前向き気づき日記

瞑想歴26年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

苦手な人嫌いな人がいてもいい

今私が住んでいる北海道は、

少しずつ暖かくなってきましたが、

最低気温はまだ一桁で、

夜は暖房をつけています。

 

先月までいた京都の三月後半くらいの感じでしょうか。

 

昨日和歌山市にいる主人と電話で話しましたら、

もう蒸し暑いらしく、

そろそろクーラーがいると言っていて、

 

日本は広いなぁと感じました。

 

 

日本人は

日本は小さい国だと多い込んでいる人が多いですが、

 

日本の国土面積は

世界で60位くらいで(190カ国中)、

ドイツと同じくらいで、

イタリアやイギリスより大きく、

 

結構大きな国です。

 

大きいからどうということもないですが、

でも色んな気候や文化の違い、

方言、食文化などの違いがあり、

 

知らないこともまだまだあって

おもしろいなと思います。

 

 

北海道に住むようになり、

札幌のスーパーに行きましたら、

魚売り場の種類の豊富さや

新鮮さ、値段にびっくりで、

 

「ここは天国ですか!?」と思わず呟いていました。笑

 

和歌山も海沿いの県ですから、

魚は豊富な方だと思いますが、

さすがは北海道ですね!

 

京都は京野菜の八百屋さんが

街にちらほらあったり、

(町の個人の八百屋さんっていいですね!)

 

オーガニックスーパーの食材の豊富さは

東京の表参道にある有名なオーガニックスーパーより

豊富なくらいで、

驚きでした。

 

色んな街に住んでみると、

旅行では見えない部分が見え、

とてもおもしろいです♪

 

これから北海道の食文化も

楽しんでいきたいと思います(^ ^)

 

 

さて、個人セッションをしていると、

ある人のことが好きになれないことで

悩んでいる人が多く、

 

例えば、職場のある人のことが苦手、

自分の親が嫌い、兄弟と合わない

というのはよくあることで、

 

パートナーのことが嫌いというお話も

たまにお聞きします。

 

でも職場の人も、家族も、

そう簡単にさようならできませんから、

ストレスを感じ、悩むのですよね。

 

 

嫌いな人と付き合わなければならないストレスも

ありますが、

 

同時に、人を嫌ってしまう自分が未熟なのでは?

と思ったり、

人を許せない自分を好きになれない、

と自分を責めたり、

 

そんな嫌いな人にいつも出会ってしまうのは、

自分に問題があるからでは、と

自分を責める人も少なくありません。

 

 

そうなるとその人のことがきっかけで、

ただその人の存在がストレスということを超え、

 

人を好きになれない自分自体が

ストレスになってしまい、

 

その人がいてもいなくても

四六時中ストレスを感じることになります。

 

だって自分とは

ずっと付き合っていかなければなりませんから。

 

それは苦しく大変ですよね。

 

 

でも考えてみると不思議で、

どうして好きになれない人がいると

ダメなのでしょう?

 

確かにみんなを好きになれた方が楽ですが、

中には好きになれない人、苦手な人がいても

別にいいですよね。

 

好みは誰にだってありますから、

女性でスカートが好きな人もいれば、

パンツスタイルが好きな人もいるように、

 

赤が好きな人もいれば、

赤が嫌いな人もいるように、

 

別に好みではないものがあってもいいですよね。

 

 

ただそれが自分の両親だったりすると、

自分の中の「いい人」の自分が、

育ててくれた両親に感謝できないことを責めたり、

 

愛せない自分が未熟なのではと

自分を受け入れられなかったり、

 

普通は親孝行だとか、

産んでくれたことに感謝だとか言うのに、

いい歳になっても自分はそうできないことを

恥ずかしく思ったりする人もいるようです。

 

f:id:yuko-k-ami:20210515235557j:image

 

潜在意識を深く見ていくと、

なんとなく嫌い、と思うことにも、

深い部分で嫌う理由があることも多く、

 

それは直接その人に関わることではない場合も

多々あります。

 

また、こういう人だから嫌いだと

はっきり自覚している場合でも、

 

根っこにあるのはもっとずっと昔の、

全然違う経験からきていることもよくあります。

 

 

そこの所に気づき、

その傷を癒やしたり、

握りしめていることを解放したり、

 

見ないで目を逸らしていたことを

ちゃんと見て感じてあげたりすると、

 

嫌いが好きにはなれなくても、

別に気にならなくなったりします。

 

そうなると自分が楽ですから、

そうやって深く見つめることも大事ですが、

 

でもそもそも、自分には好みがあるということを

受け入れ、許してあげられるといいですね。

 

 

食べ物でも、好き嫌いがない方が

食事を楽しみやすくていいですが、

 

でも例えばピーマンが苦手でも、

 

今日本で栽培されている野菜だけで、

150種類くらいあるそうですから、

 

他にたくさん好きなものや

食べられるものがあるのですから

まあいいじゃないですか。

 

 

野菜ですらそうなのに、

 

人間は世界に78億人以上、

日本だけでも1億2600万人もいるのですから、

 

そりゃあ苦手な人がいても不思議ではないですよね。

 

そして嫌いな人が10人いても、

まだまだ人はたくさんいますから大丈夫です。

 

 

何よりそんなことで自分を責めても、

何の得もいい効果も発展性もないですから、

 

誰かを好きになれなくても、

「みんなが美味しいというものでも、

口に合わないことはあるよね」と思って、

自分を責めないで受け入れてあげられるといいですね。

 

 

それでもやっぱり嫌いな人がいない方が

自分が楽だからいいな、と思うのであれば、

 

例えば、トマトは苦手だけれど、

トマトソースにすると好きだったり、

 

トマトは好きだけれど、

トマトジュースになると苦手だったりすることがあるように、

 

同じ人でも視点を変え、捉え方を変えると、

この人意外とおもしろいな、と

思えるようになったりしますから、

 

視野を広げ、視点を変えてみられるといいですね。

 

 

ただ、「嫌い!」「苦手・・・」と思っている時、

人は潜在意識レベルでエネルギーが滞っていて、

 

そのままの状態で

視野を広げ視点を変えることが難しいです。

 

セッションではその原因を探り、

エネルギーの流れを整え、

視野を広げ、気づきを促し、

気にならなくなるようにしていったり、

 

そこからの必要な学びを

スムーズに進めるようにすることで、

 

軽やかに前に進んでいけるようにお手伝いします。

 

これは潜在意識レベルのことなので、

自分ではなかなか難しい所なので、

必要な方はセッションもご活用ください。

 

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記 

 

 

今日は好きになれない人、苦手な人、

嫌いな人がいる時に、

 

自分を責めないことについてのお話でした。

 

みなさまは好きになれない人はいますか?

 

苦手な人、嫌いな人のことを考える時、

つい、その人のどこがどんに風に嫌なのかを

繰り返し自分の中で語っていたりしますが、

 

それは1回2回やったら、

あとは「もうその解説は聞いたからいいよ〜」

と自分に言って、

 

嫌いだと思う自分を

「そうだね、嫌だよね」と許してあげてください。

 

 

そうすることで、

嫌いから生まれるストレスは最小限にでき、

 

無駄に嫌なことにエネルギーや時間を

使わなくていられると思います。

 

 

自分の人生の時間をそんなことに消費せず、

ぜひ好きなこと、ワクワクすることに

使っていきましょう。

 

明日もそんな自分を受け入れ、

今日を楽しむ日となりますように。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記