前向き気づき日記

瞑想歴28年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

未来の不安や孤独から永遠に自由になる方法

今日は、

未来の不安や恐れ、孤独感から解放され、

永遠に自由になり、

 

豊かに幸せに安心して生きられる方法

についてのお話です。

 

そんな方法が本当にあるの?

と思われるかもしれませんが、

あるのです♪

 

読んでいただくと

納得していただけるのではと思います(^^)

 

これは今日から誰にでもできる方法なので、

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

前半は満月のエネルギーのお話です。

お急ぎの方は「*」の後からどうぞ^ ^

 

 

今日26日は満月です♪

午前3時前に満月を迎えました。

 

月の満ち欠けが地球に住む私たちに

少なからず影響を与えていることは

大昔から世界中で言われていて、

 

例えば、二千年前に書かれた中国最古の医学書でも

月の満ち欠けが人体に影響すると記述がありますし、

 

西洋でも占星術はもちろん、

農業や精神、医学など様々な分野で

その関わりが研究されてきました。

 

 

海の潮の満ち引きが

月の引力の影響であるように、

私たち人間や植物の体内の水分は

月の満ち欠けの影響を受け、

 

満月の時期はむくみやすかったり、

眠りが浅くなったり、

夢を見る人も多いそうですね。

 

果物は満月ごろに収穫すると

ジューシーだったり、

 

逆に新月の頃は、

木の樹液が下降しているので、

幹や枝に樹液が少なく、

伐採した木は腐りにくかったり、

 

乾燥させて貯蔵するイネや麦の収穫に適していたり、

 

人間の手術も新月の頃が出血が少なく、

回復もスムーズだと言われています。

 

 

満月の頃はそれだけ血液の巡りがいいということで、

エネルギーも充満し、

季節でいうと収穫の時期。

 

吸収力もアップするので、

ダイエットには不向きだと言われますが、

 

この時期だからこそ、

学びたいことに積極的に取り組んだり、

仕事や趣味などに打ち込むものおすすめです。

 

 

私たちの体は半分以上は水分で、

その水分は月の引力の影響を受けていますから、

気にしていなくても

自然にその変化の中で生きています。

 

現代に生きていると

こうしたことは無視して、

いつも同じペースで、同じ生産性を

自分や他人に求め、

 

そうできないと自分にダメ出しをしたり、

気合いで乗り切ろうとしたり、

ストレスを感じたり・・・。

 

でも月のサイクルとちょっと意識して知っておくと、

「ああ今日は満月だもんね。」と

自分や周りに優しくなれたりするので

いいなと思います(^^)

 

 

そんな満月の昨夜も、今日も、

瞑想中やブログを書く前も、

同じようなメッセージが届きました。

 

それは、まとめると、

 

「個であることを生かし、輝いて生きることが、

全てと一つである完璧な方法である」

ということです。

 

個であることと、

全てと一つのワンネスの状態とは、

まるで反対のように思えますが、

そうではありません。

 

それをわかりやすく説明していきましょう^ ^

 

 

私たちはこれまで、

大昔から集落の中で生きてきて、

みんなと仲良くいなければ

食べ物が手に入らず生きていけないと思い、

 

嫌われないように、

みんなと同じようにあろうと、

 

個であることを押し殺したり、

個性や人と違う考えを出し控えたり、

隠したりしている状態で生きてきました。

 

その時間があまりにも長かったので、

もうそれが染み込んでいて、

 

人の目を気にしたり、

人と違うことを恐れたりします。

 

そうしてでも欲しかったものは、

居場所や食べ物(今なら収入)など、

生きていくためのもので、

 

個を消すことで、

みんなと一緒にいられることを選択してきたのです。

 

 

でも、それで居場所や食べ物は

なんとかなったかもしれませんが、

 

みんなの中にいるのに

本当の自分では愛されない孤独を感じたり、

 

それと引き換えに、繋がっているというより、

縛られているような閉塞感を感じ、

もっと自由にありたいという本音に

気づくようになってきました。

 

 

でもそう思っても、

やっぱり人から嫌われるのは怖い、

みんなと違うことをすると

一人ぼっちになってしまい、生きていけない、

という恐れに縛られ、

 

それはやってはいけないこと、

みんなと仲良くできないのはダメな人、

と思ってしまったりするのです。

 

そんな時、私たちは、

「個を生きると、一人になってしまう。

生きていけない」と思っているのです。

 

 

その価値観の根底にあるのは恐れや不安で、

 

生きていけない恐れや不安

→生きていくために個を出さず、周りに合わせる

→みんなと一緒に生きていける

 

と思っていますが、

この考えの最初は恐れや不安から始まっています。

 

するとどこまで行っても

恐れや不安ベースの現実しか手に入りません。

 

これは繋がっているのではなく、

縛られている状態で、

代償を払ってしがみついているのです。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

 

「個であることを生かし、輝いて生きることが、

全てと一つである完璧な方法である」

というのは、それとは全く違う考えで、

 

それは、

 

そもそも私たちみんなは一つで、

同じ源から生まれた存在で、

どうすれば繋がっていられるか?など

心配する必要もない。

 

何故なら一つの大きなジグソーパズルの1ピースだから。

 

みんな形が違うからこそ、

自分がどこで輝けるかがわかる。

 

だから自分が歪に思えても

自分の形のままを生きることで、

自分の居場所がわかり、

自分の良さを活かすことができる。

 

