前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

同じストレスでもう悩まなくなるには

今日は穏やかな冬の終わりの日差しが心地よい一日でした。

 

リビングの正面に見える桜の木の枝が

太陽の光を浴びて目覚め、

内側にエネルギーが満ちているのを感じ、

 

外側の地球で何が起ころうと、

花開く準備は着々と進んでいるのだなぁと

自然のたくましさに憧景します。

 

人は、桜でも人の人生でも、

花が咲いた時や咲く直前にしか注目しませんが、

 

蕾をつけるずっと前からエネルギーを蓄えたり、

何かをコツコツ積み重ねたり、

勇気を出して行動したりして、

 

その結果蕾をつけ、花が開きます。

 

咲いた時だけを見て

うらやましがって嫉妬したり妬んだりする人は多いですが、

 

その前に冬を越え、

その時に向けて準備をしてきたことを

讃えられる人でいたいなと思います。

 

 

さて、二月は私にとって大きなエネルギーの流れがあり、

それはスピリチュアル的にも肉体的にも

素晴らしい経験でした。

 

そしてその流れは今も続いていて、

この流れを止めないで、更に流れに乗っていけるように

日常の生活や在り方などを見直し、再編成しています。

 

よくスピリチュアルな話で、

人は毎瞬新しい人になっていると言われますが、

 

本当にその通りだなと実感しています。

 

 

例えば、少し前のAさんと今のAさんは違う人ですが、

でも人は自分の知っているAさんだと思っています。

 

それは概念的にはそうであっても

実体として違う人です。

 

以前はそのことを逆に捉えていて、

実体としては同じ人だけれど、

概念として違う人だと思っていました。

 

昔は、細胞レベルや波動の話として違うと捉えていて、

スピリチュアル的には違うのだと思っていました。

 

でもそうではなく、どちらの意味でも

本当に違う人なのだと今は理解できるようになりました。

 

 

さっきの続きの連続でここに同じ人がいるようで、

そうではないのだと理解するようになり、

 

そのおかげで

今自分の目の前にいる人や見えるものが、

 

自分が見たいもの、今見るべきものが見えていると

以前より深く分かるようになり、

 

自分に起こることや見ていること、

言われることや耳にすることに、より自覚的になり、

 

自分が今いる世界にどんな学びや気づきがあるのかと

意識を向けるようになりました。

 

 

それはもうずっと前からしていたと思っていたのですが、

(だから毎日気づきがあり、

6年間毎日ブログを書いてきました。)

 

最近はまた更にそれが深まり、

その自分の見る世界が新鮮で楽しいです。

 

f:id:yuko-k-ami:20200305183357j:image

 

そんな気づきが深まったことで、

世界や自分に起こる出来事に振り回されることが

ほとんどなくなりました。

 

分かっているつもりでも、

本当に理解できていないと、

 

自分に何か問題が起こると

その現実に振り回されてしまいます。

 

 

人に嫌なことを言われたり、

イライラして不機嫌な人がいたり、

仕事がなくなったり、

ウィルスが広がったり、

不公平だと感じたり…

 

ストレスになることや何か問題が起こると、

それをどうにかしようと

 

もがいたり、

相手を批判したり、

不安になったり怖れたり、

その状況を自分の都合がいいように変えようとしたり。

 

人は問題があると、

それを自分のいいようにコントロールしたくなります。

 

でもそれはただの対処法で、

例えそれがうまくコントロールできたとしても、

また同じことは起こる可能性があり、

 

そのたびに心の平安を失います。

 

 

その対処をいくら繰り返しても終わりはなく、

そのままですとまた別の問題が起こり、

対処し続ける人生を生きることになります。

 

でもそんなことの繰り返しを終わりにすることは可能で、

 

それには根本的に気づく必要があることに気づき、

自分にある思い込みや価値観などの

もう必要でないものを手放していくと

 

その問題はすんなりと終わり、もうやってこなくなります。

 

 

こんな話はもう聞いたことがあり、

知っている方も多いと思いますが、

 

それでも実際には目の前に現れた問題に振り回され、

 

心配や不安、怖れに飲み込まれ、どうしよう!と焦ったり、

人の言葉や行動にイライラしたり、

 

手放す時が来ているのに手放さないまま、

「今は無理だ、しょうがない」と

問題の中に居続けることを選択します。

 

それも自由な選択で、

その人の成長のペースに合わせて進んでいくといいですが、

 

同じようなストレスや問題をもう終わりにしたいと思うなら、

(そう本気で思うために問題はハードになっていきます)

 

見ることを見て、気づいたことを

どう取り入れたり手放したりしていくかを

真摯に考え、行動していくといいと思います。

 

 

自分に起こる問題やストレスは、いつも、

その場しのぎで対処する方法を考えるか、

 

根本に目を向け、

二度と起こらないようにするには

どうすればいいかを考えるかの

どちらかです。

 

 

私は同じ問題に何度もぶつかり

何度もストレスを感じるのは嫌なので、

根本を解決することを考えますが、

 

それはいつも自分の内側にきっかけがあり、

 

それを癒したり手放したり

解放したり受け入れたりすることで

二度と同じ問題で振り回されることがなくなります。

 

またある程度成長すると、

そのレベルアップバージョンに出会うことはありますが、

 

それは縄跳びで前跳びができて慣れてきたから

後ろ跳びに挑戦するようなもので、

 

毎回自分にとっては難しいことであったりしますが、

なんとか超えていけることです。

 

それを繰り返しながら私たちは成長し、

いつのまにか以前のような

モヤモヤすることやストレスなどがない人生に

いることに気づきます。

 

 

まだまだ子供の魂だった頃、

何故成長しなくてはいけないの?と思っていました。

 

成長するのは大変で、

「もうそんなのはいいから、ひっそりとただ暮らしたい」

と思っていました。

 

でもそれをするには成長が必要で、

しょうがなく、でも必死で飛び込んでみると、

 

成長することは大変なこともありますが、

成長するほど人生が楽しくなると知りました。

 

これからもまだまだ成長を続けていきたいなと思います。

 

 

昔は早く自分の人生に花が咲いて欲しかったです。

 

でも今は花が咲くのは花に任せ、

別に咲かなくてもよく、

ただ生きて成長することがうれしいです。

 

それは生き物の自然な姿で、

やっと植物や動物たちに追いついたのかしらと

うれしいです。

 

花がない桜の木も素敵です。

 

今日の桜の枝の輝きのように、

私も光を浴びて進んでいきたいなと思います。