人として当然のことだからと

辛さや苦しさ、しんどさを何度も飲み込み、

 

それが気づかないうちに心の奥深くに積もり、

潜在意識の底の箱の中にしまい込まれてしまいます。

 

そうして沈められた箱を

大人はたいていいくつも持っていて、

そのことに気づいていません。

 

 

言ってもしょうがない、

自分でも納得している、そんな大人の理性が、

私たちを真っ当な大人にしてくれているかもしれませんが、

 

私たちの中にいる小さな子供の自分は、

(インナーチャイルドと言います。

これは子供時代のことだけではなく、

大人になってからの想いもたくさん含まれます。)

 

 

「でも辛いよ〜 もうこれ以上はイヤだよ〜」と言って

泣いているかもしれません。

 

そしてそんな傷ついた小さな子供の自分の想いは、

その箱に自分で気づいて開き、受け止めるまで、

そのまま持ち続けることになります。

 

 

そんな箱があると知らなくても、

その箱の中に詰まった想いは今の自分に影響していて、

 

例えば、何故か自分に自信が持てないとか、

劣等感があるとか、

人の評価や目が怖い、

新しい挑戦が怖い、

やろうと思うのになかなか動き出せない、などの

 

原因になっていたりします。

 

誰にでも思い当たることがあるのではと思います。

 

もしその箱が今の自分の問題の原因であるなら、

今の行動や思いグセを変えたいなら、

その箱を見つけて開けていくしかないのですが、

 

なかなかこれは自分では難しいですね。

 

本当に自分でその辛かったことと向き合っていこうという

準備ができていないと、

 

その箱は見つかりませんし、

まるでないかのように感じます。

 

でも自分の心の奥で準備ができると、

だんだんと浮かび上がってきて、

何かしらそれに関する問題が現れだします。

 

その時が箱を見つけて開き癒すチャンスです。

 

 

インナーチャイルドのお話をし出すと

まだまだ長くなりそうなので、今日はこの辺にしますが、

 

思い当たることがある方は

自分でできることとしては瞑想をするといいですね。

 

あとは子供のような自分のわがままや弱さなどを

叱らずに、

 

「そうだよね、悲しいよね、イヤだよね」と

受け止めてあげるように日頃から意識し、

 

これ以上新しい箱を沈めないようにしましょう。

 

 

私のキネシオロジー個人セッションでは

インナーチャイルドに気づくことや癒すこともしていますので

必要な方はどうぞ(^^)

 

遠隔ヒーリングでもやっていて、

次々と浮かび上がっては泣いて、スッキリしたと

おっしゃる方もたくさんいらっしゃいますが、

人によってはセッションの方が分かりやすいかもしれません。

 

個人セッションでもヒーリングでも、

箱がどこまで浮かび上がっているかや、

箱を開く準備ができているかなども大きく影響しますし、

人対人は相性もありますから、

結果を保証できるものではありませんが、

ご興味のある方はお待ちしております。

 

(冒頭にも書きましたが、10月は予約がいっぱいです。

11月以降になります。)

 

キネシオロジー個人セッション - 前向き気づき日記

 

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

p.s.

先ほど遠隔ヒーリングのご感想をページに追加しました。

ぜひ読んでみてくださいね。(両ページに追加しました。)

 

エネルギー・ヒーリングのご感想 - 前向き気づき日記

 

遠隔ヒーリングのご感想 2 - 前向き気づき日記

 

 

秋のセミナー ♪

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー

10月27日(日)東京瞑想セミナー

11月10日(日)大阪瞑想セミナー

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー

 

東京キネシオロジーセミナーは満席です。

他のセミナーは残席1~2席となっております。

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記