前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

みんな生きているだけで素晴らしい挑戦者

今日は気持ちのいいお天気でした。

久しぶりに海まで散歩し、裸足で砂浜を歩いてきました。

 

裸足で砂浜を歩くのは本当に気持ちがいいです♪

 

足の裏が砂を掴む感じが心地よく、

頭がスッキリするのを感じます。

 

私はゴールデンウィークに家にいる時は

よく地元の海に行くのですが、

 

いつもならこの時期はサーフィンをする人が

県外からもたくさん来るのですが、

今年は駐車場も閉鎖され、いつもより人も少なく静かです。

 

その代わりいつもは見かけない地元の若い人が、

ポツリポツリと防波堤に座って海を眺めていたり、

夫婦で犬の散歩をしていたり。

 

どこかゆるい感じで和みました。

 

それぞれの地元の素敵な場所に気づく

いい機会になるといいなと思います。

 

 

最近Facebookでよく

自分の昔の写真をアップしている人がいたのですが、

私にもそれが回ってきまして、

(バトンというそうです。)

 

普段はそういうバトンが回ってきても

やろうかな〜と思いながら忘れてしまうのですが、

 

ちょうど時間もあったので、

昨日自分が赤ちゃんだった頃の写真や

学生時代の写真などを

色々アップしてみました。

 

これまで昔の自分の写真を出したことはなかったのですが、

やってみて色んな気づきがありおもしろかったです。

 

 

まず何と言っても、

この写真を撮ってくれた人がいたということ。

これはすごいことだなと思いました。

 

私は普段ひとり旅が多く、

おかげで景色の写真はたくさんありますが、

自分が写っている写真はほとんどありません。

 

二月にニュージーランドに行きましたが、

今見てみますと、

自分は一枚も写っていませんでした。笑

 

それが赤ちゃんの頃や学生時代は、

たくさんあり、

(実家にあり、今の家にはほとんどありませんが。)

 

周りに誰かがいたのだなぁ、

私を撮ろうと思ってくれた親がいたのだなぁと

とてもあたたかな気持ちになりました。

 

 

大人になると日常の写真などほぼなく、

家族や友達と撮ることもほとんどないですが、

(子供がいると撮るのかもしれませんが。)

 

たまには撮っておくのもいいなと思いました。

 

たくさんはいらないですが、

何歳のころ、私はこんなことをしていたのだなぁと

思い出せるような写真があるのはいいものですね。

 

 

そして昔の写真を見ていますと、

友達や先生など色んな人と写っていて、

 

色んな人と出会い、導かれたり刺激しあったり、

共に学んだり、笑ったり泣いたりして

ここまで生きてきたのだなぁと思い出し、

 

今の自分があるのは

出会った人みんなのおかげなのだと実感しました。

 

人との出会いがなければ進めなかった道が確かにあり、

 

背中を押されたり、

たまたま出会った別の道を歩む人に励まされたりして、

今があるのだなと思い出しました。

 

f:id:yuko-k-ami:20200504235342j:image

(地元の海にて。)

 

 

そうして歩いている道は、

その時は歩くだけで精一杯でしたが、

人生の流れとして振り返ってみますと、

 

よくここまで歩いてきたな、

長い旅路を歩いてきたのだなぁと感慨深かったです。

 

人生が本当に大変な時や、苦しかった時、

沼の底にいた時は写真どころではありませんし、

わざわざ残したいと思いませんから

そんな写真はないのですが、

 

それが省かれていたとしても、

それでも色んなことがあった人生だったなと思い出し、

 

なんだか私は私なりによくがんばってきたんだなと

自分を見直す機会になりました。

 

 

私に限らず誰もがそうですが、

40年50年60年…と長く生きてきた人は

みんな素晴らしい挑戦者ですね。

 

そんな長い時をかけて

生きることから逃げず、生き続けてきたことは、

それだけでも素晴らしいと思います。

 

自分が嫌いになった時も、

情けなくて逃げ出したい時も、

もうイヤ!もう無理!と思った時も、

 

それでも投げ出さずにここまできたから

今ここにいるのです。

 

 

よくセミナーやメールなどで、

 

自分のことが嫌いで許せない、生きることが苦しい、

どうすればいいのが分からないし、どうにもできない、と

言われることがありますが、

 

そう思いながらも逃げずに生きている人は

それだけで素晴らしいです。

 

 

逃げないというのは、

絶対に何かを途中で止めない、というような

型にはまったものではなく、

 

どんな道を選んでも自分が選んだ道だと

受け入れて生きるということです。

 

きれいでなくても、正しくなくてもいいのです。

 

辛かったら仕事や学校、結婚生活などをやめてもいいですし、

やめないことを選んでもいいです。

 

やめたいと思うことを実行することをやめてもいいですし、

そんなことを考えることをやめてもいいです。

 

人生の道はいつだって自分だけが決められるもので、

私たちは果てしなく自由です。

 

 

でもその人生を自らやめてしまう人もいます。

 

それも本人の選択だから自由だと私は思っていますが、

 

(良いとかしょうがないとかは言えませんが、

人の選択が自由であることが

宇宙に許されているのは事実です。)

 

そんな中で少なくとも私たちは今ここにいて

やめずに人生の道を歩いているのですから、

 

もうそれだけで素晴らしい挑戦者だと思います。

 

 

正しくきれいな自分でないことが許せないのは、

自分は正しくきれいだと思っていたからでしょう。

 

でももしそうでないと思ったなら、

もうその自分で生きればいいだけです。

 

それも自由な選択の一つだと思います。

 

そんな自分を許さないのは、

世間でも神様でもなく、自分だけですから。

 

そんな自分を受け入れることもまた

大きな挑戦の一つです。

 

 

そうして私たちはたくさんのことに挑戦し、選択し、

今ここにいます。

 

みんな素晴らしいですね!

(私も含む。笑)

 

なんだかんだ言いながらも生きることをやめない人は、

成長したいと願う生き物としての本質を

無自覚でも選択しているのでしょう。

 

ブラボーです。

 

自分のことなど何もわからないなら、

わからないまま生きればいいですし、

 

それが苦しいなら苦しむことをやめればいいです。

それも自分の選択です。

 

 

そうして生きている一つ一つの魂やその人生が

素晴らしいなと、

 

みなさんの昔の写真の投稿や

自分の写真から人生の流れを見ていて思いました。

 

過去に縛られると重いですが、

時にそうして流れを見てみると、

 

失敗だらけの人生でも、

放り出さずによくここまできたねと

自分を褒めてあげたくなりますね。

 

 

今年のゴールデンウィークは

お家でゆっくり過ごされる方も多いでしょう。

 

久しぶりに写真の整理をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

懐かしい写真から

生きる勇気や元気、あたたかさをもらえますよ。

 

素敵な休日となりますように。

 

 

P.S.

オンライン個人セッションをはじめました♪

詳しくはこちらのページをどうぞ。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記