前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生のいい流れを止めないコツ

毎日の生活の中で、人間関係やお金、健康などのトラブルがなく

気持ちよく一日一日を過ごしたいと誰もが思うと思います。

 

もちろん私もそう思います。

 

そう思うのにちょっとしたことが引っかかり、

 

それまでのいい流れが思わぬところで停滞してしまったり、

誰かの一言であっという間に気分が落ち込んだり、

イライラしたり、

急な予定変更で期待していたようにできなかったり。

 

人生って思うようにいかないな、と思うこともあったりしますよね。

 

でも、そうではなくいつもスムーズな人もいます。

 

ということは、スムーズに生きるのは不可能ではないということで、
そのルールを知り守ればいいのでは?と思い、

 

私なりに20代の頃から色々な人を見て

何が違うのか考え、やってみますと、

人生の流れがどんどんスムーズになりました。

 

今日はそんな人生をスムーズな流れに乗って生きるための

気づいたいつくかのポイントを紹介したいと思います。

 

 

まず、初めに流れに乗るためにとにかく大事なことは、

自分の心の奥底にある魂が望むことをすることだと思います。

 

今は忙しいから無理と後回しにしないで、

その時に最優先で生きると決め行動すれば、

いい流れの中で人生を楽しむことができるでしょう。

 

ただ、仕事中に泳ぎたくなったから泳ぐ、

なんてことはなかなかできませんし、

普通に仕事や子育てをしていると、

どうしても難しいのが現状ですね。

 

ですが、初めから無理!と心の声を聞こうともしないでいると、

声が聞こえなくなりますから、

 

声はしっかり聞き、

少しでも沿えるように工夫をしたり、

 

一番望むことが無理でも

二番目、三番目の望みを叶えていくといいですね。

 

また、このブログで時々書いていますように、

心の扉を開いていることもとても大切です。

 

 

ですが、そんなことを意識していても、

ちょっとした行動がせっかくのいい流れを

堰き止めてしまうことがあります。

 

それは、自分の良心に沿わないことをすることです。

 

これをすると、どんなにいい流れも止まってしまいます。

何故なら宇宙と調和しないからです。

 

このポイントは自分の良心であり、

世間の常識や正しさではないということです。

 

自分の良心とは、自分の内にある

一番素直できれいな部分です。

 

 

例えば、お店の店員さんに横柄な態度を取るとか、

誰かのミスにイラッとして感情まかせに怒るとか、

不機嫌な態度でちゃんと返事をしないなどです。

 

外であからさまな態度は取らない人でも、

家族に対してちょっと疲れて八つ当たりをしたり、

不機嫌な時にドアをバンと閉めたりする、

なんていうことはありがちです。

 

後で振り返ると、

あんな態度を取って悪かったなと思ったりするのですが、

 

そんな、後で冷静に振り返った時に、

自分が、あれは悪かったなと思うようなことを

しないようにしましょう。

 

と言うとなんだか道徳の時間みたいですが、

 

それは人のためでもありますが、

自分のスムーズな人生の流れを堰き止めないために

大切なことです。

 

 

いつもいつも気を抜かず愛想よくなんて無理ですが、

別にことさら愛想よくしようと思わなくてもいいのです。

 

普通で充分ですし、

疲れていたり余裕がない時は、

「今日は疲れていて愛想悪くてごめんね」と一言言えば、

 

周りも「そうなんだ、気を使わなくていいよ、ゆっくりしてね」

と言ってくれ、

和やかな雰囲気は壊れないでしょう。

 

f:id:yuko-k-ami:20200201215105j:image

(ニュージーランド クライストチャーチにて。

街の真ん中なのに自然のままで、大好きな川です♪)

 

 

そんなちょっとしたことは、

周りに不快感を与えないだけではなく、

自分の波動を下げることを止められます。

 

せっかく心の声に従って生き生きと生きようとしても、

ちょっとした日常の行動で流れが止まってしまうものです。

 

「生き生きワクワク」や「心の扉が開いていること」と、

「横柄な態度」や「不機嫌」「イライラ」は全く方向が違います。

 

そんな逆の行動で打ち消してしまわないように気をつけると、

 

意外とすんなり流れに乗り、

スムーズな毎日になるでしょう。

 

 

もちろん、一見スムーズではないように見えて、

実はそれが更に素敵な出来事につながる場合もありますから、

 

そんなことがあった時こそ不機嫌やイライラではなく、

ワクワクしていたいですね。

 

 

今まで何故か流れに乗っても

すぐに途切れてしまうと思っていた方は、

今挙げたようなことを気をつけてみるといいように思います。

 

特に疲れいたり忙しい時は、

誰だってそうなりやすいですから、

そんな時は無理をし過ぎないでいることも大切です。

 

人間ですから、余裕がないと

つい出てしまうこともあるかもしれませんが、

 

そんな時はすぐにそんな自分に気づき、反省し、

また新しい気持ちで生きればいいだけです。

 

 

ちなみに、イライラが多い時は、

自分の軸がズレたまま生きていることが多いです。

 

本当の自分ではないまま

周りに合わせたり、

自分よりいつも人を優先したり、

常識や正論、正義など正しさを軸にしている時、

 

人はイライラが増えます。

 

人を許せなかったり、自分を許せなかったり、

本当の自分ではない自分の内の不調和が

現実に反映し、イライラが増えるのです。

 

もし最近イライラが多いな、と思う方は、

最近の自分の思考をちょっと振り返ってみると

何か発見があるかもしれません。

 

(でもお疲れの方は

まずはたっぷり眠ってくださいね(^_-)-☆)

 

 

昔、私の高校の担任の先生が

「不機嫌は罪だ」と言っていました。

 

疲れて不機嫌になるほどがんばるより、

ほどほどで休んで笑顔のほうが、

周りも自分も幸せだなと思います。

 

放っておいてもきちんとがんばる気質の人が多い

日本人の私たちですから、

ちょっとゆるく生きるといいかもしれませんね。

 

 

「心を開いてワクワクしながら、

疲れるほどがんばらないで生きる」だけなんて、

人生の流れに乗るのは意外に簡単なのです。

 

明日も人生を笑顔で楽しみたいですね。