前向き気づき日記

瞑想歴26年。読むだけで気持ちが軽やかに前向きに。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

見返りを求める心から自由になるには

今日は朝から素晴らしい青空が広がる早春の一日でした。

 

朝の光も、昼間の輝きも、夕暮れ煌めきも、

一瞬一瞬が夢のように美しく、

 

でもそれを留めることができない、

掴むことはできないのだと感じるほど

今生きていることに感動します。

 

そんな感覚をなくさないで、

無頓着にならないでいたいなと思います。

 

それをなくさない限り

人はずっと満ち足りて幸せでいられると思いますから。

 

 

そんな満ち足りた気持ちの反対側にあることの一つに、

 

相手が自分に○○してくれない、

 

もっと相手は自分に○○するべきだ、

という思いがあります。

 

自分はこれだけのことをしたのに、

パートナーがそれに見合うだけのことをしてくれない、

会社はもっとこうあるべきだ、

 

親は、子供は、上司は、国は、

自分が何かをしてあげた人は、

もっと自分に〇〇してしかるべきだ、

なのに自分に何もしてくれない・・・

 

そんな風に感じている時、

心はモヤモヤして満たされず、

人は幸せから遠くなっています。

 

 

そんな考えを持ちたくないと思っているのに、

でもこれだけのことをしてあげたのだから

これくらいは返してくれるものでは、と、

 

つい見返りを求めたくなったり。

 

生きている中でそんなことを思ったことがある人は

多いのではないでしょうか。

 

 

誰だってできればそんなことを思いたくないけれど、

でも自分が差し出した分を考えたり、

普通はこうするだろうと思ってモヤモヤする・・・

 

そんな時、そう思う自分が苦しく、

幸せな状態から離れていますが、

 

そう分かっていても、

自分はなんて小さい人間だろうと思って、

見返りを求めないでいようとしても、

 

でも心の底では納得できない想いが

消えないものですね。

 

 

そんな時、色んな考え方や

対処の仕方があると思いますが、

 

一つには、

自分が差し出す時は

充分に満たされていて、

心の泉が溢れている状態であることが大事です。

 

自分が満たされていないのに、

泉が枯れているのに人に差し出すと、

見返りを強く求めたくなるものです。

 

自分で満たせない足りない分を

差し出した人に補ってもらいたくなるからです。

 

でも元々自分の泉がどんどん溢れているなら、

人に補ってもらわなくても大丈夫で、

 

溢れた分を「どうぞもらってね」と

差し出せるのです。

 

 

ですから自分が充分に満ちていないなら

まずは人に差し出すより、

自分を満たすことを大事にするといいですね。

 

それは服やスイーツなどを買って

自分に与えるというようなことではなく、

 

日々の生活の中で、

どれだけ自分が与えられているかに気づくことです。

 

私たちはみんな毎日無自覚で

多くのものを受け取っています。

 

そのことに気づくように意識するだけで、

自分の心の泉は少しずつ満たされていくでしょう。

 

f:id:yuko-k-ami:20210314234928j:plain

(北海道 富良野にて。)

 

 

また別の見方では、

 

これは日常的に世の中や人、社会に不満が多い方が、

その見方を変えたい時に効果的なことですが、

 

そんな満たされていない状態の自分、

見返りを求める状態のモヤモヤした気持ちでいることは

苦しいです。

 

見返りが欲しい時=苦しい、という式があるなら、

X=満ち足りて幸せ、という式が浮かび、

 

このXには

「見返りが欲しい」の反対を入れるといいわけですね。

 

この時、

「見返りはいらない」ではなく、視点を反対にします。

 

受け取る側だった視点を、

「自分は何ができるだろう」

「自分が無理なく与えられることは?」と

 

もらう側の視点から

与える側の視点に変えて考えてみるといいですね。

 

 

もちろん先ほど書きましたように、

自分を満たすことが先ですし、

自己犠牲で無理をして

自分を削って与える必要はありません。

 

自分の内側を満たし、

溢れた分で、自分が無理なくできることで、

自分にできることは何だろう?と視点を変えることで

世界は違って見えてきます。

 

 

例えば、きれいな空気を吸いたいのに、

排気ガスや人混みで空気が汚れていると取るか、

 

きれいな空気を絶えず与えてくれる植物に

私は何ができるだろうか?と考えるか。

 

人間関係や仕事、世界の色んなことを、

 

自分がいいものを受け取りたい

という視点で見るか、

 

自分は何を与えられるか?
という視点で見るかで、

 

自分のハートの開き具合も変わりますし、

幸せ度も変わります。

 

 

無理なくできることで何ができるか?という、

与える側の視点で生きる時、

 

人は人や社会、宇宙から祝福され

喜ばれる存在となり、

満ち足りた幸せな自分で生きることができます。

 

 

そのためにもまずは自分を満たすことですね。

 

それにはすでに与えられていることに気づき、

それを素直に喜ぶことです。

 

わ~今日も朝からおいしくきれいなお水が

蛇口を押せば出るなんて、
私は恵まれた国で恵まれた暮らしをしているなぁ!

ラッキーな時代にいるなぁ!

という感じで、

与えられていることに気づき、喜ぶと、

 

感謝しようとしなくても

自然に感謝がついてきます。

 

すると自然と心のタンクが満たされて溢れてきます。

 

 

溢れると自然と人に与えることができるようになり、

誰かが喜んで受け取ってくれたことで

また心のタンクが満たされ、

 

幸せが循環し、どんどん大きくなっていきます。

 

 

そんな流れに乗っていけるように、

まずは日常の中で与えられていることに気づき、

それを素直に喜んで生きましょう。

 

そして少しずつ、

もっと受け取りたい、

もっと与えられるべきという視点から、

 

自分にできることで何ができるか?という

与える側の視点で

いつも生きるようになっていけるといいですね。

 

まずは今日(明日)の一日を

そんな視点で生きてみることから

始めてみましょう。

 

1週間続けると世界は変わって見えますよ♪

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 *ただいまセッションはオンラインのみ受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記