前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

幸せを生きる人でいる

 

オンラインセミナー 受付中です♪
詳細・お申込みページ

瞑想セミナー ↓ ↓

オンライン瞑想セミナー - 前向き気づき日記

幸せを生きるセミナー ↓ ↓

オンラインセミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

 

6月11日(木)19時~「瞑想セミナー」

6月19日(金)13時30分~「幸せを生きるセミナー」

*日時変更になりました。

 

 

今日はしっとりとした空気が流れる初夏の一日でした。

 

昨日や一昨日の晴れとはまた空気が変わり、

ますます緑の勢いを感じます。

 

昨日のブログの始めに少し書きましたが、

昨日は夕方から地元の海に行ってきました。

 

先日まで閉まっていた駐車場もオープンしていて、

海にサーフィンをする人が戻っていて、

 

混んではいませんでしたが

いつもの海が戻ってきたようで、

学生の頃から見てきた日常の風景に和みました。

 

 

昨日はその海で友達に会ったのですが、

 

いつもは一人で来る海で、

私の数少ない友達と会えたことや、

 

その友達と会う時は

いつも本屋さんかスタバでバッタリなどでしたので、

 

青空の下、裸足で海でおしゃべりできたのが新鮮で、

とても楽しかったです(^^)

 

カフェでおしゃべりも大好きですが、

 

人もまばらでのんびりした砂浜に座って、

夕方の優しい太陽の光を浴び、

海風を感じながら話すのは、

 

開放的で、自由で、気楽な感じで、

お互いに素の自分があふれるような素敵な時間でした。

 

 

これまでも友達がいることを幸せだと感じたり、

友達の笑顔を見られる喜びを感じたりしていましたが、

 

「友達がいることを幸せだと感じられる心がある」

ということにあらためて気づき、

そのことがうれしくて、幸せだなと思いました。

 

 

幸せって、何かがあるから、

こうであるから幸せ、なだけではないですね。

 

例えば、友達がいるから幸せ、

友達と会えたから、笑顔が見られたから、幸せ、

でもありますが、

 

友達がいることを幸せだと感じる心があるから幸せなのだ

と気づく時、

 

また一つ大きな幸せの扉を開くように感じます。

 

 

そのことに気づくと、

 

例えば、友達に会えたから幸せ、

会えなかったらガッカリということはなく、

 

出来事や結果、状況により幸せかどうかの

雲行きが変わるのではなく、

 

幸せはいつも自分の心にある、とわかります。

 

それは頭で理解するのとは違い、

ハートからあふれ、実感するものです。

 

 

会えたらもちろんうれしい、

でも会えなかったとしても、

会えたらうれしいと感じる心があり、

その心があることは変わらず幸せだと感じる、ということです。

 

幸せはまさに自分の心にあり、

その幸せは状況や出来事によって

振り回されることはありません。

 

そんな幸せを感じる心があることに気づくと、

自分はいつも幸せと一緒で、

何があっても奪われる事はないとわかります。

 

 

f:id:yuko-k-ami:20200610000853j:image

(昨日、地元の海にて。)

 

 

昨日はまさにそんなことを思う一日だったのですが、

それ以外にもたくさんの幸せや喜びがあふれていて、

 

そんな時間が自分の人生にあることがうれしくて、

感謝でいっぱいでした。

 

 

その友達と少しずつオレンジに色づく空を眺めながら

話していると、

 

「写真を撮ってもらえますか?」と、

若いカップルが声をかけてきました。

 

友達が「いいですよ〜」と笑顔で立ち上がり、

 

私も一緒に「こっちバックの方がきれいだよ」

「いいねいいね!いい笑顔!」なんて言いながら、

みんなで大笑いしながら、

たくさん二人の写真を撮りました。

 

 

普段なかなか二人で写真が撮れないようで、

とても喜んでくれ、そのカップルは

「よかったらこちらも撮りましょうか?」

と声をかけてくれ、

 

じゃあせっかくだから、と私たちも撮ってもらいました。

 

 

その人は私たちにもお返しと、

いっぱい声をかけて笑わせてくれ、

 

とても楽しい時間でした。

 

その人はちょっとシャイな照れ屋さんな感じだったのに、

お礼の気持ちから色々声をかけてくれ

笑わせてくれているのを感じ、

 

その気持ちがうれしくて涙が流れてしまわないように、

思い切り笑っていました。

 

 

あとで見た写真は、

私は大口を開けて馬鹿笑いしていて、

顔も髪もぐしゃぐしゃだったのですが、

 

でも素のままの私で、本当に楽しそうで、

友達もすごくいい笑顔で、

 

撮ってくれた人の笑顔も覚えていて、

 

笑って涙が出るほど、

それがうれしくて楽しくて、幸せで涙が出るほど、

 

素敵な時間でした。

 

名前も知らない人なのに、

きっと私はこのことをずっと覚えているだろうなと思います。

 

 

こんな瞬間が人生にはあって、

そんな小さなことが忘れられない宝物になりますね。

 

幸せの形にこだわりさえしなければ

幸せはあちらこちらに散りばめられていて、

 

何も難しくなく出会えるものだと思います。

 

 

私は、カッコよくなくてもいいし、

難しいことが分かる人でなくてもいいし、

特殊な才能がなくてもいいし、

人からうらやましがられなくてもいいし、

あっと驚く結果を出せなくてもいいし、

若くきれいに見えなくてもいいから、

 

幸せを生きる人でいたいなと思います。

 

それらであってもいいですが、

それを追いかけるより幸せを生きたいです。

 

私の人生はそんな幸せを楽しむ時間にしたいと思います。

 

たくさん笑って、涙が出るような思い出を

たくさん生きて還りたいと思います。