前向き気づき日記

瞑想歴24年。自分らしく生きたい方へ。

北山裕子

北山裕子(id:yuko-k-ami )
瞑想歴24年、東京や大阪を中心に瞑想セミナー、キネシオロジーセミナーを主催。 エネルギーヒーラー。 23才で摂食障害を治すため、 藁にも縋る思い出はじめた瞑想で潜在意識とつながり、 自分の奥底に眠っていた本当の自分(潜在意識)と 会話ができるようになりました。
読むと気持ちが軽やかに、自然と前向きになるようなお話しを綴っています。

プロフィール詳細

\☆読者登録・フォロー☆/

大変な時に波動を上げて生きる

今日も穏やかで静かな一日でした。

 

最近はますます時間の流れが加速しているのに、

不思議とゆったりと感じるのがおもしろいです。

 

自分の外側の時間の流れはどんどん早くなり、

自分の内側の時間の流れは以前よりゆったりと感じます。

 

そんなことは物理的にありえないので頭で理屈が通らず、

でも分からないままにそうなのかもと

以前は思っていましたが、

 

今は固定概念や三次元的な思い込みがゆるくなり、

形や決まり、時間の概念も自由度が広がり、

 

もうひと昔前までのような三次元ではないのだと

頭でも納得し、感覚でも実感します。

 

 

そう言えば、スピリチュアル界や占星術などの分野で、

2012年に大きなシフトチェンジが起こると

言われていましたが、

 

その時はあまり実感がありませんでした。

 

でも今になって振り返りますと、

確かにターニングポイントだったことを感じます。

 

2011年は3.11の大地震があり、

私個人としてはその時は日本にいなかったのですが、

その3週間前にニュージーランドのクライストチャーチで

大地震に遭いました。

 

今思えば、これも

2012年のターニングポイントに間に合わせるために

起こったことではと思います。

 

少なくとも私にとっては、

大変な年ではありましたが、

(2011年は私にとってそれ以外にも

人生に爆弾が落ちたと思うほど衝撃的なことばかりでした。)

 

そのおかげで大きな手放し(人生の強制断捨離)が進み、

たくさん泣いて学んで愛を知り、

 

2012年のより軽やかになった波動の世界に進んでいく準備が

できたように思います。

 

人生で起こる大事件は、

そんな役割りをしてくれているのでしょう。

 

その時は大変ですが、

後になれば感謝しかありません。

 

 

大事件と波動の関係を見ますと、

 

大地震や戦争、流行病など、

大変な出来事が起こる時は、

波動的にもとても大きなターニングポイントとなるようです。

 

それがきっかけで多くの人に気づきや学びが起こり

大きく波動が上がる場合もあれば、

 

怖れや不安、悲しみ、罪悪感などで

グンと下がる場合もあります。

 

そのどちらに進むかはそこに生きる人たちにより決まります。

 

 

例えば、第二次世界大戦後に日本の波動は上がり、

ベトナム戦争でアメリカの波動は下がったようです。

 

(アメリカがダメで日本は素晴らしいと

言っているわけではありません。

これは一つの例で、逆のパターンもあるでしょう。)

 

戦争はどんな理由があってもしないでいたいですが、

そんな苦しい経験も、

魂の成長や波動という面で

プラスに使うこともできるということです。

 

3.11や阪神淡路などの大地震も、

多くの人はその辛さを

プラスに繋げられたのではないかと思います。

 

f:id:yuko-k-ami:20200308213358j:image

(北海道 美瑛にて。)

 

 

そんな大変なことが起こるのは、

その人(たち)ならそれを乗り越えてプラスにできるのではと

可能性を見込まれているように思いますし、

 

大変なことが何も起こらなければ

成長が滞ったり地球の進化に間に合わなかったり、

衰退していく流れになるところを、

 

どうにか成長の方向に向けるために、

願いを込めた大きな賭けとして起こるように思います。

 

 

戦争や大地震、流行病など、大規模の大変なことは、

地球レベルの波動の変革や存続のため、

 

個人的な人生の大変な出来事は、

個人の変革や成長のために起こります。

 

今回のウィルスもそうなのではと思いますから、

手洗いやマスクなど基本的なケアはしながら、

 

あとは不安や怖れの波動にのまれてしまわずに、

 

ウィルスがなかった数ヶ月前より

より高い波動になっていけるよう

意識を向けていきたいですね。

 

 

そうして自分で何に意識を向けるかを選択し、

波動を上げるようにしていくと、

 

その時は大変なことであっても、

あとで必ず感謝する時がきます。

 

人は大変なことがなければなかなか変われないものです。

 

そのきっかけを作っていただいたことに

感謝する未来は、

 

今の自分の選択で創ることができます。

 

自分の未来を創ることができるのは自分だけですから、

ぜひ素敵な未来を今、創造しましょう。

 

 

そのために何をすればいいのかと言いますと、

まずは不安や怖れ、心配にのまれず、

自分にできることをコツコツと続けることです。

 

例えば瞑想をしたり、体に優しい食事にするなど、

日々の生活でできることをするといいですね。

 

やろうと思いながらなかなかできずにいた、

早寝早起きや運動、部屋の片づけなどをしたり、

 

体と心や魂、思考のバランスを取りながら、

それぞれを整えていくことが大切です。

 

 

それから、普段から意識を向けることに自覚的になり、

生きたい世界を常に自分で選択することです。

 

ニュースや雑談などで

どんな話題が多くなっているかを振り返り、

 

それは人生に欲しいものなのか?と考え、

欲しくないものなら最低限の情報だけで充分ですから、

こうありたいと思うことに時間や意識を使いましょう。

 

 

そしてできれば自分の中に持ったままになっている

辛かったことや許せなかったことなどを

今手放していくといいですよ。

 

人はすっかり忘れていて普段思い出すことがないことでも、

潜在意識の中にちゃんと想いが残っています。

 

その中のもういらない想いを

見つけては手放していくほど、

波動は上がり、魂は軽やかになり、

 

人生の流れがスムーズなり、輝いていきます。

 

 

その「忘れているけれど持ち続けているもういらない想い」は、

今の自分の問題がヒントになります。

 

そこを掘り下げていくとその想いが浮き上がり、

浮き上がると手放せます。

 

これは誰でも何百何千何万?とあるものですから、

日々見つけては手放していきたいものです。

 

手放すにはまずあると気づくことで、

これはどれだけ客観的に自分を観察できるかが

ポイントですが、

なかなか難しいものです。

 

そんな自分であるためにも瞑想はとても効果がありますし、

 

また手放す時にも有効な方法です。

 

 

私はよく自分で手放すものを見つけては

瞑想をして手放します。

 

今日も二つ三つ見つけ手放しました。

手放したあとは軽やかでいい感じです。

 

また手放しのお話はあらためて。

 

 

そんなセルフケアをしながら波動を上げ、

より軽やかな次元に生きていきたいですね。

 

今の状況や環境を充分に生かし、

ますます輝く毎日となりますように。