前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分を好きになるには~自分が好きになれない人へ

私たち一人一人が最も輝き、

真の幸せを感じるのは、

 

自分のことが大好きだと思い生きる時で、

 

その時一人一人が最もパワフルで完全な存在として

生きることができます。

 

そう在ることを、私たちの魂も、

ハイヤーセルフも宇宙も待っています。

 

 

自分がそう在るようになると

自分の周りの人にもそれが影響し、

 

そう在る人が増えると地球の波動も

グンと上がっていくでしょう。

 

 

そう言うと、

「自分を好きになれません」

「こんな自分が大嫌い」と言う方もいらっしゃいますが、

 

それでも大丈夫ですよ。

 

どんなに自分を大嫌いでも、

今の自分の嫌いなところを全部なくさなくても、

自分のことを好きになることはできます。

 

自分を好きか嫌いかは、

どんなに自分がちゃんとしたいい人かや、

優しい思いやりのある立派な人かは

関係ありませんから。

 

 

もしあなたが今、自分のことを、

 

自分のこんな性格が嫌い、

自分のズルくて醜い心が嫌い、

いつまでも変われないままの自分が嫌い、と思っていても、

 

大丈夫です。

 

挙げるときりがないほどでも、

1つ1つの嫌いなところが醜悪すぎて

直視できないほどでも、

 

それをなかなか手放せなくても、

 

それでも、そのままでも

自分を好きになることはできますから。

 

きれいで整ったよくできたいい人にならなくても、

自分を好きになれるのです。

 

なかなか変われない自分にうんざりしていても、

その変われないうんざりな自分を

そのまま愛することはできますから。

 

 

例えば、いい人のフリをする自分、

浮気をしている(した)自分、

人の間違いをいつまでも許せない自分、

親が憎い自分、

パートナーや子供に八つ当たりする自分、

つい嘘をつく自分、

人を見下す自分、

イヤだと思いながらも立場を利用している自分、

何もできない自分・・・

 

そんな嫌いで醜い自分がたくさんあったとしても、

そんな自分を愛することができます。

 

自分を愛するには、

ただそれが自分なんだ、と受け入れるだけです。

 

自分を嫌いな人の多くは、

そんな自分は自分ではないとどこかで思っていて、

 

本当は自分はもっといい人で、

きれいなものだと思っていて、

 

だからそうではない自分が許せず、

受け入れられないから嫌いだったりするのですが、

 

その見たくない、許せない自分が自分なのだ、と、

本当に正面から認めた時に、

やっと愛することができるようになります。

 

f:id:yuko-k-ami:20200911204030j:image

(ニュージーランド 北島 ロトルア湖畔にて。)

 

 

「いえ、私は自分がずるくて汚いとよくわかっていて、

だから嫌いなのだ」と言うかもしれませんが、

 

「ズルくて汚い自分」は、

「本当はきれいでいい人のはずの自分」からかけ離れているから

許せない、本当は違う、違うのにそうできない、

だから嫌いなのではないでしょうか。

 

簡単に言えば理想が高く、

自分に望み過ぎなのでしょう。

 

 

でも人はみんなこの世界で学びの最中で、

みんな発展途上中ですから、

 

そんなによくできたきれいな自分を要求しても

なかなかそうはいかないものなのです。

 

 

私は「人は醜いものだ、だからズルくてもしょうがない」

と言っているわけではありません。

 

私たちは自分では大学生だ、もう18歳だ、と思い、

なのにまだ微分積分も英語もできない、と思って、

自分はダメだ、と思い込んでいますが、

 

本当は私たちはまだ10歳や13歳の小学生や中学生で、

難しい数学や英語ができなくても

落ち込むようなことではないのです。

 

今学んでいるところなのですから。

 

 

中学生は中学生で学ぶことを精一杯学べば

いいではないですか。

 

小学生なのですから

方程式を知らなくもいいではないですか。

 

色んなことを今これから学んでいくところなのですから。

 

自分が醜いと思うこと、ズルいと思うことがあっても、

今それに気づいたということは、

今それを学んでいることろなのです。

 

それは立派な成長の過程の一つです。

 

なかなかできない問題に向き合う自分を

好きでいいのではないですか?

 

だれも今学び始めたばかりの英語の問題を

悩みながら解こうとして解けない中学生を、

笑ったり、馬鹿にしたり、出来損ないだと言ったり、

あきれたり、見下したり、嫌いになったりしません。

 

一生懸命向き合う人はすばらしく、

応援したくなるものです。

 

そんな人を人は好きになり愛します。

 

だからあなたも自分を好きになって

いいのではないでしょうか。

 

 

今はまだできない自分、

ズルくて、卑怯で、嫉妬深くて、許せない自分、

過去に人に言えないようなことをしてしまった自分でも、

 

そのままの自分が今ここにいることは

何も間違いではなく、

 

ただ成長中の一人の存在が

今日も学んでいるだけです。

 

学生時代、思うように問題を解けない時、

もう嫌だ!と思ったり、イライラしたり、

教科書を投げたくなったりしたかもしれませんが、

 

今の私たちも同じですね。

 

それだけ一生懸命向き合っているということです。

素晴らしいことですね。

 

 

今向き合っている問題はきっと解けますよ。

 

焦らず、向き合いながら、

そうして生きる自分に、

 

「よくがんばっているね!えらいよ!そんな私が大好き!」

と言ってあげましょう。

 

好きな理由など、それで十分ですね。

 

だから今のままの自分を否定しなくていいのです。

 

 

自分を大好きだと思う時、

私たちは最も輝き、真の幸せを感じ、

パワフルで完全な存在として

生きることがでるでしょう。

 

例えなかなか成長を感じられなくても、

今の成長過程のあなたは素敵です。

 

今日もそんな素敵なあなたがこの世界にいることに

喜びと感謝をこめて(*^^*)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記