前向き気づき日記

瞑想歴26年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴25年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思いではじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

人生から「失敗」という状況をなくすには

今日も朝からあたたかな日差しがたっぷりの

春を感じる一日でした。

 

この数日滞在していた母を京都駅まで送り、

無事に実家に帰ったようで、

明日からまたマイペースの日常が戻ってきます。

 

誕生日のお祝いメールの返信を

お待たせしてしまいましたが、

明日以降順にお返事させていただきますね。

快く気長にお待ちいただきありがとうございます(*^^*)

 

 

さて、母と話していた時に親戚の話になり、

「○○ちゃんが受験に失敗したけれど無事に第二志望受かった」

という話を聞きました。

 

久しぶりに聞いた「失敗」という言葉に、

あれ?受験に失敗なんてあったかしら?と

素で不思議に思いましたが、

 

合格しなかったことを

世間ではそんな風に言ったりするのだったっけ、と、

今の自分の感覚との違いに驚きつつ、

 

昔はきっと私もそれを

違和感なく聞いていたのだろうと思うと、

なんだか新鮮に感じました。

 

 

きっと言った母は特に深く考えていなかったでしょうし、

深い意味もなく、

ただ最終的にうまくいってよかったと

言いたかったのだと思いますが、

 

こうして「失敗」という言葉を聞くと、

人の人生に起こる一つの出来事を

他人が色んな風に見て

悪気なく勝手に型にはめたり、

 

自分でそう受け止めたりするのだなぁ、

そんな世界もあったなぁと思い出します。

 

 

昔は私の世界にも

「失敗」という言葉がありました。

 

ピアノの演奏会や試験で

納得のいく演奏ができなかったり、

ミスをしたりした時に「失敗した」と思い、

 

今すぐに死にたいと思うほど

それが苦しかったことを覚えています。

 

努力がすべて無駄になったような空しさを感じ、

情けなくて、恥ずかしくて、

自分には何の価値もないように感じ、

生きているのが辛いと思うほどでした。

 

 

20代で離婚をした時も、

「あの結婚は失敗だったけれどまだ若いから大丈夫」

と励まされたりしました。

 

みんな優しくあたたかく、全く悪気がなく、

一つの結果として「失敗」というのだと思いますが、

 

今考えるとその分け方、判断の仕方が

すごいなと思います。

 

 

受験の不合格も演奏会のミスも離婚も、

すべてただ流れの中の一つの状況を経験しただけですが、

 

それを成功と失敗と分けて捉えることに、

昔は違和感を感じておらず、

自分でもそう判断していたのだと気づきました。

 

f:id:yuko-k-ami:20210312000620j:plain

(イギリス 湖水地方 ニアソーリーにて。

ピーターラビットの作者ポターさんの家の近くです。)

 

 

でも今は「失敗」という言葉を聞いた時に

新鮮に感じるほどピントこなくて、

 

どういう意味で使うのだったっけ?

どういう時に使う言葉だったかしら?

と素で考えるほどで、

 

いつの間にか私の人生に失敗ということが

なくなっていたことに気づきました。

 

 

だから今の私は、恐れずに何かに挑戦したり、

先の見えないことを楽しめたり、

どうなるか読めないことに

飛び込んでいけたりするのだなと思いました。

 

だってどうなっても失敗はありませんから、

怖くないのです。

 

すべては一つの経験なだけですから。

 

 

失敗が存在する世界に生きるのは

怖くて大変ですよね。

 

自分のいる世界に失敗が存在すると、

 

本気で叶えたいことや、望むことに対し、

絶対に失敗したくないと人は思うものですから、

 

いつも挑戦や夢や希望は、

失敗する怖さと隣り合わせです。

 

そりゃあ挑戦するハードルも高いですよね。

 

 

でも自分の人生に失敗ということがなければ、

 

傷ついたり、恥じたり、自分はダメだと落ち込んだり、

情けないと感じたりすることもなく、

 

どんなこともただ経験するだけです。

 

この違いは大きいです。

 

 

いつから自分の人生に

失敗がなくなったのかわかりませんが、

 

今は、望む結果が出るかどうかはわからないけれど、

それでいいから楽しもう♪

と思っている自分がいて、

 

そうして生き、挑戦するうちに、

結果への執着が少しずつ

薄くなってきたのだろうと思います。

 

 

「失敗」という一つの状況はなく、

それはいつも流動的で、

決まった形のないもので、

人による判定、判断のもとで与えられるものです。

 

ということは人や自分を

良い悪いや、達成未達成、完成未完成など、

判定や判断をすることを止めると、

 

自分の世界から失敗がなくなります。

 

 

「勝手に判断判定しないで」と、

人が何をどう思うかを

こちらで指定したり制限することはできませんが、

 

自分が自分自身や人、状況などを

判定判断することを止めることはでき、

 

そうすることで

自然と自分の世界に失敗がなくなります。

 

 

自分が手放したことは、

自分の人生に関わりがなくなりますから、

 

人生に失敗をなくしたいなら、

まず自分が自分を裁かないように

意識していくといいですね。

 

 

日常の中で、

それが頭の中、心の中でちょっと浮かぶことであれ、

意識的になり、

 

 

自分を判断したり判定したいすることを

まずはやめてみましょう。

 

どんなことも可能性の一つで、

その一つを経験するだけです。

 

 

自分に対して、起こる状況に対して、

いつもオープンでいて、

フラットにそれを楽しみ味わっていると

 

いつの間にか自分の人生から

「失敗」がなくなっていることに気づくでしょう。

 

そんな世界はとても生きやすく、怖くなく、

新しい挑戦に軽やかに飛び込んでいけるものです。

 

そうして自由に生きることを

ますます楽しんでいきたいですね♪

 

明日もそんな軽やかに楽しむ一日となりますように。

 

 

オンライン個人セッション・遠隔ヒーリング

詳細・お申込みはこちらのページから。↓

オンライン個人セッション - 前向き気づき日記

遠隔エネルギー・ヒーリング - 前向き気づき日記

 *ただいまセッションはオンラインのみ受付中です。

 

オンライン個人セッションのご感想

オンライン個人セッションのご感想 - 前向き気づき日記