それが宇宙のワンネスのジグソーパズルを

完成させる唯一の方法で、

 

自分であることで最も人の役に立つことができ、

喜ばれ、

自分も自分らしくいられ、満ち足りて、

 

パズルが完成することで

みんなが自分らしく輝く完璧な絵になる。

 

自分であることで、

初めてみんなと一体になることができる。

 

・・・ということです。

 

 

この考え方の始まりは、

元々みんなで一つだ、という考えで、

そこには恐れや不安、欠乏感などはありません。

 

個を生かすとつながる、というのは

こういうことです。

 

逆に、恐れから

個を出さずにみんなの中にいるのに

理解されない孤独を感じたり、

縛られているような窮屈さを感じるのは、

 

本当の自分で生きると失う、

という価値観がベースにあるからです。

 

嫌われないように、みんなと同じように、

そうでもしないと失うからと

しがみついていても、

 

そうできなくなったらどうなるのか?と考えると

恐ろしいですよね・・・。

 

それではどこまで行っても

安心できるはずがありません。

 

 

でも、「本当の自分のままを生きることで

みんなが生かし合える」ということに気づき、

 

それを生き始めると、

 

こんなに開放的で、自由で、

安心できる生き方はないとわかるでしょう。

 

個、自分らしさを生かし、

自分にできることをして、

好きなことを楽しむほど、

 

自分というパズルのピースの形がハッキリしてきて、

 

それが自分を生きるということ、

自分らしさを表現するということですが、

 

それをしていると、

自分に関わる多くの人が、

自分のパズルのピースの形に気づき始めます。

 

 

例えば、

自分は掃除は好きだけれど料理は苦手なら、

それをそのまま生きると、

 

料理が好きな人がそれを活かせるようになる、

という感じです。

 

車の運転が苦手だけれど、

情報を調べるのは好きなら、

自分は情報を調べることに専念して、

運転はしなくてよく、

 

運転が好きな人が自分の周りに現れます。

 

これは仕事でも家庭でも友人関係でも同じです。

 

 

まず自分が無理にできないことを

なんとかしようをしないこと、

 

自分の欠点に思えるような凹凸の凹を

恥ずかしがらずに、

申し訳ないと遠慮せずに、

そのまま生きることで、

 

そこにあう凸を持つ人が、

自分の凸に気づくのです。

 

 

こうして自然にみんなが

自分の好きなことをすると喜ばれる機会を

得られるようになっていくことができ、

 

それがどんどん広がると、

最後には大きな一枚の絵になるのです。

 

これが

「個であることを生かし、輝いて生きることが、

全てと一つである完璧な方法である」の意味です。

 

 

この世界を生きる、

この絵を完成させるには、

 

先ほども書きましたが、

 

まず、

個、自分らしさを生かし、

自分にできることをして、

好きなことを楽しむことが始まりです。

 

できないことを無理をして

やろうとしないことも大切です。

 

その役の人の居場所を

空けておいてあげましょう。

 

 

すると、自分というパズルのピースの形が

ハッキリしてきます。

 

これは自分が出していかないと見えてきません。

 

自分の得意なことは何か?などと

頭で考えて探しても無駄で、

 

それは1つや2つ、5個や10個の話ではなく、

自分という人間の

あらゆること全てにおいてです。

 

自分という人間の全ての面が

宇宙でたった一つの固有の形なのです。

 

それを知るには、

自分のままを出して生きることです。

 

思うだけではダメで、

自分らしさを行動で表に現すこと

=自分を表現することで、

つながり始めるのです。

(ここ大事です!)

 

 

そうして生き始めると、

自分に関わる多くの人が、

自分のパズルのピースの形に気づき始め、

 

気づいた人たちは、

自分の凹凸が無理なく活かせる場所を見つけ、

 

自分に合わない人は離れていくかもしれませんが、

代わりに自分にぴったりの人がやってきます。

 

そんなつながりの関係では、

お互いにみんなが自分を活かせ、

お互いに喜び喜ばれ、幸せな世界になるのです。

 

 

・・・というメッセージが、

満月の今日届きました。

 

みんなが一つのワンネスの世界は、

まさに満ちた満月のイメージですね!

 

そんな世界で生きるには、

まずは自分が自分を生きることです。

 

ありのままの自分を生きることが、

私たちの最も大切で唯一の魂の責任です。

 

それをしないことは

周りの存在にとって、宇宙にとって

大きな損失ですから。

 

 

まだ自分の中の自分で受け入れていないことや、

許せないことがあるなら、

それを癒し、手放し、受け入れ、

 

ありのままの自分を生きていきましょう。

 

そう生きる時、私たちは宇宙からサポートされ、

心からの安心と豊かさの中で

生きることができます。

 

いきなり完璧にはいかなくても、

まずは今よりもう少しでも、

本当の自分で生きてみましょう。

 

それがあなた自身はもちろん、

あなたの周りの人や、

世界中の人の幸せにつながりますよ(^^)

 

プロフィール 北山裕子

プロフィール・お問合せ - 前向き気づき日記

摂食障害を治すために瞑想を始め、瞑想歴28年。

現在、遠隔でのエネルギーヒーリングや、

オンラインで瞑想セミナーや

個人セッションをさせていただいています。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

*2月前半は残りあと2枠で(可能枠はお問い合わせください)、

2月末までのご予約で受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

遠隔ヒーリングのご感想

遠隔エネルギーヒーリングのご感想3〜2023年 - 前向き気づき日記

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