前向き気づき日記

瞑想歴26年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生を行き詰まらせている制限に気づく

今日は雨降りの一日でした。

 

窓の外を眺めると、木々の緑が生き生きとし、

昨日はこんなにこの木は大きくなかったはず、と

たった一日の成長に驚きました。

 

ひと雨ごとにどんどん成長するたくましさに、

しばし見惚れていました。

 

 

植物も人も、成長するタイミングがありますが、

 

植物は、動き出すタイミングまで抵抗せず静かに休み、

時期が来ると「この辺が妥当かな」というような制限なく、

どこまでも伸びやかにその生命を広げていきます。

 

そんないい意味で遠慮や常識に縛られない、

自分のタイミングと生命力のままに生きる姿から、

私たちは学べることがたくさんありますね。

 

 

人は無自覚で多くの制限を

自らかけていることが多いです。

 

自分は特別な才能などない、

自分のお給料は頑張ってもせいぜいこれくらい、

こんな自分を愛してくれる人なんていない、

 

こんなことは親が、パートナーが、家族が、

会社が、世間が、許さない、

 

夫(妻)や会社、上司の言うことは絶対だ、

 

もうこんな齢だから難しい、

資格や経験がないから無理だ、

 

やってみたいことはあるけれど、

そんなことができるのは限られたひと握りの人だけだ、

 

夢みたいなことを言っていないで、

現実を見なければ、

 

こんなことをしたら嫌われる、

きっと誰も私を許さない、認めない・・・

 

そんな制限をみんなたくさん持って生きています。

 

 

でもそれらは全てただの思い込みで、

過去に間違って学んでしまったことから生まれた幻です。

 

でもみんな本当にそうだと信じ込んでいるので、

そのことを疑うことすらありません。

 

 

よく、会社で無茶な仕事量だったり、

ひどいパワハラなどで自殺する人のニュースを聞くと、

 

多くの人は

「そこまで我慢せずに辞めればよかったのに」

と思いますが、

 

会社や上司が絶対だと信じ込んでいたり、

辞めると生きていけないと信じ込んでいると、

 

辞めるという選択肢が出てこなかったり、

出てきてもそれは死ぬより難しいことだと感じ、

辞めることができません。

 

思い込み、幻想とはそういうものです。

 

他人が見れば「なぜそんなに縛られているの?」と

不思議に思うものですが、

本人には絶対的なものなのです。

 

 

そんな思い込みで、

 

自分のままでは愛されない、

自分の生活はいつまでも楽にならない、

自分には才能の運もないから無理だ、

痩せることは難しい、など、

 

自分が間違って信じ込んでいることに

縛られています。

 

でも人に「それは思い込みだよ」と言っても、

「いや、私のこのことについては本当にそうなのです!」と

納得しないものです。

 

だから思い込みであり、幻想なのですね。

 

ただの軽い思い違い程度なら、

周りをよく見ればそれが間違いだと気づけたり、

人の話を聞いた時に「あれ?私、おかしいぞ」と

思うはずですから。

 

 

そんな間違った思い込みに

みんな疑うことなく信じ、従って生きています。

 

でもそれを手放すだけで、

これまで自分にかかっていた制限が外れ、

 

伸びやかに、条件など関係なく、

そのままの自分を生きることができるようになり、

 

それを素敵だと言ってくれる人が現れ、

パートナーやいい友人に恵まれたり、

今まで絶対に受け入れてくれなかった

家族がOKしてくれたり、

 

そんな自分を必要としてくれる

仕事に出会えたりします。

 

それにはただ自分が制限を外すだけなのです。

 

f:id:yuko-k-ami:20210418000236j:image

(スイス ルツェルンの公園にて。) 

 

 

制限を外すためには、

まずは制限があることに気づき、認めることです。

 

制限を外したいと思いながら

外せない人の多くは、

 

それを見つけても、

「これは制限ではなく現実だ」と言って、

制限だと認めようとしません。

 

「実際に私は今こういう状況だから

これは幻想ではなく事実だ」

と言うのです。

 

それが思い込み、幻想に気づく難しさ

だと思います。

 

 

この記事を読まれた方はぜひ、

そう思うことがあったら、

 

「あれ?もしかしてまかさ、これは幻想なの?」と

まずはちょっと引いて考えてみてください。

 

いきなり「これは思い込みだ」と認められなくても、

「思い込みの可能性は0ではないかも」と

ほんの少しでも考えてみることで、

制限は緩みます。

 

本当に思い込みだとはとても思えなくても、

「思い込みだったらいいな〜」でもいいので、

 

「思い込みと言うことにしてみよう♪」と

試しにそう思ってみるといいですよ。

 

何度もそう思ってみることで、

少しずつ幻想から目が覚め、

本当の姿が見えるようになっていくでしょう。

 

 

私は毎日個人セッションで、

そうした制限を外すお手伝いをしていて、

 

みなさま最初は

自分にどんな制限があるのかもわからず、

行き詰まっていたり、

人生で迷子になっていたりしますが、

 

制限を見つけ、

いつ間違ったことを学んでしまったのかを探り、

そこに戻って癒すと、

ほとんどの方は覚えていなくても涙が流れ、

ご自分でも驚いていらっしゃいます。

 

するとそのあとはご自分でも不思議に感じるくらい、

もう抵抗がなくなり、

 

なぜあんなことで

そんなに苦しんでいたのかわからない、

と言われます。

 

制限、思い込み、幻想とはそんなものなのです。

 

 

ですから、自分の中でうまく行かないことを

見つけたら、

 

これはどんな思い込みからきているのか?と

落ち着いて考えてみるといいですね。

 

 

でもみなさま、

自分ではいくら考えてもなかなかそれがわからなかった、

思い込みだと気づいても、

どうしても手放せなかった、と言われます。

 

自分でいくら自分を見つめてもわからない時、

わかっているのに手放せない、

幻想から抜け出せない時は、

 

人の手を借りることも必要だと思います。

 

 

私はいつもブログなどで、

自分でできることをご紹介し、

自分で見つめることの大事さを伝えていますので、

 

中にはセッションを申し込むには早いかも?

もっと自分を見つめてからでなければ、

と思う方もいらっしゃるようですが、

 

自分ではどうしても難しいことは確かにあり、

一生懸命考えてもわからないこともあります。

 

そんな時はまだ早いかも・・・とそのまま耐えず、

セッションを受けていただければと思います。

 

セッションの後で、

「これは自分では無理だった。

もっと早く受ければよかった!」

と言われる方も多いので(^ ^)

 

 

最後はセッションのお話になりましたが、

 

今日も自分でできることを

ご紹介させていただきましたので、

 

気になることがある方や、

うまく行かないこと、進めないこと、

変われないこと、我慢していることなどがある方は、

 

ぜひ参考にしていただき、

どんな思い込みや幻想があるのか?を

見つめ直してみてくださいね。

 

みなさまの毎日が、未来が、

ひと雨ごとに伸びやかに制限なく広がる木々のように、

自由に広がっていきますように。

 

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 *ただいまセッションはオンラインのみ受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記