前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

今ここにある練習~幸せを感じて生きる

私の住む和歌山市では、午後にたくさん雨が降りましたが、

夕方にはその雨も上がり、

 

雨上がりの夕暮れには鳥たちの賑やかな声が聞こえ、

今は静かな夜となりました。

 

しっとりとした空気もだんだんと軽くなり、

先ほど焚いたお香の香りが家中に漂っていて、

 

そんな中で仕事でヒーリングをしたり、

瞑想をしたり、

本を読んだりする時間は私の大好きな時間です。

 

こんな時間は心が静かでさまよわず、心地よいです。

 

 

心がさまよわず落ち着いていると、

一度に一つのことを味わい楽しめ、

 

逆に忙しい時間の流れに乗ったままの心は、

心があちらこちらに目移りし、

一度に二つ、三つのことを同時にやろうとしたりします。

 

食事をしながらテレビを見て、おしゃべりもして、

新聞も開いている、というような時は、

心が忙しい流れに飲まれていると気づかない時です。

 

そんな時は食べたものがどんな味だったかなど、

ほとんど覚えていないでしょう。

 

なんとなく習慣で

一度にいくつかのことをしないではいられない人や、

例えばただ食べているだけの時間が

忙しいのにもったいない、ヒマだと感じる人は、

 

ちよっと立ち止まってみることが必要かもしれません。

 

そんな時はたいてい

「忙しい時間の流れに飲まれている」ものですから。

 

 

忙しい時間の流れに飲まれていると、

どんな素晴らしいことも、

素敵な時間も感動的な出来事も、

それを味わいきることができず、

 

いつも心に物足りなさを感じて生きることになります。

 

何となく人生や毎日が物足りなかったり、

幸せなのだけれど何か満たされないような気がしたり、

 

本当の自分が分からなかったり、

本当の自分がどこかにいる(ある)ような気がして

こんな自分ではない、とどこかで感じていたり。

 

だからそれを探して見つけたいと、

あちらこちらを探し回るのですが、

探せば探すほど見つからないものです。

 

こういう時は自分とのつながりが薄くなっている状態で、

せっかく大切なメッセージが届いていても、

それに気づけず、

 

ない!見つからない!と違うことろばかり

必死で探していたりします。

 

でもちょっと落ち着いてその流れから出てみると、

周りを探さなくても、もう自分の内にあったと分かるでしょう。

 

でも忙しい時間の流れの中にいるうちは見えないのです。

 

 

人には誰にも必要なメッセージが届いていますが、

それに気づく人もいれば気づかない人もいます。

 

それは霊感があるとか特別な能力があるとかの問題ではなく、

 

忙しい時間の流れの中にいるか、そうでないか、

 

別の言い方をしますと、

心がさまよっているか、いないか、

今ここに在るかどうか、ということです。

 

心が今ここにいないと、いくらメッセージが届いても

留守で受け取れないのです。

 

そんな時は一緒懸命に探し回っても

まず大切なことは見つからないでしょう。

 

 

もし自分がそんな状態かもしれないと思うなら、

必死で探すことをやめ、

 

まずは心を落ち着かせ、

さまよわない練習をするといいですね。

 

心がさまよわないで今ここにあるようにするのは、

日常の中で訓練できます。

 

f:id:yuko-k-ami:20191019215203j:image

(イギリス 湖水地方 ワーズワースの家の窓から。)

 

 

その一番簡単で効果的なことが、

一度に一つのことをする、です。

 

忙しい毎日を過ごしていると、

つい何かをしながら別のことを同時にすることが普通になり、

 

それが効率よく時短になると思いますが、

実は逆で、

 

その積み重ねのために大切な能力が失われ、

より遠回りすることになります。

 

 

同時にいくつかのことをすることにより、

まず集中力がなくなり、

 

出来事や目の前のこと、「今」を

感じきることができなくなります。

 

日常の小さな発見や新鮮さに気づかなくなり、

そんなことは取るに足りないものとやり過ごし、

 

