前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

瞑想中の雑念を減らす方法

今日も軽やかな空気が心地よい一日でした。

 

毎日夢のように美しい夕暮れが広がり、

今ここに生きている贅沢さ、幸せを感じます。

 

清少納言が「秋は夕暮れ」と書いた時代から

1000年経っても変わらないのだなぁと思うと

自分が大きな流れの中にいることを感じ、

 

時の流れを感じたり、

時が止まったように感じたり。

 

本当に美しいものに心奪われる時、

人は思い込みや価値観を手放し、

三次元的な感覚も手放すようです。

 

こんな瞬間は時空を超えて

宇宙のすべてとつながっているのでしょう。

 

 

さて、瞑想セミナーをしていてよく聞かれることの一つに、

 

瞑想に入りやすい日と雑念が多い日があるのは何故か?

瞑想をしても雑念がなかなかなくならないのは

どうすればいいか?

 

ということがあります。

 

これはよくあることで、

様々な原因が重なっていたり、

人により、時により色んな理由があります。

 

詳しくは瞑想セミナーでお話していますが、

今日はそれについて簡単なヒントを

お話したいと思います。

 

これは瞑想をしない人にとっても、

自分らしい人生を生きる参考になると思いますので、

ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

いつもより雑念、頭のおしゃべりが多い日って

ありますよね。

 

すんなり瞑想で集中できる日と、

何度集中しようとしても気づいたら何か考えていたり、

今日聴いた歌が頭で回っていたりして、

 

瞑想をしてるつもりが、

気づくとただ頭のおしゃべりを聞いている時間になっていた、

なんて言うこともよくある話です。

 

これが、時にそんな日があるけれど、

よく集中できる日もある場合は、

 

よく集中できる日は一日をどんな風に過ごしたか、

全然集中できない日はどんな一日を過ごしたか、

 

その違いを振り返ってみると

そこにヒントが見つけられるでしょう。

 

 

例えば、仕事が忙しく最近朝から夜遅くまで

ずっと仕事のことで頭がいっぱいという時や、

久しぶりに友達と会い長時間おしゃべりをしていたとか、

憂鬱な予定にNOと言えなかったとか、

 

いつもよりヘルシーな体に優しい食事を

腹八分で楽しんだ、

久しぶりに運動をした、

 

瞑想を始める数時間前から

いつも見るテレビやスマホを見なかった、

久しぶりに動物と触れ合ったなど、

 

どんなことでも、雑念が多い日と集中できた日を比べ

その違いを見るとそこにヒントがあるでしょう。

 

これは人によってより強く影響するものがあったりもしますが、

多くの人に共通することがやはりあり、

 

今挙げたようなことは基本で、

前半の3つは雑念が増えやすいですし、

後半の4つは集中しやすくなる傾向があります。

 

まったく同じ内容でなくても、

似たようなことでも効影響は同じです。

 

もちろんそれ以外でも過ごし方の違いを見ることで、

自分なりのポイントが見つかるでしょう。

 

時々雑念が多く、時々集中できる人の場合は、

自分のその日、またはその2、3日の過ごし方を

よく振り返ってみると、

 

自分がどんなことに

影響を強く受けているのかがわかるでしょう。

 

 

また、いつも変わらずずっと雑念が多いという場合は、

いま挙げたようなことについて

自分の毎日を振り返ってみるといいですね。

 

ヒントはずっとしていること、

いつもしていること、日常にあります。

 

いつも家ではテレビや音楽をよくつけているとか、

瞑想をする直前までスマホを見ているとか、

ちょっとした散歩などの運動もあまりしないとか、

 

ついいつも食べ過ぎたり、

中毒性のあるカフェインやスイーツなどをよく食べるとか、

 

刺激の強い映画や、長時間ドラマや小説などを

観たり読んだりするとか、

 

太陽の光に当たらない生活や、

とにかく朝から夜中までずっと仕事をしているなど、

 

いつもの生活にヒントがあります。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20201109235809j:image

 (ニュージーランド クライストチャーチの公園にて。)

 

 

例えば、瞑想中に好きでよく見ているドラマが

勝手に浮かんでくるとか、

スマホでさっきチェックした情報が浮かぶなどの場合、

 

まず瞑想のどれくらい前に見ていたのか、

どれくらいの時間見ていたのかとチェックしてみて、

 

いつも直前まで見ていたのなら、

1時間前には止めてみるとか、

いつも2、3時間見ていたのなら1時間に減らしてみるなどして

変化を確認してみましょう。

 

それでも変わらないなら、

試しに一日止めてみて違いをチェックしたり、

 

止めたり減らした時間に、

散歩をしたり、手芸や料理をしたり、

絵を描いたり楽器を弾くなど、

 

自分の好きなことで能動的な行動をしてみましょう。

 

 

実はこれがとても効果的で、

 

ただ雑念を増やすことをする時間を減らすだけではなく、

(もちろんこれも大事です。

どんなこともマイナス要因を減らすことが先です。)

 

その時間に自分の好きな能動的なことをすることで、

より効果があがるでしょう。

 

 

「自分の好きなことをする」だけですと、

テレビやyoutubeを観るなどの

受動的なことになる人もいますが、

 

そうではなく自分が何かをすることで

楽しむことをしましょう。

 

スイーツを食べるなども

一見自分で好きな行動しているように思えますが、

実は受動的です。

自分で作ることろからすると能動的なことになります。

 

また本を読むことも、

漫画や小説をただ読むのは受動的で、

実用書や自己啓発本などを

学びながら読むのは能動的です。

 

 

他に能動的なことは、例えば習字を書いたり、

塗り絵や折り紙をしたり、

絵本を描いてみたり、

これからの季節ですと編み物などもいいですね。

 

趣味ですから上手下手は気にしなくて大丈夫です。

 

何も思いつかない方は

自然を感じながら散歩をするといいですよ。

 

私はピアノで遊びで曲を創るのが最近の楽しみです。

 

 

そうして雑念が増えることの代わりに、

自分の好きなことを能動的に楽しんでいると、

 

自然と瞑想をしても雑念が減り、

集中しやすくなります。

 

これは自然なことで、

好きなことを能動的に楽しむことは、

自分を生きることで、

 

瞑想をする多くの人が望む

「幸せに自分らしく生きる」ことの実践だからです。

 

自分らしく生きるために、

いきなり会社を辞めたりしなくても、

 

こうして日常に今より少しでも

自分らしい時間を取り入れていくことで、

現実の流れが変わったり、

本当に自分が何をしたいのかが見えてきたりします。

 

その方向性を生きながら瞑想を同時に進めていくと、

より明確に魂の自分の声が分かるようになるでしょう。

 

 

今日は瞑想で雑念を減らす方法についてお話しました。

 

同時にこれは多くの人が瞑想をする理由の、

自分らしく幸せに生きることにもつながりますので、

 

瞑想をされない方にも

ぜひ参考にしていたければと思います。

 

 

これから寒い季節になってきますが、

ドラマやスマホを見て受動的に過ごすのではなく、

 

自分でできる能動的な趣味を持っておくと、

お家時間も充実感があり楽しめますよ。

 

ぜひ思いつくものを試して楽しんでみてくださいね。

 

 

2020年11月セミナー

 ☆オンライン瞑想セミナー3 - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想を追加でアップしています♪

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記