前向き気づき日記

瞑想歴28年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

時間や空間の枠から自由になる生き方〜第4密度の地球で生きる

2023年「オンライン瞑想セミナー4」ご参加受付中です♪
12月10日(日)13時〜と、 12月12日(火)11時〜の2回です。
詳細・お申し込みはこちらのページから^ ^ ↓
 オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

 

今日は時間についてのお話から、

これからの新しい地球の

時間と空間についてのお話です。

 

後半は次元のお話や、

最後には新しい地球と調和する

日常のちょっとした考え方なども

ご紹介しますので、

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

 

 

今日から12月ですね!

今年もあとひと月だなんて本当にビックリです。

 

一年ってこんなに短かったっけ?

私は今年何をしていたのだろう?と思うと、

逆に春や夏の自分がもう何年も前のようで、

それにまた驚きます。

 

時間の感覚っておもしろいものですね〜!

 

そんな一貫性のない時間の感覚ですが、

それはズレている、おかしいのではなく、

時間とは本来そういうものなのかもしれません。

 

1秒とはこれくらいの長さと決まっていて、

1分、1時間、1年・・・はこの長さと決まっている、

誰にとっても、いつの時代も同じだ、不変だ、

ということは、

 

思い込みなのかもしれません。

 

そもそもずっと昔から、

人は楽しいことをしていると

時間があっという間に過ぎたと感じ、

 

辛いこと、嫌なことをしていると、

時間がなかなか進まないと感じるのは

 

誰もが経験していることです。

 

そんな人により感覚により伸び縮みする時間を、

1秒はこの長さ、と決めること自体が

無理なことなのかもしれません。

 

でも人と関わる時には、

時間が決められないと不便なので、

目安として決め、使ってきたものなのでしょう。

 

 

少し時の歴史を振り返ってみますと、

 

この世界で最初に時計が生まれたのは

紀元前4000年ごろのエジプトで、

日時計が生まれたようで、

 

影ができる方向で午前と午後を分けたそうです。

 

それが1600年代に振り子時計が生まれ、

ニュートンにより、

時間は常に一定の速さで流れるという概念が

一般化したそうです。

 

 

日本では飛鳥時代の671年、滋賀県の大津市で

天智天皇により設置された水時計(漏刻)により

時を知らせる鐘が鳴らされたと

日本書紀に残っているそうで(時報ですね!)、

 

以前、滋賀県大津市にある近江神宮に行った時に、

時計館宝物館があり、

何故ここに?と思ったら、そういうことだと知り、

そんな時代からあったのだと驚きました。

 

(余談ですが、近江神宮は素敵な神社でした☆)

 

その後は源氏物語などでも出てくるように、

丑の刻など十二支を当てはめていましたが、

明治時代になり今の時間が取り入れられたそうです。

 

時間の歴史を眺めてみると、

昔はザックリで、

近代になるほど細かくなっていておもしろいですね。

 

(歴史で間違っていることがありましたら

すみませんm(__)m汗)

 

 

おもしろいのは、例えば、

サッカーとバスケットは

それぞれイギリスとアメリカで

1800年代後半に生まれましたが、

 

サッカーは今でも試合が中断された時間を

結構ざっくり?!アディショナルタイムとして

延長しますが、

 

バスケットは中断するたびに時計を止め、

残り時間は10分の1秒単位ですよね。

 

 

こうしたことからも、

ヨーロッパとアメリカの

意識や価値観の違いや、

時代や世界の流れが垣間見えるような気がします。

 

 

どちらが良いとか正しいとか、

こうあるべき、ということではなく、

 

どんなことでも歴史を大きく眺めると、

全体の流れがよくわかり、

この先どう進んでいくのかに気づく

手がかりになるように思います。

 

 

そんな時間ですが、

今は1兆分の1秒どころではない単位で

計測できるようですが、

 

そこまで進んだ今は、

時間に追われる時代であるとともに、

一方で、

一周回って、時間に囚われない生き方も

見直されてきています。

 

「みんな」や時計の時間ではなく、

マイペースで生きることや、

 

頭で計算した時間ではなく、

したいことをして楽しむことで味わう

あっという間の感覚、

 

そして同時に、

その時間はどんなにハードでも疲れないなど、

時間としての体感だけではなく、

エネルギー的な違いなどにも気づく人が増え、

 

それを生かして生きる人が増えています。

 

 

昔、午前午後の感覚しかなかった頃から、

2時間くらいの単位になり、

1時間単位、分、秒・・・と細かくなり、

 

時間の概念が染み込み、

時間との戦いになった現代を経て、

 

今、その時間という枠を超える時が

来たように思います。

 

どんなことでも、やり切ると

その先にある今まで見えなかった向こう側が

見えてきます。

 

どんどん正確に、より細かくなってきて、

もう人間の感覚で判別できる限界を

超えるところまで行ったからこそ、

 

今、時を超えるという扉が

開いたのかもしれません。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

 

この時を超えるということについてですが、

その前に次元という言葉について

簡単にお話しますと、

 

一般的に知られる次元という言葉の意味と、

スピリチュアルでよく使われる次元とは

ズレがあり、

 

一般的に次元というと、

一次元が直線、

二次元は平面、

三次元は立体で、

私たちは三次元にいるというのが一般的でしたが、

 

