前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

大人が輝く素敵な未来を創る

私は一人旅が大好きで、

このブログでも旅先で取った写真を

記事の合間にご紹介して楽しんでいますが、

 

読者さんの中には写真を楽しみにしてくださる

旅行好きな方も多いようで、

私もとてもうれしいです♪

 

今は海外には行けませんが、

今日はそんな海外で気づいたことから

これからの日本に取り入れてみてはと思うことを

ご紹介したいと思います。

 

ただの旅行記ではなくメッセージがありますので、

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

ちょうど今、日本のトップが変わるタイミングですし、

私たち一人一人の意識を広げることで、

日本人の潜在意識も変化し、

いい流れに乗っていけるといいなと思います。

 

以前旅で訪れた北欧の国のお話から。

 

f:id:yuko-k-ami:20200903014522j:image
(ノルウェー  首都オスロ 王宮に続くメインストリートにて。

両側にカフェやショップが並び、公園もありにぎわっていました。)

 

 

ノルウェーは、2010年ごろに発見された北海油田のおかげで

経済が豊かになったそうで、

なんとなく国全体からゆとりのある雰囲気を感じました。

(私が訪れたのは2015年でした。)

 

北欧は税金が高いけれど

社会保障が行き届いているという話は有名ですが、

 

特にノルウェーは、お父さんの子育て休暇はほぼ全員が取得し、

その一年間はお給料は全額もらえたり、

学費は大学院まで無料だったり、

 

ガンの手術でも心臓移植でも何回でも

保険内で無料でできるそうで、

差額ベッド代もないそうです。

 

その代わり、専業主婦はまずいないそうで、

子育て中の女性もみんな働き、

(国会議員の半分は女性で、首相も女性です。)

 

だから年金は日本で言う国民年金と厚生年金の両方を

夫婦共に受け取る形になり、

老後も安心なのだそうです。

 

老後の保証があるからみんな貯金する必要がなく、しないそうで、

逆にたくさん貯金をしていると、

ビックリするような税金がかかるそうです。

 

いいな~!と思いますが、

税金や物価はとても高く、

 

私が訪れた時、マクドナルドのハッピーセットが1800円、

スターバックスのサンドイッチが一つ1400円、

普通のレストランで食事すると7000円ほどで、

 

旅行中は値段にビックリの連続でした。

 

ノルウェーのマクドナルドの時給は2400円と聞いたので、

そこで働いている人は

それに合わせたお給料をもらっているから生活できますが、

旅行者には驚きの値段ですよね。

 

(2、3日バイトしたかったです!笑)

 

でも行ってみるとそんな国の今が見え興味深いです。

 

ちなみに、ノルウェーの王太子は

シングルマザーと結婚したことで有名ですが、

そんな開かれた王室や、それを祝う国民も素敵だなと思いました。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200903014439j:image

(ノルウェー ベルゲンのスターバックス。)

 

 

お隣のスウェーデンは油田もなく、

バルト海は塩分濃度が低いため魚もあまり取れずで、

工業に頼る国のようですが、

 

こちらもノルウェーほどではないようですが、

高い税金の代わりに保証はしっかりあるようでした。

 

驚いたのは、市議会議員や国会議員にあたる人は

みなさん他に仕事を持っている兼業議員で、

平日仕事が終わってから議会が開かれるのだそうです。

 

国会議員は公的な会議に出席した

時給分がお給料として出るそうで、

もうからないけれど、社会をよりよくしたいと思う人がなるそうで、

これは素晴らしいなと思いました。

 

そして第二次世界大戦などにも不参加で、

もう200年戦争をしていないのだとか。

 

更に、エネルギー問題や地球を守るために、

車はガソリンではなく、

木からとれるアルコールで走っているそうです。

 

素晴らしいですね。

 

ただし、こちらも税金や物価は相当高いです。

でもそれだけの価値があるなと思いました。

 

それにしても、国会議員の時給制を

実現している国がここにあるのですから、

無理なことではないのだということです。

 

ぜひ参考にし、無理だと諦めず、

一人一人の意識が可能性にオープンになるといいなと思います。

 

 

住めばどこの国でもいいところだけではなく問題はあるでしょうが、

旅に出て、観光地を巡るだけではなく、

そこに暮らす人の話を実際に聞くと、

 

テレビや新聞で見ただけではピンとこない生の生活を感じられ、

おもしろいです。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200903014501j:image

(スウェーデン ストックホルムの街。)

 

 

ノルウェー人の友達は、月曜から木曜は朝から16時まで働き、

(たまに13時14時に終わる日もあるそう。)

毎週金曜は昼までで仕事が終わり、

土日は休みだそうで、

 

日本のプレミアムフライデーとは違い、

毎週末みんな昼に仕事が終わり、

ゆっくり過ごせるのはいいですよね。

 

日本はまず当たり前のような残業をなくすことですね。

特にサービス残業なんて海外ではビックリされます。

 

それには、「この会社はずっとこうだから」

という思い込みを手放すことからだと思います。

 

 

そういえばニュージーランドも帰宅ラッシュは16時からでした。

(日本みたいなラッシュ時の満員電車はありませんが、

道が混んできます。)

 

夕方4時のまだ明るい時間にお父さんが

学校に子供をむかえに行って家に帰る国がけっこうあるのです。

 

大人が疲れていない国っていいですね~!

 

 

世界を見れば、女性は車の運転禁止とか、

女性は家畜と同じ扱いで男性の財産の一部だから自由に売り飛ばせる、

などという国もありますから、

 

日本に生まれたことは充分ラッキーだと思いますが、

ここから他の国のいいところを取り入れて、

更に生きることが楽しくなる国にしていけるといいですよね。

 

 

世界を見れば視野が確実に広がります。

 

視野が広がると、

今の現状に納得できなくてもそれが当たり前だと

日本の常識に丸め込まれて、

変えるパワーを飲み込むだけにならず、

 

「いや、おかしい!もっとよくできるはず!」と

正面から思えるようになります。

 

これが大事です。

 

「無理だよ、しょうがないんだよ」という

変えたくない人たちからの

あの手この手のささやきを聞いて、

 

「そうだしょうがないんだ」と簡単にあきらめないでいたいですね。

 

そうしてまずはみんなの意識を変え、

みんなの意識が変わると

自然と現状も変化する流れになるでしょう。

 

 

実際に色んな国で暮らしてみられるといいですが、

それはなかなか難しいので、

色んな国で暮らす人の話を聞いたり、

旅行に行ったりするのもいいですし、

 

今はそれが難しくても、

遠い外国の話は関係ないと思わずに、

たまにはこんな情報も

興味を持って見てみるといいのではと思います。

 

 

色んな国のいいところを知り、

ただうらやましがるだけではなく、

どちらの方がいい国か比較するのでもなく、

 

日本がより生き生きと暮らせる国になるイメージにつなげ、

 

未来がよりよくなるように、素敵な世界を見つめ描き、

そちらに進んでいくエネルギーにしていきましょう。

 

子供たちが未来を楽しみにできるように、
大人が生き生きと輝いていきたいですね。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記