前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

もう一人でがんばらない〜人に頼る優しい世界を生きるには

 2022年秋冬の「オンライン瞑想セミナー4」
 *12/15(木)11時〜 *12/18(日)13時〜
詳細・お申し込みはこちらから。↓
 オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

 

今日も朝から雲一つない青空が広がり、

太陽の光が溢れる美しい一日でした。

 

今日は仕事の合間に買い物がてら

鴨川沿いを散歩しましたら、

 

紅葉シーズンも終わりですが、

 

木々が落とした葉っぱで

道が黄色い絨毯になっていたり、

 

真っ赤なモミジや黄色いプラタナス、イチョウなどが、

優しい風に乗って静かに最後の葉を散らし、

 

それが太陽の光を浴びてキラキラ。

 

午後4時ごろの空はオレンジに色づきはじめ、

冬の始めの木々や川、街並みを染め、

 

夢のように美しかったです。

 

いつも思うことですが、

こんな美しい世界に生きていることに

ただただ感動と感謝でいっぱいです(^^)

 

 

さて、皆さまは

人に甘えたり頼ったりできる方ですか?

 

これが苦手で、なかなかできないという人も多いようです。

 

なんとなく人に甘えるとか、頼るって、

 

ズルくて卑怯なような、

自分でやらないダメな人のような、

能なしで、できない人のような、

 

そして甘えたり頼るということは、

自分は能なしで、できない人だと

認めているような気がしたり、

 

男性だと、

男性として頼りないのは情けないと思ったり、

 

女性だと、

甘えればいいと思っている女は媚びているみたいで、

そう見られるのが嫌でできない、と思ったり、

 

何より、みんな自分で頑張っているのだから、

自分だけ甘えてはいけない、

自分のことは自分でなんとかするべきだ、など、

 

色んな理由で、人に甘えたり、頼ったりできない、

できない、助けてと言えない、

という方は多いようです。

 

 

これが知らない人には言えないとか、

赤の他人には言えないならまだわかりますが、

 

家族にも言えない、

職場では言えない、というのは、

ちょっとじっくり考えてみるといいかもしれません。

 

 

家族間でも、例えば

家事や育児は自分の分担だから、

パートナーは外で働いて頑張っているのだから、

家のことは自分が全部やらなくては、と、

 

体調が悪くても無理をしてやったり、

たまに出かける時まで家族のご飯の心配をしたり、

という人は少なくありません。

 

(本当にそうしなければならないなら、

年中無休で代わりの人がいない超ブラック企業状態ですよね!)

 

 

また、会社は本来は

みんなで分担して支え合いながら

一人ではできない大きな仕事をする場所だと思いますが、

 

それがいつの間にやら、

割り振られた自分の役割は自分で果たすべき場所、

という感じになり、

 

仕事なのだから甘えるなんてやってはならない、

自分の分をこなせないのは

仕事ができない人、能なし、のようなイメージで、

 

みんないっぱいいっぱいなのに

それでもなんとか頑張っているのだから、

自分も自分のことは自分で完結させなければ、

頼って迷惑をかけてはいけない、などと思ったりします。

 

なんだかこうして書いているだけでも

息が詰まりそうですね・・・。

 

 

私も以前はずっとそんな感覚で生きてきましたから、

それが常識で、当たり前で、

 

私が昔働いていた職場で、

人に甘えて頼る人はあまりいませんでしたが、

もし甘える人がいたとしたら、

 

甘えるなんて迷惑、

それは私の仕事じゃない、

私だってしんどいのに自分でやっているのだから、

あなたも自分でなんとかして、

 

くらいに思っていたでしょう。汗

 

そう思っているから、

自分も人に頼るなんて絶対にできないし、

してはならないことだと思い、

 

毎日夜中まで残業していたのです。

 

そんな人は日本には多いのではと思います。

 

 

私たちは一体いつから

人に甘えてはいけない、頼ってはいけない、

それはダメな人がすることで、

やってはいけないことだと思うようになったのでしょうね。

 

いつそんな価値観を学んでしまったのでしょうね。

 

だって赤ちゃんの頃は

みんな何もできず、

ただお母さんや面倒を見てくれる人の手を借りて生きていて、

 

自分ではご飯も食べられないし、

トイレのお世話だってしてもらっていて、

 

申し訳ないとか、いけないことだとか、

できない自分が情けないなどと感じることなく、

甘えること、頼ることができていたのに。

 

 

もちろん成長して、

基本的には自分のことは自分で、と学び、

そうできるようになることも必要なことなのですが、

 

でも無理なことまで、

できないことまで、頼ってはいけないとか、

 

体調が悪くても、

精神的に参っていても、

それでも甘えられないなんて、厳しすぎますよね。

 

 

そしてそうやって自分が人に甘えられない、頼れないから、

人が自分や周りに頼るのを見ると、

 

ズルいと思うのでしょう。

 

だって自分は無理なことでも、

しんどくても一人で頑張って、

なんとかしてきたのに、

 

簡単に人に頼るなんて許せないのです。

 

そうして、

「人に頼らず自分で無理をしてでも頑張るもの」

という価値観で生きる人がたくさんいるから、

 

みんなますます

人に頼れない、甘えられない世界になっていくのでしょう。

 

 

そして例えば、一人で育児をやろうとして、

 

精神的にも肉体的にも苦しくなったり、

ストレスが溜まったりして、

 

でもそんなのみんなしんどくてもやっているのだから、と

人に言われたり、自分で自分に言ったりして、

 

それを無理矢理乗り越えるから、

 

他の人にもそれを要求するようになったり、

自分でできない、やらないことに

罪悪感を感じる人がいたりするのでしょうね。

 

瞑想 潜在意識 波動 上げる 効果

(京都 夕方の太陽の光でキラキラでした♪)

 

でもよく考えてみると、

なぜそこまでして自分一人で無理をして

頑張らなければならないのでしょうね?

