前向き気づき日記

瞑想歴26年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

輝く瞳で生きる〜子供との絆

今日の帯広は澄んだ青空が広がる

気持ちのいい一日でした。

 

仕事の合間に、家から車で15分の場所にある絆

十勝川温泉の十勝ヶ丘公園に行ってみましたら、

 

そこには大きな花時計があり、

たんぽぽが咲く広々とした芝生があり、

その周りには白樺の林があり、

そしてその向こうには小麦畑が広がっているという、

 

なんとも贅沢で

とても気持ちのいいところでした(^ ^)

 

f:id:yuko-k-ami:20210520235057j:image

 (北海道 十勝ヶ丘公園の花時計。)

 

 

ほとんど人もおらず、

これは最高の場所かも!と、

 

誰もいない公園で

ウクレレタイムを楽んでいましたら、

 

近所に住んでいる元気いっぱいの

小学1年生の双子の女の子と

そのおばあちゃんに声をかけられ、

 

色々おしゃべりをして教えていただき

とても楽しい時間となりました。

 

(「おばあちゃん」ではなく

「ご婦人」とお呼びするべきかとも思いますが、

今回はわかりやく

「おばあちゃん」と呼ばせていただきますね。)

 

その子たちは全然人見知りせず、

色んなことをどんどん話してくれ、

すっかり仲良しになりました。

 

 

その子たちのお母さんは

働きながら好きな場所を転々として

暮らしているそうで、

(タイ式マッサージをしているのだそう。)

 

少し前までは大分にいて、

今は屋久島に住んでいるとのこと。

 

それをみんなうれしそうに話していて、

自慢のお母さん、自慢のお嬢さんのようで、

 

無理をして住みたくない場所に住んでも

そのうちにやっぱり無理になる、

生きたいように生きるのがいい、

とおばあちゃんが言っていました。

 

その子たちはこちらで

おばあちゃんや従兄弟たちと

楽しく暮らしているようで、

 

色んな形があるな、

色んな形があっていいのだ、と

あらためて思いました。

 

 

もちろん色んな環境があり、

こんなパターンをしたくても難しい人もいるでしょうし、

 

このパターンが良い悪いという話でもなく、

 

それぞれに最適な自分達だけの形があるものですね。

 

子供たちや家族が幸せなら、

他人が良い悪い、こうあるべきだと

口を出すことはありませんね。

 

f:id:yuko-k-ami:20210520235259j:plain

(十勝ヶ丘公園にて。芝生がたんぽぽ畑です☆

そしてウクレレ弾き放題です♪)

 

 

両親と一緒に住んでいても、

両親が不仲だったり、

忙しそうでストレスいっぱいの家で、

 

居場所がない、居心地が悪い、寂しい

と思う子もいますし、

 

今日あった子たちのように

お母さんと離れて住んでいても

元気いっぱいで、

 

私のウクレレを興味津々で弾いてみたり、

歌を歌ってくれたり、

ダンスを見せてくれたり、

芝生の上を走り回ったりして、

 

知らない人(私)にどんどん聞きたいことを質問して、

目をキラキラ輝かせている子もいます。

 

 

そういえばニュージーランドにいた時も、

ホームステイ先のホストが、

家で小さなパーティをした時、

 

ホスト夫婦と、ご主人の離婚した元奥様、

その二人の娘さん(当時9才くらい)、

元奥様の今の恋人・・・と、

 

日本ではそのメンバーでパーティって・・・

と思うような取り合わせでしたが、

 

みんな和気藹々と

遠慮なく色んな話をオープンにしていて、

娘さんはとても楽しそうにしていました。


f:id:yuko-k-ami:20210520235304j:image

(十勝ヶ丘公園にて。)

 

 

今日のかわいい女の子たちも、

そのホストの娘さんも、

時には寂しく感じる時もあるかもしれませんが、

 

それでもあの目の輝きは作り物ではなく、

心豊かな毎日を送っているのだろうと思いました。

 

親が自分のために無理をしていないのは、

子供にとってうれしいことだと思いますし、

 

子供だからと隠したり誤魔化したりせず、

ちゃんと説明をしてくれ、

オープンであることは

絆を作り、安心や信頼につながるように思います。

 

一緒に住んでいるかどうかより、

そんな絆があるかどうかの方が

大事なことのように思いました。

 

 

日本は特に、

子供だから言ってもわからないだろうと誤魔化したり、

子供がかわいそうだからと親が我慢をしたり、

子供には本当のことは言わずに隠したり、

逆に子供にパートナーの愚痴や批判を言うなどは

よくあることのように思います。

 

それは子供をみくびっていたり、

子供のためと言いながら、

向き合うことから逃げていたり、

子供に甘えすぎだったりするからかもしれません。

 

 

親も一人の人間ですから、

不完全でも当たり前で、

 

不器用な姿も隠さずに

そのままの自分で生きる姿を見せながら、

 

でも子供を放っておいていいという意味ではなく、

 

あなたは仕事や世間体より大事だということを、

子供に行動と言葉で伝えることで、

 

子供にはちゃんと伝わるのではと思います。

 

外側の形だけを整えても、

それと子供の幸せとはまた別のことなのだろうと

今日お話をしていて思いました。

 

 

今日は色んな話をし、

私も最近仕事をしながら転々と暮らしているというと、

そのおばあちゃんから

「うちの娘と同じね!」と言われ、

親近感を持っていただけたようで、

 

お名前もお聞きしませんでしたが、

こちらに知り合いができたようで

とてもうれしかったです。

 

双子ちゃんたちから、

鬼滅の刃の曲やパプリカを弾いてと

リクエストされましたが、

 

残念ながら私は知らなくて

弾いてあげられなかったので、

いつかまた会う時の楽しみに

練習しておこうと思います♪

 

 

今日行った十勝ヶ丘公園は、

帯広市の隣町、音更町にあり、

十勝川温泉は昔は賑わっていたそうですが、

今は人が減り、

 

今年一年生になった双子ちゃんたちのクラスは

6人だそうです。

 

でも学校が楽しいようで、

豊かな自然の中で元気いっぱいに生きる彼女たちは

本当にキラキラ輝いていて、

 

久しぶりに日本で

輝く瞳の子供を見たなぁと思いました。

 

子供たちに負けないくらい、

私たち大人もキラキラ輝く瞳で、

子供たちが大人っていいな!と思うような毎日を

生きていきたいですね(^ ^)

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記