今はそれに時間が加わった四次元とも

言われています。

 

それに対し、スピリチュアルで言われる次元とは、

意識の領域のことで、

これを区別するために次元ではなく、

密度という言葉を使います。

 

これについては以前何度か

このブログでも書いていて、

でも密度というと、知らない方には

話がよくわからなくなる、通じないので、

ブログでは私は次元と書いています、と

ご説明してきました。

 

スピリチュアルでいうところの次元、密度では、

地球は今、第4密度に入ったところです。

 

これまでの第3密度は二元的意識、

境界線や分離の意識です。

 

それが第4密度に入ると、

これまでの物質界からよりエネルギー的になり、

時間や空間の制約から自由になるのが特徴です。

 

 

今、地球はアセンションの真只中で、

第4密度へと進化し、

そこで生きる私たちもその波動の影響を受けいていて、

 

だから今、時間や空間の概念が

これまでのガッチリと決められていた枠から

自由になる人が増えていて、

これからそれはますます加速するしょう。

 

 

それは例えば、

今までのように職場に通わなくても、

オンラインで仕事をするとか、

 

一つの仕事に就いたら

ずっとその仕事をやり通すものだという価値観から、

いつでも自由に全く違う仕事を始めてもいいという

柔軟さが生まれたり、

(かけた時間に対する縛りから自由になる)

 

一日8時間働くのが普通で、

それくらい働かないと食べていけないという

思い込みから自由になったり、

 

ここに家を建てたから一生ここで暮らすもの、

という価値観から自由になり、

ちょっと引っ越してみたり、

二拠点生活に憧れる人も増えています。

 

また、以前より遠くの場所が身近に感じる

などもそうですね。

 

例えば、昔は大阪から東京に行こうと思うと、

遠い、一大イベントだと感じたのが、

今は日帰りで行ける場所と感じる、

などもそうです。

 

 

こうしたことは第4密度の特徴で、

時間や空間(場所)の縛りから

自由になってきたということです。

 

この密度の移行期にコロナにより

生活や常識が様々に変化したことも、

 

これまでの時間や空間の囚われから

世界が大きく変わるために必要な流れでした。

(それだけが理由ではありませんが。)

 

まさに、起こる出来事は全てベストタイミングで

最も効果的で必要なものなのです。

 

 

ここで冒頭に戻りますが、

そんな中で、今私たちはよく、

 

時間の流れが早くなったと感じたり、

逆にひと月前のことが、

もうずっと昔のことのように感じたりするのは、

 

ただの雰囲気や勘違い、

忙しいから、

年齢を重ねたからではなく、

 

時間の枠、概念がゆるんできたから

かもしれません。

その可能性は高いと思います。

 

 

ですから時間や空間(場所)、

そしてそれが合わさった距離の感覚などが、

以前より柔軟になり、広がったように感じるのは

素晴らしいことで、

 

これからますますその方向に

進んでいくように思います。

 

逆にいつまでも細かな枠にこだわったり、

これまでの在り方や考え方を手放そうとせず、

しがみついていると、

 

この先の新しい地球とは

波動が合わなくなっていくでしょう。

 

そうなると現実的にストレスが増えたり、

うまくいかないことが増えたりして、

生きづらくなるので、

 

今の世界の変化の流れを

一緒に楽しんでいくといいように思います。

 

 

これは何も、

早く会社に通うことをやめた方がいいとか、

せっかく建てた家にずっと住んでいてはダメ、

などということではなく、

 

意識のお話です。

 

どこに住み、

どんな仕事をしていても、

意識を広げ、柔軟さを楽しみ、

 

自分の可能性を自由に広げることを

楽しんでいくことです。

 

そうして自分の世界が広がっていくことが、

第4密度のあり方ですから(^^)

 

 

というわけで、

まずは日常の中で、

早くしなくちゃ!

間に合わない!と焦る時や、

 

時間がないからできない、

仕事などでこうするべきだから

無理でもやらなくては、

などと、

 

時間の枠に自分を押し込めようとする時に、

今日のお話を思い出し、

 

ゆったりと深呼吸をして、

大丈夫。と安心感に意識を戻してみることから

始めてみましょう。

 

そうして自分をゆるめていくことで、

段々と本来の自分のペースで生きられるようになり、

 

時間は時計や誰かや常識が決めるのではなく、

自分が時間なのだということを思い出し、

 

生き心地(笑)がよくなってきますよ(^^)

 

明日もそんな一日となりますように。

 

「オンライン瞑想セミナー4」ご参加受付中です♪

12月10日(日)13時〜、

12月12日(火)11時〜の2回です。

お申し込み・詳細はこちら  ↓ 

オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

 

プロフィール 北山裕子

プロフィール・お問合せ - 前向き気づき日記

摂食障害を治すために瞑想を始め、瞑想歴28年。

現在、遠隔でのエネルギーヒーリングや、

オンラインで瞑想セミナーや

個人セッションをさせていただいています。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

<オンライン個人セッションと遠隔ヒーリングのご予約状況>

12月〜1月11日までご予約で満席です。

1月後半までご予約が入ってきておりますので、

1/12以降で日時の範囲を広げてお問い合わせください。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

遠隔ヒーリングのご感想

遠隔エネルギーヒーリングのご感想3〜2023年 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