前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

自分らしい人生のドライブをするには

以前たまたま見かけたSNSの投稿に、

 

「自己評価が低いことは、

人生を通してブレーキをかけたまま

運転するようなものである。」

 

という言葉がありました。

 

これはアメリカの形成外科医の方の言葉だそうです。

 

それを読んで、そう言えば昔よく友達と、

自分を車に例えて話をしたなと思い出しました。

 

当時の私はエンジンもアクセルもあるけれど、

ハンドルもブレーキもない車のような生き方で、

 

まるで目隠しをしたまま走っているようで、

おかげでよく人生で事故を起こしていました。苦笑

 

人によっては、

ものすごくよくきくブレーキを持っている人や、

車の車体(希望)は大きいのにエンジンを上手く使えない人、

ハンドルブレーキをかけたままアクセルを踏む人など、

 

色んなタイプがあるように思いました。

 

みなさまはご自分はどんなタイプだと思われますか?!

 

 

昔の私は、途中で止まることができず、

危ないと思いながらもアクセルを踏みっぱなしだったり、

ハンドル操作の仕方を知らない子供のようだったりで、

 

自分という車を乗りこなせないまま走っていました。

 

そりゃあ人生で事故も起きますし、

何度ぶつかって止まっても、走るとまたぶつかりますね。

 

でも何故こんなに事故率が高いのかよく分かっていませんでした。

 

人も車のように、

アクセルとブレーキを使い分け、

前をよく見てハンドルを握り進まないと、

うまく目的地までたどり着けないものですね。

(当たり前ですね。(^_^;) )

 

自分という車には、

自分の夢へと向かう希望が乗っていて、

遠くの大きな夢ならたくさんのガソリン(ワクワク、情熱)が必要です。

 

走るためにはタイヤという自分の体が大切で、

大雨で視界が悪い時には、信頼できる人の言葉は

ワイパーの役目をしてくれるかもしれません。

 

そんな自分という車のハンドルを自分で握り、

行く方向を決め、進むぞ!と自分が決めてブレーキを外し、

アクセルを踏むから進むのですね。

 

誰か連れていって、とか、

持ってきて、では無理で、

 

中には乗せて行って、や、

引っ張って行って、という人もいますが、

 

自分で走らずどこかまで行くことができても、

そこからどうしようもなくなります。

 

だからやはり自分で運転して進むしかないと思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20191113042832j:image


昔の私は何故自分が事故ばかり起こすのか

よく分かっていなかったのですが、

 

今考えると「わー危ないかも!」と言いながら

ブレーキを踏まないままいたことや、

 

進む先がズレていると気づいているのに、

何となくどうにかなるかと

そのまま走っていたことに気づきました。

 

時にはこっちではないかもと気づきながら、

「でもだってもう戻れない」とか「いいや、行ってしまえ!」

で事故です。汗

 

本当に目の前の狭い範囲しか見えていなかったのですね。

 

今は間違ったと思ったら、一度停めて方向転換します。

 

これが出来ないから迷子になるのですし、

間違いを複雑にするのだと、たくさん失敗をして学びました。

 

その時間やそれまでが無駄になっても、

周りに大迷惑をかけても、

何もかも失うかもしれなくても、

どんなに犠牲を払っても、

引き返すことを学びました。

 

そしてそれは無駄ではないことも知りました。

 

 

「あれ?私が生きたかったのはこんな人生ではないな」

と気づいたら、

 

いつでも自分で停止し、バックして方向転換し、

また別の道を走って行けるのが人生です。

 

人生は戻れないと言いますし、

確かに同じ道を引き返しても

同じ場所に同じ人や状況はもうなかったりしますが、

 

引き返して、また新たに別の道を進むことで

もう一度新しくもっと自分らしい夢へと向かうことができます。

 

私は今、自分で自分の人生のハンドルを握っているなと感じ、

前のように操作不可能な暴れ馬に乗っている感覚は

もうありません。

 

実際には暴れ馬ではなく、

私が焦ってハンドルを離したり、

ブレーキを踏まなかったりしていただけですが、

 

歳を重ね、ようやく落ち着いて自分の行きたい方へ

自分でハンドルを切り、

ちゃんとブレーキも外しアクセルを踏み、

時にブレーキを踏み、

運転できるようになりました。

 

私のフロンドガラスは以前とは違い

きれいに磨かれ視界が広がり、

バックミラーだって見えます。

 

こんな風になれたのは瞑想を続けた効果が大きいなと思います。

 

 

例えば踏みっぱなしで外せないと思っていたアクセルは、

ただの欲や不安だったと知ったり、

 

周りは断崖絶壁のヘアピンカーブだと思っていた道は、

実はどこまでも広がる美しい草原の小道だと気づいたり。

 

霧で前が見えなくても走っていましたが、

そんな時は停めて見えるようになるまで

一休みしてもいいのだと知りました。

 

 

人生を自分らしく進むこと、

自分の夢に向かって走ることは何も複雑なことはなく、

 

マイペースで自分の車を運転すればいいだけです。

 

自分が生まれた時にいただいた車で、

好きな場所へ自由に走るのが人生です。

 

ハンドル操作を誤る原因となる、

思い込みや不安、欲望に振り回されないで、

 

自分の車のハンドルを人に任せないで、

 

この人生の旅を自分の行きたい方向へ

自分の好きな道を通って進みましょう。

 

道を間違えたと思ったら、

いつでも引き返し、

そこからまた行きたい場所へと進めばいいだけです。

 

 

ブレーキを外せない人や、

私のように目を閉じたまま?運転している方、

この道ではないと気づきながら引き返すことが苦手な方は、

瞑想をされるといいですよ。

 

瞑想で頭を空っぽにすることで、

自分の車の運転に不要なことを手放していけますから。

 

それに重くなった荷物を整理し身軽にもなれますから、

ガソリンの燃費もアップです(^_-)☆

 

みなさまの人生のドライブが楽しいものでありますように(^-^)

 

P.S.

しばらくの間、旅行中のため

メールのお返事をお待たせするかと思います。

2、3日お時間をいただくかもしれません。

申し訳ございませんが

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m