前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生の厳しい時期を早く通り過ぎる方法

昨夜から一気に涼しくなり、

今日は最高気温が24度と涼しい一日となりました。

 

空気が入れ替わったように軽くなり、

窓から見上げる空や雲、肌に触れる風からも

秋を感じました。

 

明日はまた暑くなるようですが、

こうして少しずつ季節が前に進んでいくのですね。

 

春夏秋冬をめぐりながら、

毎年その中に新鮮な発見を繰り返すのは、

 

まるで人生を通しての自分との出会いのようです。

 

 

人は螺旋状に成長すると言われますが、

私もいつもその通りだなと感じていて、

 

例えばある時期に

お金の問題に悩んだりストレスを抱えたりしたとして、

 

その中で様々な気づきが起こり、

その時に必要な学ことを学び終えると、

その問題は終了し、お金の問題はなくなります。

 

そして次は例えばパートナーとの学びや、

仕事、人間関係、親や子供のことなど、

また別のテーマに向き合いながら、

別の角度からその時の自分に必要な学びが始まります。

 

現実に起こる様々なテーマは、

必要な学びに効率よく気づくためのもので、

 

ストレスや悩み、怒りやモヤモヤなどは、

スルーしないで学ぶためにあります。

 

ストレスや逃げようがない現実があるから、

私たちはそれをどうすればいいか本気で向き合い、

その中で気づいて学ぶことができます。

 

 

自分がストレスやモヤモヤを感じる現実が

仕事や人間関係など何であっても、

 

そこで出会う学びは、

例えば自分の子供の頃の小さな傷だったり、

受け入れたくなくて否定している価値観だったり様々です。

 

現実のテーマがお金であれ人間関係であれ、

何に気づき学ぶのかは、その時の自分に一番必要なことで、

みんな様々です。

 

 

そうして色んな学びを繰り返し、

人間関係も、仕事も、親子やお金の問題、

パートナーシップや生き方など、

様々なテーマをめぐりクリアすると、

 

また人間関係や仕事、親子や生き方など、

前に出会った問題と違う角度から出会い、

取り組むようになります。

 

現実の問題は同じでも

そこで出会う学びのテーマはレベルアップしていて、

更に深い部分の自分と出会い、気づき、学ぶことがあり、

 

そうして少しずつレベルアップしながら、

私たちは生きている限り成長することができるよう

ハイヤーセルフたちによって

ベストな環境や状況が用意されます。

 

 

ですから、例えば人間関係で大きな気づきや学びがあり、

それまで抱えていた大きな荷物を手放し、

すっきりクリアになり、

もう人間関係の学びは完了した!と思っていても、

 

また別の学びのために、人間関係の問題に出会ったりします。

 

こうして人は一度の人生で何度も同じ問題に出会いながら、

(でもそれは一見同じようでもレベルアップした学びです)

成長していくのです。

 

螺旋状に成長するというのはこういうことです。

 

 

昔このことに気づいた時、

 

「え~こんなに大変な思いをしてやっと一つが終わったのに、

終わらないの?まだあるの?また同じテーマが来るの?

学びが死ぬまで終わらないなんて、もう辛過ぎてイヤだー!」

 

と思いました。

 

成長なんて別にしなくていいから、

穏やかに平和に静かに暮らしたい!

それだけなのに!

 

と思い、

人生ってハードでストレスで長すぎる・・・と

うんざりしていました。

 

 

でも、

 

「大金持ちや人気者にならなくてもいいし、

人から尊敬されるような立派な人になれなくてもいいし、

ただ普通に穏やかに平和に静かに暮らしたいだけ」

を実現するには、

 

魂レベルでの成熟が必要で、

 

例えば、誰かに

無遠慮なこと、失礼なこと、常識はずれなことを

されたり言われたりするたびに、

 

イライラしたり、許せなかったり、落ち込んだりしていては、

それは実現できません。

 

人が何を思って何を言い、何をするかは

その人の自由ですから、

(犯罪を除く。)

 

世界中の人を自分のルールに従わせることができない以上、

「ただ普通に穏やかに平和に静かに暮らす」には、

自分が心穏やかにいられる人になるしかありません。

 

 

つい言ってしまったことなどを許せる心の広さや、

人の本当の想いはわからないものだ、と

そのままを受け入れる心、

 

自分も人もみんな成長過程の中にいるのだと許し合うこと、

人には人の価値観がありそれを生きていいのだと

理解することなどを

学ぶ必要がありますし、

 

また、人の言い方や言葉などに

イライラしたり落ち込んだりするのは、

自分の中にそれに反応する

信念体系や思い込みなどがあるからで、

 

