前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

生き辛い日常を穏やかに暮らすコツ

今日も優しい曇り空の向こうに見える青空が美しい一日でした。

 

信州の夏はここの繊細な波動のままの

どこか優しい感じで、

それが心地いいです。

 

穏やか、和む、優しいという言葉がピッタリで、

車を運転していても、

スーパーなどで買い物をしても、

その空気感を感じます。

 

場所の波動もあると思いますが、

人が多過ぎないこともいいのだろうなと思います。

 

 

ちなみに今住んでいる諏訪市は人口が約5万人、

お隣の茅野市も同じくらい、

よく散歩に行く原村は8000人、

 

昨年の夏に住んでいた北海道の帯広は17万人、

長年住んでいた和歌山市は37万人、

春まで住んでいた京都市は147万人です。

 

人口が少なくなるほど空気感がゆるみ、

明らかにのんびりした感じになります。

 

それはただ田舎だとか、車が少ないという話ではなく、

人の穏やかさが全然違うのを感じます。

 

(京都は不思議に調和しているのが面白いです。)

 

 

人が多いと、不思議とみんな

せっかちになり、

忙しくなり、

我が強くなり、

街全体が短気になるように感じます。

 

それはそうしないと

人の意見や期待などに押し流されて、

自分を生きることが難しくなってしまうからでしょう。

 

日常でそんなことを感じていなくても、

その感覚を潜在意識で感じていて、

無自覚でそうなるのだと思います。

 

 

私は大学時代、大阪の中でも人が多い、

大阪駅や地下鉄御堂筋線が通学路でしたが、

 

例えば、始めの頃は駅で乗り換える時に、

人の流れに沿って歩いていたら、

どんどん流され、

自分の行きたい方に進めなかったり、

 

人が途切れずいつまで経っても

人の波を横断できなかったりしていました。

 

強気でちょっと強引なくらいに

前を見て一直線に行くぞ、と主張を持って突き進むことで、

ようやく自分の行きたい方に進むことができました。

 

みんな歩くのも早く、

自分の進む方だけを見ていて、

のんびり周りを見ながら歩いている人などいませんでした。

 

ちょうど日常もそんな感じになるのかもしれません。

 

 

こちらに住んでいて、急いでいる人や、

忙しそうな人、焦っている人をまず見かけません。

 

お店のレジが混んで並んでいても、

車の右折レーンが渋滞していても、

イライラしている感じがなく、

 

みんな親切で、お先にどうぞの譲り合いで、

だから空気がいつも柔らかいです。

 

人が多いと、そんなことをしていると

いつまでも自分の順番が来なかったり、

 

譲ったら譲ったで、

自分の後ろの人がイライラしているのを感じたり、

周りの人に迷惑をかけているのではと気になったりして、

 

つい忙しい空気に自分もなっていたり、

優しさを自然に出せなかったり、

我先に、になってしまいがちです。

 

 

そんな中で暮らしていると、

それが普通になり、

それに違和感を感じなくなってしまいますが、

 

でも違う場所に住んでみると、

ああ、あれが当たり前ではないのだ、

違う「普通」があるのだ、と気づくことができます。

 

住むのは無理でも、

しばらく滞在して、観光地巡りをすのではなく、

暮らすように過ごしてみると、

その雰囲気を感じることができるように思います。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(北海道 十勝 六花の森にて。左に綺麗な小川が流れています♪)

 

人が多すぎる中でずっと暮らす弊害は

他にも色々あり、

 

やはり人が幸せに自分らしくあるためには、

 

そうして頑張って自分をガードしなければならない場所に

ずっといるのではなく、

 

ガードをゆるめ、

外しでも安心して自分のままで

開いていられるような場所にいることが必要だと思います。

 

 

もちろん都会には都会の良さ、楽しさがあり、

私もたまに東京などに行くと、

その活気あるエネルギーにテンションが上がります。

 

やはり華やかでワクワクしますよね♪

(人混みが苦手なのでずっとは厳しいですが。)

 

人によってはその刺激をうまく活かし、

バランスを取るのが上手な人もいますから、

一概にダメということではありませんが、

 

今の時代は昔よりずっと

色んなんことに敏感な人、繊細な人が増えていて、

 

その分生き辛さ、息苦しさを感じる人も

増えているようです。

 

 

人が霊的に成長、進化すると、

自然と感覚が磨かれ、繊細になっていきます。

 

波動的に見ても、

低い波動ほど荒く、

波動が高いほどより繊細です。

 

するとどうしても、

今まではスルーできていたちょっと攻撃的な言葉や行動、

人の強引さ、自分のままでいられない不自然さを

敏感に感じ取ったり、

 

イライラしたりせっかちだったりする空気と

自分が不調和になり、

 

ストレスを感じるようになります。

 

 

そうしたことを感じるなら、

本当は無理をせず

その波動の場所から離れて暮らすといいですが、

 

それが難しい場合、

それを緩和するには、

一人になる時間を今まで以上にたっぷり取るようにしたり、

 

あえて周りの忙しい空気感に合わそうとせず、

周りの期待やこうあるべきに応えるのではなく、

自分は自分のペースで生きるようにしたり、

 

ゆっくりよく噛んで味わって食事をしたり、

 

話すテンポを少し落とし、たくさん言おうとせず、

大きな声ではなく少し落ち着いたトーンで

話すように心がけるなど、

 

「早いことがいいこと」

「より多く」「もっとたくさん」という価値観から

距離を置いて生きるように意識し、

 

そうあるように日常的に行動していくことが

大事だなと思います。

 

 

そしてやはり自然のそばにいる時間を持つようにするのが

おすすめです。

 

自然の中にいると、

本来の自分のあるがままのテンポに戻ることができますから。

 

近くにそんな場所がないという方は、

ベランダに出て夕陽や月を眺めたり、

 

テレビや音楽を消して、窓を開け、

静けさの中で雨や風の音を聞いたりして、

 

刺激のない中にいる時間を

毎日取るようにするといいですよ。

 

瞑想もとてもおすすめです。

 

そんな時間が本来の優しく柔らかな心を癒し、

開く時間になるでしょう。

 

 

自分のままである時、

私たちは安心感と信頼の中にあり、

自然とゆるんで開いています。

 

その状態であると、

人は誰でも優しさや柔らかさが溢れ、

 

自分も心地よく、

周りの人も心地いいなと感じるものです。

 

それはスマホやパソコン、エアコンや車、家、

もちろんペットや植物も感じ取ります。

 

 

そうしていつも生きていると

自分と世界が美しく調和し、

 

シンクロがどんどん加速したり、

自分の周りが優しい人ばかりになるでしょう。

 

人は本来そうあるものなのです。

 

 

もし生き辛さを感じるなら、

今日の内容を参考に、

自分の行動や言葉、在り方を振り返り、

 

日常から変えていくといいですよ。

 

あなたが変わると、世界もその分幸せになり、

周りも幸せになりますから。

 

そうして穏やかに柔らかく開いた自分で

みんなが生きる世界になるといいなと思います。

 

明日もそんな穏やかな一日となりますように(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

長野暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