 

世の中にはこんなにたくさん人がいるのに、

どうして助けてもらってはダメなのでしょう?

 

みんなにはできることでも、

自分にはできないことがあり、

 

それをできないから助けて〜と言って、

何がいけないのでしょう?

 

 

確かに自分は何もしないで、

甘えることしかしない人は

周りが困るかもしれませんが、

 

そんな極端な人は別にして、

 

ほとんどの人はもし甘えるとしても、

自分でやろうとしたけれど

でもできないからとか、

どうしても苦手だから、という感じでしょう。

 

 

そんな甘えをもっと許しあえる社会になると、

みんなもっとずっと楽に生きられるように思います。

 

お互いに自分が得意なことや、できることで手を貸しあい、

できないこと、苦手なことは人の手を借りる、

 

それで何も問題ないどころか、

とても楽で快適な世界になるように思います。

 

 

そんな世界を創るにはどうすれがいいか?と考えますと、

 

まず自分ができないことを

自分でやろうとしないことです。

 

今は多くの人が

「人に頼らず自分で無理をしてでも頑張るもの」

という価値観で生きているから、

 

みんなお互いに迷惑をかけないように

頼れない社会になっていますが、

 

その価値観で生きることは

これまで散々やってきて、

 

多くの人が、それはちょっとキツイよね、と

感じていたりするのでは。

 

 

だとするなら、

その世界を変えていくには、

 

「もう無理をして頑張らない」

「できないことは人に頼っていい」

という価値観を自分が採用し、

 

その価値観で生きる人が増えれば増えるほど、

世界はお互いに許しあう優しいものになっていくでしょう。

 

 

実際のところ、

人はそれぞれに能力も才能も個性も違うのですから、

 

できないところをなんとかしようと頑張るより、

できる部分で助け合う方がずっと効率が良く、

 

しかも頼られた人は自分の能力を活かせるのです。

 

 

逆に言えば、

人に甘えさせないということは、

 

みんなそれぞれに自分の持っている才能を

発揮するチャンスをもらえないということで、

 

チャンスをもらえないから、

自分の才能に気づくこともできないのです。

 

才能や能力は実際に使っていくことで

気づいたり、見つけたりできるのですから。

 

 

ですから頼らないで頑張る世界にいると、

自分の得意なことがわからなかったり、

 

人から必要とされず、

自分には価値がないなどと思ったりし、

 

だから役に立ちそうな資格を取ろうとしたりして、

なんとか自分に価値をつけようとするのでしょう。

 

でも本当は、

お互いにできないことを頼りあって生きていると、

自然と得意なことも才能も

光ってくるのです。

 

 

というわけで、

もう自分で色々なことをちゃんと全部頑張ろうとするのは

やめましょう。

 

みんなもしんどくても自分で頑張ってやっているから、

という理由で、

自分も一人でやろうとするのはやめましょう。

 

甘えるのはズルい、とか、

男性なのに情けないとか、

 

女性だから甘えればいいと思っている、と

思われたくないとか、

 

そんな色んなことは

全て古い間違った思い込みだと気づき、

 

もうそんな生き苦しい世界を卒業し、

 

できないこと、無理なことを

素直にできないと言い、

人に甘えることを覚えていきましょう。

 

できない自分を受け入れ、許すことで、

誰かの能力を発揮する機会を

作ってあげることができるのですから。

 

 

この「できない自分を受け入れ、許すこと」、

ここが受け入れられない人が多いから、

 

頑張ってしまうのでしょうね。

 

できない自分を認めたくない、

甘えることを受け入れることがハードルに感じるのは、

 

自分の根底に、

「役に立たない自分では愛されない、価値がない」

という間違った思い込みがあるからです。

 

この間違った思い込みがある人はとても多いです。

 

 

それを手放し、自分を許せると、

 

人に頼ることに罪悪感を感じなくなりますし、

 

甘える側が下で、頼られる側が上

という価値観ではなく、

 

お互いがお互いを生かし合う

対等な関係だということがわかるでしょう。

 

すると甘えることもできないことも、

悪ことやダメなことではないとわかるでしょう。

 

この部分で引っかかりがある方は、

内観し、クリアリングするといいですね。

 

 

というわけで、今日も予定外に長くなりましたが、汗笑

(今日はゆるブログのつもりだったのに!)

 

お互いに許しあい、支え合う、

優しい世界にシフトしていきましょう♪

 

自分の生きる世界は自分の内側の反映ですから、

まずは自分の中にある間違った価値観に気づき、手放し、

 

自分で自分に優しい世界を創造していきましょう(^^)

 

そんな生きやすくて心地よい世界を

楽しむ人生を^ ^

 

p.s.

12月の個人セッションとヒーリングの枠が

ご予約でいっぱいとなりました。

1/9以降の日程でお申し込みください(^^)

(年末年始はお休みをいただきます。)

 

オンライン「瞑想セミナー4」

*12/15(木)11時〜  *12/18(日)13時〜

詳細・お申し込みはこちらから。↓

オンライン瞑想セミナー4 「高次元からのメッセージを受け取る」 - 前向き気づき日記

・1〜4までを間を空けず続けて受講していただいて大丈夫です。

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記

 

サブブログ

→「人生で一度くらい

京都暮らしの日常をゆるゆると書いています♪

よろしければ覗いてみてくださいね^ ^

 

YouTubeチャンネル

→「ゆるく前向きに*北山裕子 - YouTube

ブログの音読や誘導瞑想などをアップしています。

チャンネル登録していただけるとうれしいです♪