それをクリアにすることなしに、

心穏やかにはいられません。

 

 

ですから「ただ普通に穏やかに平和に静かに暮らす」

を実現するためには、

自分が成長することが必要で、

 

自分が成長することでそれは実現できるのだ

と分かってからは、

問題に出会った時にも前向きに学ぼうと思うようになりました。

 

ここでまた一つ学び成長できれば、

自分の人生が楽になり幸せになると分かったからです。

 

とっても利己的な考えですが、笑

それでも問題に前向きに取り組めるなら

いいと思っています。

 

f:id:yuko-k-ami:20200909233709j:image

(ニュージーランド 南島 ワイヌイフォールズトラックにて。

ここから1時間くらい歩くと滝があります♪

有名ではありませんが素晴らしいパワースポットでした。)

 

 

 

そんなとっても利己的な考えで自分の問題に取り組んでいくと、

それでも本気で自分と向き合えば

その分成長するようで、

 

出会う現実の問題が少しずつ変化してきました。

 

「学び」には「気づき」が必要で、

 

例えば、人に何か失礼なことを言われたとして、

その時に「でも悪気はないのだろう」とか、

「人が何を思おうと自由だ」などと

頭でいくら納得しようとしても、

 

心のモヤモヤは収まりません。

 

でも例えば自分の中で、

これをどう受け止めるかは私次第なのだ、

出された材料をどう料理するかは私が決めていいのだ、

と「気づく」と、

 

決定権は自分に取り戻すことができ、

いらないから今手放そう、と違う選択をすることができます。

 

気づきがあるから人は変われるのです。

 

 

「こういう風に考えましょう」をいうことを

たくさん知っていても、

 

それは学びのヒントでしかありません。

 

ヒントを知っているだけでは自分のものではなく、

自分は何も変わりません。

 

 

では気づきはどうしたら起きるのか?と言いますと、

自分で経験して、

その経験に対して心を開いていることです。

 

どんな経験に対してもオープンな心でいると、

自然と気づきが起こり、

すんなりと成長していけるものです。

 

そんな自分でいると問題から学ぶスピードが上がり、

人生が生きやすくなり、

 

その分例えば私なら、私が願った

「ただ普通に穏やかに平和に静かに暮らす」

に近づけるのです。

 

すると学ぶことが楽しくなり、

気がつくともう

 

「成長なんてしなくていい」

「人生ってハードで長すぎる・・・」

と思っていたのが不思議なくらい、

 

「人生っておもしろいな」と思うようになり、

 

更に、利己的に成長したいと思っていたことも、

 

どんな目的であれ成長することは自分のためだけではなく、

人のため、世界のためになるのだあぁと

分かるようになります。

 

 

冒頭の春夏秋冬の移り変わりのお話から長くなりましたが、

そうして季節が巡るように

私たちの学びも巡っています。

 

梅雨はうっとおしいから早く梅雨があけて欲しい、

夏は暑すぎる、早く秋になって、と、

問題がなくなることを期待して過ごすのは、

 

人生の様々な問題をどうにか解決したいと

目先のことばかりを考えて過ごすようなものです。

 

夏には夏にしか味わえないことがあると心を開き、

その暑さの中で楽しんだり味わったりするように、

 

人生の問題の中にいても、

その中だからこそ見えるものがある、

気づけることがある、

それを今、逃さず学び、楽しもうとすると、

 

学びと共に素晴らしい人生の輝きに出会うでしょう。

 

人生の問題も季節のように

留まることなく流れていきます。

 

長くて終わりが見えないような長い梅雨や暑い夏も

ある日終わるように、

人生の厳しい時期も必ず終わります。

 

 

長くなりましたが最後に一つ、

そんな厳しい時期を

早く終わらせる方法をお話して終わりにしたいと思います。

 

それは、その状況を存分に味わい楽しむことです。

 

これは2つの理由からで、

 

その一つは、

長い梅雨も暑い夏も、

短かった、もう終わってしまったと感じるのは、

その時期を楽しんだ人です。

 

楽しんでいる時に時間が短く感じるのは

みなさんご存じでしょう。

 

これは気のせいではなく本当のことです。

宇宙はそうできています。

 

(時間の概念は3次元のもので、

宇宙に時間という枠はありません。)

 

 

そしてもう一つの理由は、

 

大変だけれど楽しもう!と心を開いていることで、

気づきが起こりやすく、

スムーズに学び終えることができ、

結果、早くその問題を卒業できるのです。

 

ですからどんな時も季節を味わい楽しむように、

自分の今を味わい、楽しんでいきましょう。

 

明日も心を開いて笑顔の一日を(^^♪

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記