もっと大きな結果や分かりやすい答えだけを

求めるようになります。

 

でも人が求める大きな結果や答えは、

小さな発見や日々の中のふとした気づきの中から生まれるもので、

 

それなしではたどり着けないものなのです。

 

素晴らしいアイデアや思いもつかない別のやり方、

今まで気づかなかった自分らしい新たな道などは、

 

何かを思い切り楽しんだり夢中になったり、

一点に集中したりしたり、

完成にリラックスして味わったりした先にあるので、

 

早く早くと焦って心がさまよい飛び回っていると

見つけることができません。

 

 

ですから一度に一つのことだけをするようにし、

今していることを自分のすべてで味わおうと

楽しみ集中するように日頃から意識するといいですよ。

 

また、ついあれもこれもやらなくちゃと

忙しくて焦る気持ちがある時は、

 

ほんの一分でもいいので

目を閉じてゆっくり深呼吸を数回してから

取り掛かるようにしましょう。

 

 

どこかで聞いたアフリカの諺で、

「像をどうやって食べるか?」の答えに、

「ひと口ずつ」というものがあります。

 

あんな大きなものをどうやって調理するのか?とか、

調理をする道具は?調理法は?などと

頭が混乱してしまいそうですが、

 

食べるのはいつだってひと口ずつ。

 

そう思うとどんな問題も忙しい時も

なんだか力が抜けて「そうだな。笑」と思えます。

 

 

そうしてつい忙しいモードで過ごしてしまいそうな時も、

あとどれだけやることが溜まっているかではなく、

 

今することだけに集中し、

一度に一つのことを全力でやるようにすると、

 

不思議と時間はなんとかちょうどよく収まるものです。

 

 

そしてそうして生きていると、

大切なメッセージやアイデア、インスピレーションなども

スムーズに受け取れるようになり、

 

今ここを味わえるようになると心が満たされ、

 

どこかにいる本当の自分探しをしなくても、

今のこの自分を生きることの喜びに

気づくことができるでしょう。

 

 

まずは手始めに、食事をする時はテレビやスマホは見ずに、

黙ってゆっくり食事を味わったり、

一緒に食べる人と今食べているものについて

味わいながら話したりするようにしてみるといいですね。

 

本を読むにも、時には

早く早くと次のページを読み進めるのではなく、

ゆっくりと読み、心に留まる一行を読み返したり、

声に出して読んでみたりして、味わってみましょう。

 

本は要点が分かればいい本、学ぶ本と、

深く味わう本がありますから、

読み分けるといいように思います。

 

音楽も、何かをしながら聴き流すのではなく、

目を閉じてじっくりと一曲を味わってみるといいですね。

 

 

瞑想はそんな日常にもつながります。

 

瞑想は目を閉じ、ただ呼吸だけに集中する時間ですから、

今ここにある練習にはとても効果的で

優れた方法だと思いますので、とてもおすすめです。

 

 

集中のないところに、

深い感動や喜びなどはないと思います。

 

胸にジーンと響くことがあり涙が出そうな時に、

今日の晩御飯は何にしようかなどと考えている人はいませんねよね。

 

これから先の人生に

そうしたものがたくさんあるといいなと思う方は、

 

ぜひ今日から一度に一つのことをすることや、

その一つ一つを丁寧に味わうことを大切にするといいですね。

 

私も大切にしていきたいと思います。

 

みなさまの人生がますます心豊かな毎日となりますように(^^)

 

 

秋のセミナー ♪

10月6日(日)大阪キネシオロジーセミナー 満席

10月26日(土)東京幸せを生きるセミナー

10月27日(日)東京瞑想セミナー

11月10日(日)大阪瞑想セミナー

11月16日(土)東京キネシオロジーセミナー 満席

 

東京キネシオロジーセミナーは満席です。

他のセミナーも残席1~2席となっております。

 

・瞑想セミナー - 前向き気づき日記

・セミナー「幸せを生きる」 - 前向き気づき日記

・潜在意識の声を聞く・キネシオロジーセミナー - 前向き気づき日記