前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分にできる「何か」が見つからない時

今日の日本は全国的に暑い一日だったようですね!

 

こちら長野でも昨日より気温が上がり、

エアコンが活躍しましたが、

やはり湿度が低いので過ごしやすいように感じます。

 

そういえば昨年夏に滞在していた北海道の帯広でも、

ちょうどこの時期、10日間ほどは暑かったなぁと

懐かしく思い出します。

 

でもお盆前には暖房を入れたのを覚えていますので、

暑い夏はほんの短い間でした。

 

長野の暑い夏はどのくらいの期間なのかわかりませんが、

きっとずっと住んでいた関西のように

長くはないのだろうなと思うので、

 

貴重な夏を楽しみたいと思います♪

 

 

色んな人を見ていて思うことであり、

私自身もつい忘れそうになったり、

今までに何度も見失ったりしてきましたので、

自戒の念を込めて書きますが、

 

人は自分がやっていること、できることに慣れてしまって、

それが素晴らしいことだとその価値を感じられず、

 

できていることがすごいことだ、貴重なことだと思えず、

大したことはないと思い、

 

もっとすごいこと、もっといいもの、

もっと何かがないか?と探し回ります。

 

 

例えば今できていることが、

家族のご飯を作ることやアイロンがけでも、

子育てでも、

庭の水やりをすること、

会社の電話番や、スーパーのレジ係などどんな仕事でもそうですし、

 

憧れて就職した会社や結婚生活でも、

 

また例えば、子供の親であるということ、

誰かのパートナーであるということや、

 

友人に聞かれたちょっとした質問に答えること、

出入り口のドアで「お先にどうぞ」と言えることなどでも、

 

自分が普通にできていることはたくさんあり、

その一つ一つが貴重で素晴らしいことで、

とても価値のあることなのに、

 

それは誰にでもできること、とバッサリ切り捨てて、

自分は何もできない、役に立てない、価値がないと思い、

 

今の自分に満足できず、

もっと何か価値のあること、役に立てること、

必要とされること、すごいことを探そうとします。

 

周りから見れば、もうあるのに。

本当はもうそれを知っているのに。

 

でも気づかずに、そんなものじゃなくて、

もっと別の何かがあるのでは?と思い、

 

ない、見つからない、と言いながら探し回ります。

 

 

これはエゴの幻想なのですが、

幻想はあまりにもリアルで、

 

私たちはそれを信じ込んで

「ない、見つからない、どうにかしなくては」

と思い続ける人生を生きてしまいます。

 

エゴは、

もうあるのに、まるでないかのように思わせるという

私たちからすると見抜くのが難しい幻想を

思い込ませるのがとても上手なのです。

 

 

その幻想の中にハマってしまうと、

 

このままじゃダメだ、

こんな自分ではダメだ、

こんなことではなくもっと素晴らしい何かができるはずだ、と思い、

 

もし何かそれらしいことが見つかっても、

その幻想の中にいることに気づかない限り、

 

またすぐに「こんな自分ではなくもっと何か・・・」と、

終わることなく青い鳥を探し続けることになります。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(昨年の夏、毎日通った北海道 帯広のガーデンにて。懐かしいです♪)

 

 

そんなエゴの幻想の森から出るには、

童話の「青い鳥」のお話と同じで、

青い鳥はもう持っている、もうそうあると気づくことです。

 

多くの人は自分には価値がない、と思いながら、

 

でもそんな自分は辛くて苦しいので、

自分に価値を与えよう、もっと価値のある自分になろうとします。

 

そのために、自分がもっと輝ける仕事や、

人が高く評価してくれる何かを手に入れようとします。

 

自分について深く見つめ探すことも

人生では必要なこともありますが、

 

それでは見つからない、そこから脱出できないこともあります。

 

 

そんな時には、

もうあると気づくことが必要な答えかもしれません。

 

例えば、家族のご飯を作ることなんて、

多くの人が当たり前のようにやっていて、

誰も評価してくれないかもしれませんが、

 

でも私からするとそれはすごいことで、

とても真似できないことで、

全然当たり前ではなく、素晴らしい才能であり能力です。

 

また例えば、いつも機嫌よくいることや、

笑顔でみんなに挨拶をすることで、

自分が気づかないうちに

人に安心感や笑顔を贈っているかもしれず、

 

それは誰にでもできることではなく、

とても価値のある素晴らしいことです。

 

 

それを周りの人が褒めてくれたり、感謝してくれるといいですが、

みんながみんなそうしてくれるとは限らず、

 

するとつい、「こんなことができても・・・」と

思ってしまったりします。

 

それは家事でも、一流企業で仕事をすることでも同じです。

 

 

そんな「こんなことができても・・・」と思う状態の時ほど、

もっとすごい何かを見つけたいと思う時ほど、

 

もうあることに気づくことが大事です。

 

その「もうある」

「私は私にできることで人を幸せにしている」と

自分が気づくことで、

自然と自分の周りの世界が変わってきます。

 

 

「私はこんなに頑張っているのだから認めて!もっと評価して!」

と思っていると、そうはならないもので、

 

誰がどう思っていようと、

私は私にできることで人や世界を喜ばせたり幸せにしたりしている、

私には人を笑顔にできることがある、と気づき、

 

それを喜び、楽しんでやっていると、

 

周りがそれをありがとうと喜んで受け取ってくれるのです。

 

 

ですから、

もうある、と気づき、それを大切に育てることが

私たちの最も大事な仕事です。

 

せっかく自分のできることの種が芽吹き、葉をつけ育ち、

それが家事でも子育てでも仕事でも、やっているうちに

その木が大きく成長しているのに、

 

それに気づかず、他の種を探してばかりいると、

せっかく育った木が枯れてしまいます。

 

 

今の自分ができること、もうあること、できていることに気づき、

 

その自分を大切にし、尊重し、

自分に敬意を込めて生かすことが

自分を生きることで、

 

それが魂を生きることです。

 

 

自分という木が華やかな花が咲く木ではなくても、

 

鶯やコマドリが好んで遊びに来て、

可愛らしい声を聞かせてくれるかもしれません。

 

そんな一見どこにでもあるような木に思えても、

それがあるから助かる人や喜ぶ人がいることに気づき、

 

自分にできることを大事に育てていくことで、

本当の意味で、自分には価値があると

感じられるようになるのではと思います。

 

 

今のあなたができること、やっていることは何ですか?

 

それは仕事でなくても、

笑顔で過ごすことや、人生を楽しむことでもいいのです。

 

そんな自分ができることに気づき、

それを大事に育てていきましょう。

 

自分がそうあると、

人ができること、していることに気づくようになり、

より感謝できるようになってきますし、

 

自分が自分に敬意を持って生きるようになると、

周りが自分を大事にしてくれるようになってきます。

 

自分の周りの世界は自分の意識の鏡ですから。

 

そうして自分も周りもお互いに尊敬し感謝しあう世界を

楽しんで生きていきましょう。

 

明日もそんな一日でありますように(^^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

長野暮らしの日常をまたゆるゆると書き始めました♪

不定期更新ですが、

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