前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

「やりたくないことはやらない」を自分に許す

先日久しぶりに「かもめ食堂」という映画を観ました。

きっと観られた方も多いと思います。

 

小説でも読みましたし、数年前にもDVDで観たのですが、

久しぶりに観て、やっぱり好きだなぁと思いました。

 

フィンランドのヘルシンキで

一人食堂をしている日本人女性が主人公で、

 

ハリウッド映画のように何かビックリするような事件が起こるわけではなく、

日常を描いた穏やかな感じが魅力です。

 

そのお店を訪れた旅行者が主人公に、

「好きなことをされていて、いいですね」というと、

「やりたくないことは、やらないだけなんです。」

と答えていました。

 

やっぱり人生これだなぁ!と思いながら観ていました。

 

私もいつもどうしようかなと迷った時は、

「本当にしたいの?」と自分に聞きますが、

 

それがピンとこない時は、

「別にしたくないなら、しなくていいんだよ?」と言ってみます。

 

すると、たいてい

「そうだよな。じゃあやらない。」と返ってきます。

 

迷う時点で本当はもう答えが出ているのですよね。

でも色々考えてやっておいたほうがいいかな?と悩む。

 

ですが、本当にしたいことなら迷う間もなく、

フライング気味に飛びつくものですね。

 

 

ただ、面倒だなと思いやりたくない時は、

「面倒でなければやりたいの?」と聞いてみます。

 

「やりたいけれど、面倒」や

「面倒でなければやりたい」のは、

やりたいのです。

 

面倒に限らず、例えば、

 

難しそうだから、

できないかもしれないから、

お金がかかるから、など、

 

どんな理由であれ、「やりたい」の言葉が入るなら、

やるほうを選ぶといいと思います。

 

 

そこを逃げずにやっていくと、

自分の奥底に隠れている子供のような自分が顔を出し喜び、

 

どんどん気軽に顔を出すようになっていきます。

 

そうして、自分の奥底のささやきに誠実に答えていくと、

自然と人生の流れに乗り、

 

だんだんと無理がなくやりたいことを

やっていけるようになります。

 

そんな、やりたい、やりたくないという気持ちを

優先する気ままさを

自分に許してあげることが大切です。

 

 

もう私たちは充分家族のためやみんなのため、

会社のため、社会のために

自分を後回しにしてきましたから、

 

自分がやりたくないことをやらないでいる気ままさや、

本当にやりたいことから逃げずにやる贅沢を

受け入れていきたいですね。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200726214823j:image

 (フィンランド ヘルシンキにある

映画の撮影に使われたかもめ食堂にて。

レイアウトは違いますが、映画の雰囲気そのままの素敵なお店でした♪)

 

 

 

そんな気ままさや贅沢を、

日常にどうやって取り入れていけばいいかと言うと、

 

まずは、忙しくて時間がない!と言う自分に、

「~しなければならない」を横に置き、

 

一人でのんびりする時間や、

好きなことをする時間という贅沢を

許してあげるといいですね。

 

 

他人を優先するのをやめ、

 

自分が何に喜びを感じるのか、

どんな気ままさや贅沢が居心地いいと感じるのかを、

知っておきましょう。

 

そして、一日の仕事のあとや、休日、

最近行き詰まっているなと感じる時、

人生に迷う時、大きな決断をしなくてはならない時などに、

 

そんな贅沢を自分にプレゼントします。

 

贅沢=特別な買い物や豪華な食事ではないのです。

 

それ自体は自分が本当にワクワクするなら

素敵なプレゼントだと思いますが、

(高価な物や食事を悪のように捉えるのも

また不要な縛りです。)

 

せっかくそれがあっても

自分がそれを心から感じ幸せだと感じないなら、

残念ながら価値がないのです。

 

手に入れたい、何かで満たされたいだけの

欲望かもしれません。

 

 

忙しい私たちにとっては、

やりたいことをやる時間が贅沢だったり、

やりたくないことにNOと言うことが贅沢だったりします。

 

もちろん、物がくれる喜びや贅沢もありますから、

それをいけないことのように感じる必要はありません。

 

自分にとって何が本当に今うれしいものか、欲しいものか?

を問いかけ、

それを叶えながら毎日を過ごしていきたいですね。

 

 

映画の中での

「やりたくないことは、やらないだけなんです。」

という言葉は、

 

自分を幸せにする、自分を笑顔にする素晴らしい贈り物で、

最も簡単・確実な方法だと思います。

 

簡単そうでみんなやらないでいるこのことを、

自分にプレゼントしてみませんか。

 

 

気ままさや自分を優先することを素直に楽しみ、

やりたくないことはやらないで過ごしてみましょう。

 

まずは今日一日、ゲーム感覚でやってみてください。

きっと楽しいですよ♪ 

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング受付中です♪

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記