前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

夢を叶えるには夢に実現の機会を与えること

今日の帯広は午前中は霧に包まれ、

朝窓の外見ると幻想的な世界が広がっていました。

 

今まで住んでいたところでは

普段霧を見ることが滅多にありませんでしたが、

こちらに来てから時々深い霧が広がることがあり、

 

まるでヨーロッパのようだなぁと思ったり、

 

霧に包まれた森が見たくて

近くの公園に散歩に行ったりしています。

 

霧深い森なんて、物語の中の世界のようで

とても新鮮で、夢のように美しく、

不思議な世界に迷い込んだような感覚になります。

 

気温だけではなく、こうした違いを知ることは

そこに住んでこそだなと思いますし、

 

そんな違いや初めてを経験することが

毎日楽しいです(^ ^)

 

 

さて、今年になってから

これまでずっと居心地よく住んでいた和歌山市から、

 

人生で一度くらい住んでみたいと思っていた場所で、

やってみたかったことをして生きてみたいと、

まずは京都、それから北海道に引っ越しましたが、

 

昔からの夢だった北海道暮らしを始めた今

思うことは、

 

夢は叶うとか叶わないとかいう物差しの上で

眺めているものではなく、

 

自分で夢に実現のチャンスをあげることが大事だな

ということです。

 

 

前は、

自分の中にある大きな夢が叶う時をイメージすると、

 

まるでそれまで夢が実現することを妨げていた問題が

全て驚くような流れで変化し、消えたり解決し、

夢の中のように、物語のように劇的に叶い、

自分は最高に喜び感動し、興奮する、

 

という感じかな、と、

なんとなくイメージしていましたが、

 

実際には、

今を地続きに歩いていたらもう叶っていた、

という感じでした。

 

 

もしかすると周りから見れば

ドラマティックに見えるかもしれませんが、

 

それを生きた自分にとっては

驚きだけれど、とても嬉しいけれど、

 

これまで実現した大きな夢は、

確かにそれまで自分が超えられないでいた

見えない壁の向こう側から

こちら側に移ったと感じますが、

 

見えない壁を越えることができたのは、

自分が夢を実現する機会を

夢に与えたからだと思います。

 

それは魔法でも偶然でもなく、

自分の選択と行動だと思います。

 

夢は叶うか叶わないかの物差しの上で、

押し問答をして勝ち、叶うのではなく、

 

ただ実現するチャンスを

自分で夢にあげることです。

 

 

例えば、今回の私のように

住んでみたい場所に住みたいと思ったとして、

 

そうしてみたいと思いつつ、

 

でも結婚しているから、

パートナーや家族がいるから難しいとか、

お金がないとか、

仕事的に無理だとか、

高齢の両親が心配だとか、反対されるなどに始まり、

 

いざとなると本当に全てを置いていくのが

不安だったり、

知らない場所で一人ぼっちで幸せなのか?

と心配になったり、

 

自分がいない間に家族に何かあったらどうしようとか、

大切な人といられる人生の貴重な時間を手放して

後悔しないか?と悩んだり、

 

色んな悩みが出てきて、

結局動けないままになる人は多いようです。

 

これは住みたい場所に住むことだけではなく、

どんな夢を実現する時でも同じことです。

 

 

そうして夢を叶えたいと思いつつ、

一方で叶うと困る、叶ったら大変だ、

と思う自分がいて、

 

だから夢へのアクセルとブレーキが同時に踏まれ、

どちらへも進まないのだと思います。

 

実はその現状維持の状態は一番リスクが少なく、

安心なので、

どこかで納得して選択しているのです。

 

夢が実現しないのは、そんなからくりがあるようです。

 

f:id:yuko-k-ami:20210521223630j:plain

 

例えば、住みたい場所に住むでも、

したいことを仕事にするでも、

自分らしく生きるでも、

 

その夢を実現する機会を与えようとすると、

必ず何か決断したり手放したりすることがあります。

 

そしてそれを決断し、引き換えに手放したからといって

必ずうまくいく、幸せになるかはわからないものです。

 

でも夢を現実にするチャンスを夢に与えますか?と

聞かれるのです。

 

 

そこで多く人はリスクを考え、

 

立ち止まったり、諦めたり、

もっと都合のいい条件を探したり、

絶対大丈夫な道が現れるのを待ったりして

自ら動かないで停止します。

 

でもいつも夢の実現の手前には、

「本当に叶えますか?」という問いがあり、

 

それに「YES!」と口先でいくら言ってもダメで、

 

本当にそれを望むかを

宇宙は親切に確認してくれるのです。

 

 

その確認では、例えば、

 

大切に貯めてきた貯金をはたく必要があったり、

平和だった人間関係に

波風を立てることをする必要があったり、

家族の反対や心配から引き留めがあったり、と、

 色んなパターンがあり、

 

自分がこれだけはやりたくないと思うことや、

一番心配だと思うことだったりします。

 

 

例えば、家を建てることが夢だとすると、

そのためにはローンを

この先何十年も背負って生きる覚悟が必要だったり、

貯め続けた大金を手放し貯金がなくなる不安を

味わうかもしれません。

 

働けなくなったらどうしようと思うかもしれません。

 

でも家を持った人はみんなその問いに、

「でも叶える!」とOKするから

家が手に入るのですよね。

 

それはリスクを考えても叶えると、

自分が夢に実現の機会を与えたからです。

 

 

家などの物理的なことでなくても同じで、

どんなことでも

 

夢は、

自分がそれを実現する機会を与える許可を出すことで叶うのです。

 

今回一つの夢を叶えてそんなことを思いました。

 

 

実際、私は今回の帯広への引っ越しでは、

 

マンスリーマンションの他に、

マンスリーレンタカーもする必要があり、

 

(和歌山に自分の車があるのですが、

運ぶのが大変で、今回は諦めました。)

 

京都で暮らす家賃より

どう考えても固定費が高くなることがわかり、

 

庶民的感覚で、

毎月こんなに固定費がかかるのは

贅沢すぎでは、と怯んだのですが、

 

そこで、

 

いや、待てよ、

今お金を使わないでいつ使うの?

お金って何のためにあるの?

したいことをするためにあるはずでは、

ただの家賃や車の維持費ではなく、

夢を実現するためのお金なんだ、と思い、

 

いくらまでならOKで、いくらなら高い

という考え方ではなく、

 

これは無駄遣いではなく、

本当にしたいことをするための必要なお金だ、と思い、

 

使うことに決めました。

 

すると部屋が見つかったのです。

 

 

こうして夢は実現しますか?の問いに、

自分がOKして実現する機会を与えると

叶うのだなと思いました。

 

リスクを考えて怯んでいると

まだ準備できていないのだなと

夢は実現しないでいるだけなのです。

 

ですから、もし今叶えたい夢があるのに

まだ叶わないでいるなら、

 

自分がOKしていないのは何か?

本当は不安で叶ってほしくないと思っていることがあるのでは?

と、

 

自分に問いかけてみるといいですね。

 

 

自分で気づくことがあるかもしれませんし、

 

中には無自覚で

潜在意識でストップをかけている場合もありますから、

その場合は気づくのが難しいかもしれませんが、

 

(個人セッションでそれを見つけること、

解放することをしています。

必要な方はご活用ください。下記参照。)

 

そこに気づき、OKすることで

夢に実現のチャンスを与えることができるようになり、

夢が実現するでしょう。

 

 

大きな夢も、ささやかな夢も、

自分が生きてみたいと思うことを

自分で実現して、

その人生を生きることを楽しんでいきたいですね(^ ^)

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記